1. 2017y01m17d_094929842

    日本では、糖尿病や高血圧など 生活習慣病の増加により、 それにともなって腎臓にトラブルを 抱えている人が増えています。 腎臓は、毛細血管の塊なのですが、 血管にダメージを与える…

  2. 2015y11m22d_144005203

    健康番組では、もはや定番と言われるくらい 内臓脂肪を減らすことの必要性が叫ばれています。 改めて、内臓脂肪は内臓そのもにつく脂肪ではなく 内臓と内蔵の隙間や腹筋の内側についた脂肪のこと。 動脈硬化を促進さ…

  3. 2017y01m16d_093330505

    冬場の冷え対策として、 まずは、服装に注意することは 冷えを改善する上で、 はじめの大切な第一歩になります。 衣服は普段から、 ズボンやロングスカートにして、 靴下は5本指靴下…

  4. 2014y08m04d_090459288

    ホモシステインの血中濃度が上昇してくると 酸素や水と反応し活性酸素が発生します。 その過程で、さらに多くのフリーラジカルが生じ、 これが血管の内皮細胞を傷つけ、血管拡張物質の働きを抑えるので、 血管の柔軟性を…

  5. 2014y07m12d_150537630

    ビタミンKは脂溶性のビタミン。血液凝固や骨の形成には 欠かせないビタミンです。天然型のビタミンKには、緑色野菜や 海藻類に多いK1と細菌が作り出すK2があります。 K2は腸内細菌によって体の中でも合成できますが…

  6. 2017y01m15d_100241381

    唾液量が減ってくると 思わぬ病気や体に様々なトラブルを 発生させることにつながります。 深刻な状態になる前に ”唾液量が少なくなる”という 体の危険信号に気づくことが 大切です。 (さらに&h…

  7. 2016y05m25d_131958022

    膵臓は、食べ物の消化や血糖に関係する大切な臓器です。 その主な働きは食事で摂った食べ物を 分解していく消化液をつくること、 そして、血中のブドウ糖を細胞内に取り込む上で必要な インスリンを生成することです…

  8. 2017y01m14d_083452706

    血圧が基準値より高いと病院では 降圧剤が処方されますね。 数年前までは、高血圧の基準値は、 測定値プラス年齢だったのが 160になり、現在は140になっています。 (さらに…)…

  9. 2016y05m24d_143241882

    低血圧は一般に最高血圧で100ミリ以下、 最低血圧で60ミリ以下とされていますが、 高血圧ほどその基準値は重要視されていません。 また、低血圧がどうかの判断が難しく その多くは生命に直接関わりがないということ…

  10. 2017y01m13d_140208605

    冬場は、布団に入っても 足が冷たくて、なかなか眠れない。 イライラ感が募って、 気が付いたら夜中になってしまった という体験があるかと思います。 眠ろう、眠ろうと 思えば思う程、今度は 目がさえてき…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp