1. 2016y01m02d_084746401

    糖尿病を未然に防ぐには 食事の内容、量、それに食べ方など、 食に関する習慣が密接に関係しています。 特に食後に上昇する血糖値については、 できるだけ、緩やかにして、 すい臓への負担を軽くする必要があります。…

  2. 2015y03m03d_143428464

    高くなった血糖値をコントロールするには、 食事からとるエネルギー量(主に炭水化物)を守ること、 栄養素のバランスに注意することが必要です。 その他にも、血糖値を上手に コントロールする工夫はいろいろと考えられ…

  3. 2016y01m18d_110313382

    家のなかでペット飼う人が増えてきたことで 動物によるアレルギーを起こす人が増えてきているようです。 ペットが人間にアレルギーを起こす原因物質には、 体毛、吹けや垢、唾液、尿などがあげられます。 (さらに…

  4. 2015y08m18d_184853124

    脳は150億個程の神経細胞がネットワークを 形成していて、その情報処理スピードは 1500万桁を超えるといわれています。 そしてこの脳神経細胞のネットワークが 思考や感情、意思や行動等、人間が行うあらゆる事を…

  5. 2016y01m17d_084140798

    適度な水分補給は、免疫力を高める為に必要です。 人間の身体の60%~65%は 水分でできており、体の中の様々な反応は この水のなかで行われます。 免疫系の働きももちろんです。 (さらに&helli…

  6. 2016y01m16d_064040069

    不惑の年(40歳)を超える年齢になってくると 同じ年齢であっても見た目の若さは大分違うものです。 見た目の若さも大事ですが、 身体の内側からの若さや機能の活性化も大切です。 (さらに…)…

  7. 2015y02m24d_151221634

    美容と健康に良いとされる納豆ですが、 骨粗鬆症を予防する食べ物としても期待されています。 納豆の中に含まれる納豆菌が分泌するビタミンK2と 骨粗鬆症との関係が注目され、様々なテストが行われています。 (…

  8. 2015y08m02d_113544456

    低体温の人は、体の熱を奪ってしまうような 冷たい飲み物や食べ物は、口にしないようにしましょう。 体温よりも低い飲食物を摂ってしまうと 腸内の温度を下げてしまい、腸内環境を悪化させ 栄養素の吸収を悪くさせたり、…

  9. 2015y07m21d_084745776

    つやつやした黒髪は、日本人女性の魅力として、 昔から言われていました、 現代女性は、病気やストレス、ホルモンバランスの乱れなど 体に起こる様々な変化から髪の健康を損ない、 つやのある黒髪を失っている人も多いよ…

  10. 2016y01m14d_102537660

    免疫力の低下を防ぐ方法として オススメなのが、1日2回程、目、鼻を口を よく洗浄することです。 カビやホコリなどが身体の中に入ってくる 経路として、もっとも機会が多いのは 目や鼻、口になります。 (…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp