1. 「血めぐりをよくしましょう!」は、健康セミナーや勉強会に参加すると 必ずでてくる言葉です。血流が悪くなると必要な栄養や酸素が、細胞に届きにくくなり その結果、代謝が悪くなることで、細胞の元気がなくなってきます。 …

  2. 過度なストレスに環境破壊、それに食品の汚染など 体の内側と外側から、気づかないうちに、 人間の体は酸化の方へと向かっています。 酸化は言い方を変えると老化ということになりますので、 細胞の酸化をいかに防ぐこと…

  3. 肝臓は、沈黙の臓器と言われていますが、 現代人には、様々な要因で、気づかないうちに、肝臓の働きが悪くなったり、 疲れが溜まっている人が多くなっているようです。 肝腎要と言われるくらい、チョッとしたつまづきが、…

  4. 免疫力を鍛えるには、単に免疫系だけでなく、 神経系やホルモン系の働きにも目を向ける必要があります。 この三つは、密接に関係していて 外部からの刺激や身体の内部のトラブルなどから バランスを崩さないように守って…

  5. 日本人の2人に1人ががんになると言われています。 多細胞生物の多くはがんになることが 知られていますが、それは、細胞が分裂し増殖していく という仕組みが深く関係しています。 (さらに…)…

  6. 人間は1分間に約18回呼吸をしています。 1日単位では約2万6000回している計算になりますね。 呼吸によって、かなりの量の酸素を 取り入れていることがわかります。 ところが、普段、繰り返している胸式呼吸…

  7. インナーマッスルという言葉をよく聞くようになりました。 インナーという名前が示すように身体の奥にある筋肉で 主に関節を安定させる働きがあります。 基礎代謝をあげ、身体の機能の衰えや老化予防のためにも 日頃から…

  8. 生き物の中で、笑うのは人間だけと言われてきましたが、 最近では、サルでも仲間との関係づくりをする為に 笑いによく似た動作をすることがわかってきたと言われています。 ただし、声を出して笑うには、音声を発生する …

  9. 身体の健康を維持できるのは、 免疫力が縁の下で、働いているからとも言えます。 その免疫力を働かせる原動力になっているのが 免疫ホルモンと呼ばれるサイトカインです。 免疫細胞同士は、このサイトカインを介して…

  10. 日本人には、当たり前の和食ですが、 その評価は、当の日本人よりも外国人の方が わかっているようですね。 日本に、欧米化した食事が浸透するようになってから 糖尿病、高血圧などの生活習慣病が 急激に増えてきまし…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp