白湯を飲むことの効果とは?冷えやダイエットには、朝の水分補給を白湯に変えよう

この記事は3分で読めます

2015y05m21d_105731540

 

手軽にできる健康法として、白湯を飲む事による
健康効果が知れるようになり、今、実践する人が増えています。

水飲み健康法があるくらい、昔から、良い水を飲むことで、
体内環境を改善することの必要性などが
いろいろなところで言われていました。

スポンサーリンク

しかし、”熱、温度”というエネルギーの重要性は
最近になって、言われるようになっています。

水分補給は、体温よりも上のものを飲むほうが良さそうですね。

 

白湯を飲むことは、いろいろな効果が期待されます。

 

体温の上昇で、基礎代謝をアップ

 

体温よりも高い白湯を飲むことは、身体を冷やしません。

身体に入った白湯の温度は、運動して生じたエネルギーと
同じようにダイレクトに脂肪を燃焼させます。

 

白湯を飲むと身体のなかから温かくなる感じがしますが
それは、実際に体温が上昇していることを意味します。

体温が一度上昇すると、基礎代謝は20%前後上昇しますが
これは、熱を生み出す能力が上がるということです。

 

 

反対に、冷えは、臓器の働きを悪くします。

腸は、40度程度の温度がないと働きが鈍ります。

腸は免疫の最前線になりますが、白血球が働くには、
熱というエネルギーが必要になります。

 

また、内蔵は熱産生工場の一つですから
働きが悪くなるということは熱産生が下がるという事になります。

なので、白湯を飲む習慣を、はじめましょう。

 

 

飲む時間は、朝がベスト

一日に1~1.5リットルの水分摂取が必要ですが、
そのうち、まずは朝の一杯だけは白湯にしてみてください。

これだけで、相当高い確率で、冷えが改善方向に向かいます。

 

朝に白湯を飲むと良い理由

夜眠っている時は、汗で、身体のなかから
水分が抜け出た状態にあります。

その為、起床してからの水分補給は、
体温に近い白湯にすることで、内臓の働きもよくなります。

 

理想を言えば、白湯を飲んでから、30分位して
食事をすると、消化吸収の働きがよくなった状態で
食べ物の摂ることになるので、栄養素の吸収率もアップします。

また、朝一に白湯を飲む時は、一気に飲まず、
少しずつ飲むこと、体が徐々に温まることをイメージしながら
飲むようにすることをオススメします。

スポンサードリンク

 

 

 

ダイエット効果!

白湯飲みは、脳の満腹中枢の反応をスピードを早めてくれます。

脳に満腹指令が届くには食事をしてから20分は必要で、
食べ過ぎはその時間差でついついしてしまうものなのですが、
白湯を飲むとこの時間差が縮みます。

 

口の中の粘膜のセンサーが白湯の温度は感知すると
腸への血流を増やすため、満腹指令を脳へ届けてくれるからです。

自律神経の反応をよくしてくれます。

 

温かいものを食べたり飲んだりした時は、
精神的にもリラックスした感じを受けるものです。

実は、これは自律神経が温度の影響を受け為です。

 

副交感神経が優位になり、リラックスが入り、
このとき、リラックスが満腹と身体が錯覚を起こします。

冷たいもの摂ったときよりも早く、
満腹というサインが脳に届きます。

 

そのため、白湯を飲んでから食事をすると、
少ない量で満足できるというわけです。

また、白湯は吸収が早いので、胃腸の負担も少なくて済みます。

 

早食いすると満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまう
現象が起きますが、

これも白湯のリラックス効果で軽減することができます。

 

なので、毎食ごとに、最初に白湯を飲むようにすると
暴飲暴食が避けられ、ダイエットにも役立ちます。

 

 

血液サラサラ効果

血液は体温があがればサラサラになります。

白湯は飲むと体温が上がりますから、サラサラ血液になり、
血栓を予防できます。

 

 

アンチエイジング効果も

体温が低いと交感神経が緊張し、白血球の中の顆粒球が体内に増えるのです。

2~3日経過すると顆粒球が壊れますが、
そのときに活性酸素を出して老化を進行させてしまうのです。

ところが白湯で体温を上げればそのリスクが減るのです。

 

 

お肌の状態を改善

美肌は皮膚の血流がよくないと決して実現しません。

皮膚の血流は、通常1分間で、約300~500ml。
白湯を拡張すれば3000mlまで血流が広がります。

 

その結果、老廃物の排出が促進され、ニキビや吹き出ものも
改善できるということになります。

細胞レベルで酸素が働くので、メラニンなども
すばやく処理されます。

 

シミの回復にも効果的です。毛穴の開閉が活発になるので、
乾燥肌も改善も期待できます。

スポンサードリンク
  • 2015 11.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y02m10d_111748820
  2. 2015y10m12d_114133171
  3. 2015y04m18d_115235179
  4. 2016y02m09d_100907530
  5. 2016y06m03d_142548576
  6. 2015y11m29d_151103319

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp