1. 食べると腸の調子が悪くなるタンパク質として、 最近知られるようになったのがグルテンの存在です。 グルテンは、パンやパスタ、クッキーなどの 小麦製品に多く含まれていることもあり、 日本人のグルテン摂取量は、右肩…

  2. 子供の歯並びや歯の矯正は 口呼吸を防いだり、食事を摂る時の 姿勢に気をつけたりすることで シッカリ対処することができます。 (さらに…)…

  3. 足の疲れは、筋肉が緊張しすぎて硬くなり、 血流が悪くなり、必要な栄養や酸素が届きにくくなることで、 起こります、つまり、足がうっ血状態になっているわけです。 血液が足の指先まで届くためには、 ポンプの役割をし…

  4. 睡眠は長さより質が重要と言われています。 日中の活動で、体内の壊れた箇所を修理し、 新たな細胞に置き換える、新陳代謝を促すスイッチになるのが 成長ホルモンです。 その為にも良質な睡眠が必要です。 …

  5. 体内でエネルギーを産み出し、 筋肉や骨、ホルモンなどの素材と なっているのが食べ物です。 その為、日々何を食べるかが 健康づくりにとってとても大切な ものなのですが 栄養素とか体の仕組みを ある程度…

  6. 現代型食生活では、血糖値を上昇させる食べ物や 食べ方が体に余分な負担を与え、悪影響を与えています。 食事を摂ると血糖値が上昇します。その時、細胞内にブドウ糖を 取り込む為に必要なホルモン、インスリンが、膵臓から…

  7. ストレスなどで体が緊張しているときは 筋肉の血流が悪くなって、眠りにくくなるばかりでなく 睡眠の質も下げてしまいます。 当然、細胞の代謝も悪くなることから 様々な体の不調にもつながってしまうわけですね。 …

  8. 昼食を取ったあとは、何となく眠気に襲われてしまいまいます。 これは消化にエネルギーを取られることと 関係していると言われていました。 しかし、生理学的観点から見た睡眠研究によると、 人の身体の仕組みから、午後…

  9. 今回は、現代人に増えている 腸のトラブルへの対処法・・・ 特にストレスが影響している 初期の過敏性腸症候群。 特に下痢型について ハーブを使ったやり方を紹介したいと 思います。 (さらに&hell…

  10. 日本では60歳以上の高齢者に 多いとされていた”逆流性食道炎” 今や若い人たちにも増えているとか・・ 欧米化した食事に偏っていると 肉や脂を摂る量が自然と増えてきますが それにつれて胃酸の分泌も …

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp