コレステロール値の嘘?大櫛陽一先生のお話・下げすぎると糖尿病のリスク高に

この記事は3分で読めます

2015y05m20d_102703601

 

健康診断などで、コレステロール値が高い、
または、中性脂肪値が高いなどと、指摘を受け、
そのまま、薬を飲む人も多いかと思います。

しかし、血中脂質の基準値については、
日本の常識と世界の常識には、かなりのギャップがあるようです。

スポンサーリンク

良かれと思って、コレステロール値を下げる為に、
薬を飲んでも、逆に副作用から、余計な病気を
引き起こしてしまう事も十分、考えられます。

 

それでは、コレステロール値は、そんなに気にしなくていいのか?

今日の、生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
東海大学教授、大櫛陽一先生が出演。

「コレステロール値の嘘」ということで、お話されていまいた。

 

 

大櫛陽一先生のお話

 

日本動脈学会が、コレステロールの高い食べ物を
いくらとっても、血中コレステロールには
影響はないと発表してますが?

 

動脈硬化学会は、コレステロールとか
中性脂肪の基準を決めていたんですね。

それらが高いと動脈硬化を起こしやすくなり
いずれ、心筋梗塞や脳卒中になると言ってきたんですが

 

それらは、全部おかしいと、5年以上前から
随分、指摘はしていました。

もう、アメリカの方では、2000年くらいから、
(卵、これ一番コレステロールが多いんですけど)

 

いくら食べてものコレステロールは、上がりませんよとか
お肉についても、同様の発表をしています。

 

アメリカでは、政府がそれらの基準を決めるんですけど

2004年以降は、食べる方も、減らす方も
血液中の基準を決めることをやめる、

コレステロールの摂取制限をやめる、下げても意味がない
ということになりました。

 

 

女性の場合は、コレステロールを減らす薬を飲むと
糖尿病リスクが増えるということがアメリカの研究機関で発
表されたんですね?

 

それは、女性だけでなく男性も含めて、
コレステロールを下げる薬を使いますと、

糖尿病になるリスクが1.7倍に高まるとデータも出ています。

 

 

善玉、悪玉のコレステロールの割合はどうなんですか?

 

それも、病気とは、あまり関係なくって、
運動してないと、新陳代謝が落ちてくると
そこのバランスが悪くなるというだけなんですね。

生活習慣、運動とかの、目安に使っていいとは思うんですけど

 

それと、アメリカ内科医学会では、
コレステロール、そのものを測ることをやめたほうがいいと

必要がない、むしろ測る方が、害が多いと
言われるようになっています。

 

 

中性脂肪はどうなんですか?

スポンサードリンク

 

中性脂肪というのは、病気とはほとんど関係なくって
1000迄という基準になっています。

30分おきごとに中性脂肪をはかると
上がったり、下がったりと、その数値が
変わっているのがわかります。

 

つまり、エネルギー源なんですね。

中性脂肪で、エネルギーをためたり、
使ったりとしています。

脂肪細胞に戻ったりと、血液中の数値はコロコロ変わります。

そんなものは、病気とは全く関係はありません。

 

 

血糖値はどうですか?

 

血糖値は、糖尿病の方が増えているのでヘモグロビンA1cをはかりますけど

ここ3ヶ月ぐらいの血糖値の平均になるんです

やはり、それはかなりチェックした方がいいですね。

 

6.5を超えてくるようになると注意した方がいいですね。

でも、これも薬でやると、効果よりも危険性が高いと

血糖値を上げる原因は、唯一、炭水化物だけなんですね。

 

いわゆる、糖質と言われるもの、食べるものを減らす、

 

 

ゼロにはしなくていいんですよね?

 

糖尿病になっていない人は、

アメリカのナショナル科学アカデミーというところは
一日、130グラム、日本は、250グラム食べています。

半分ぐらいにすればいい

 

 

糖尿病予備軍の人と糖尿病の人とでは食事が違ってくるわけですよね?

 

糖尿病が進んでいる人ほども、糖質を食べる量を
減らしていかなくてはいけない。

早め、早めに糖質の量を減らしておけば、
そんなに減らさなくても大丈夫。

 

進んでいると、今食べている量の10分の1にしなくてはいけない

そういう数値よりも適度な運動をシッカリやって
肥満は、気をつけたほうがいいですね。

 

肥満といっても、日本の基準と世界の基準は違いすぎる
日本は、BMIは25を超えると肥満と言われる

国際的には、BMI30を超えるまで肥満でないと

 

ある程度の年齢になると小太りぐらい一番いい。

小太りというのは、日本の基準を超えるけど
世界の基準を超えないくらいが一番いいと。

 

 

 

大櫛陽一先生の本は、一度読んでおきましょう。

2015y05m20d_100905679

第1章:コレステロール値が高い人は長生きする!
「コレステロール=悪」は大間違いだった
第2章:中性脂肪と肥満の常識は間違いだらけ
脂肪の多い食事を摂っても太らない

第3章:気をつけるべきは炭水化物だった!
人間は炭水化物なしでも生きていける

第4章:自分の体は自分で守る! 身近な新・健康常識16
脂肪・たんぱく質・炭水化物との新しいつき合い方
第5章:「メタボ健診」は信じちゃいけない!
健康な人が「病人」にされないためのポイント

スポンサードリンク
  • 2015 05.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y08m15d_083515666
  2. 2016y07m20d_205628745
  3. 2015y09m06d_155051300
  4. 2015y08m23d_195033000
  5. 2015y11m07d_091955895
  6. 2015y09m02d_103904053

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp