アルツハイマーの予防や改善に・ココナッツオイルの中鎖脂肪酸~ケトン体の活用を

この記事は2分で読めます

 

最近、テレビの情報・健康番組などで、
特集が組まれるほど、美容や健康に良いということで、
人気を集めているのがココナッツオイルです。

お肌がキレイになる、優れたダイエット効果などで
女性を中心に、食生活へ取り入れている人が増えています。

いろいろな効果が謳われていますが、
その中でも、認知症、特に、アルツハイマー型認知症の
予防や改善に、

スポンサーリンク

ココナッツオイルの成分が、どのように
働いているのかが気になるところです。

 

アルツハイマーの有効な治療薬については
欧米諸国では、臨床実験で、いい結果がでているものも
あるようですが、

できれば、薬を使わないで、副作用のない
食べ物で、対処していきたいものです。

 

そんななかで、期待される食品が、ココナッツオイルです

 

アルツハイマーにココナッツオイルが効果的ということが
話題を集めるキッカケになったのが、

アメリカで2011年に発売された
メアリー・T・ニューポートさんという女性医師が
書いた一冊の本。

「アルツハイマー病が劇的に改善した!」です。

 

2015y05m13d_092440307

 

認知症の夫の治療方法を探す中で、
ココナッツなどに含まれる中鎖脂肪酸の臨床試験を発見し、

ココナッツオイルを夫の食事に加えると
症状が劇的に改善してきたというものです。

 

若年性アルツハイマー病を発症した夫に食べさせたところ、4時間後の認知機能検査で改善が見られた。やがて会話能力が向上するなど、夫の認知障害の進行を食い止めることができたという。出典:産経新聞

 

短時間で、症状の改善が見られたのが凄いですね。

スポンサードリンク

 

アルツハイマー病は、脳の中にアミロイドβタンパクが
蓄積されて神経細胞が変性し、

エネルギー源(ブドウ糖)をうまく使えなくなることが原因で、
認知障害が起こる病気、

 

ケトン体がブドウ糖の代わりに脳の栄養源になってくれる
物質だということが分かってきています。

ココナッツオイルには、ケトン体をつくる中鎖脂肪酸が
60パーセントも含まれていて、肝臓で分解されたものが
脳を動かすエネルギー源として働きます。

 

 

現代栄養学では、ケトン体は、悪役とされていました。

 

糖尿病が進行すると血液中のケトン体が増えて
ケトアシドーシスという病的状態になるので、
よくないと思い込まれていました。

しかし、糖質を制限した状態でもケトン体は
血中で6~7ミリモルまで正常範囲内で上がることがわかりました。

 

悪役では、なかったというわけです。

太古の、飢餓の時代では、人間の身体を守るため
エネルギー源として使っていたのが、ケトン体です。

 

 

糖尿病を防ぐ味方にもなるという。
ケトン体はブドウ糖の代わりになるため、
糖質を減らしてケトン体を利用するのが良い。

最近では、加齢だけでなく、糖質の過剰摂取、
高血糖や糖尿病、認知症の関係もわかってきています。

 

 

ココナッツオイルは、熱に強く、無味で甘い香りがします。

 

1日大さじ2杯までをコーヒーや紅茶に入れるといいという。

オイルだけとるとおなかが緩くなる場合があるので、
ミキサーで攪拌するといい。

料理に使うならカレースープに混ぜてもOK。
パンに塗るのはNG。炭水化物と一緒にとると
先にブドウ糖が使われて効果が期待できません。

人によっては、ケトン体の合成とは異なる。
持病があれば摂取前に医師に相談してからにしましょう。
アメリカの一部では、アルツハイマー病を
第三の糖尿病ということで、捉えている一派もあるようですが
あながち、的外れではないような感じがします。

スポンサードリンク
  • 2016 11.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp