免疫力を高める為の方法・アミノ酸のアルギニン、グラタミンの摂取を

この記事は2分で読めます

2015y05m22d_092732457

 

免疫力は、身体が本来持っている病から免れる力です。

そして病気にかかった時、身体を良くしてくのはその人自身!

ホメオスタシス・自然治癒力、免疫力が働くことより、
自然と治っていくものです。

病気にかかった人は、まずは、自己の免疫力を高めることが必要です。

スポンサーリンク

そして、免疫力を高めるというのは、
いかに白血球を強くしてくかという事になります。

 

免疫力を高める方法には、いろいろとありますが
アミノ酸という面から、見ていきたいと思います。

血中のアミノ酸濃度が高くなることで、白血球などの
免疫細胞が活性化することがわかっています。

 

 

免疫力を高めるアルギニンとグルタミン

 

20種類あるアミノ酸の中で、免疫力を高める事に
関係しているのが、アルギニン、グルタミン、シスチン、
チアニン、システインです。

その中でも、アルギニンとグルタミンは、
特に、免疫力の活性に関係しています。

 

 

アルギニンは、血管を拡張させて血流をよくする働きとともに、
マクロファージを活性化して免疫力を高めます。

グルタミンは胃腸薬に使わるているように、
胃腸の粘膜を保護する働きとともに、免疫細胞を
増やす働きがあります。

 

グルタミンが十分にあると、マクロファージやリンパ球を
多くつくることができます。

 

免疫力の低下によって、風邪などを引きやすくなったり、
下痢をしやすいというのは、

ちょっとした病原菌に対して、白血球が弱くなっていて、
防衛能力が発揮できない状態です。

スポンサードリンク

 

特に、免疫力低下によってつけいる隙を与えてしまうのががんです。

 

身体の中では、毎日1兆個の細胞が新しく生まれ変わっています。

 

それだけ多くの細胞のなかには間違ってつくられるものも
少なくありませんが、

そうして、ミスコピ-された細胞は、その多くが、
リンパ球のT細胞のうちのキラーT細胞によって撃退されます。

 

 

しかし、免疫力が低下していると、
これが生き延びて大きくなる可能性があるのです。

 

その為、免疫力を高める為に、アミノ酸濃度を
高めておく必要があるわけです。

ここでも、アルギニンが活躍します。

 

 

アルギニンは、がん細胞を撃退する、ナイトヘクトオクサイド
という物質をつくります。

この物質には、がん細胞を破壊する働きがあるわけです。

 

 

 

良質なアミノ酸は、日頃の食事から

 

多くのアミノ酸が、集まってできているのがタンパク質です。

イザという時、血中のアミノ酸濃度が高める為には
良質なたんぱく質を、日頃から、食事で補う必要があります。

 

動物性タンパク質は、組成が複雑で、消化するのに
かなりのエネルギーを使うため、できれば植物性の
たんぱく質を主に摂るようにしましょう。

 

豆と穀物の組み合わせであれば、プロテインスコアも
理想的なバランスとなり、必要な量を補うことができます。

伝統的な和食、味噌汁に納豆、お豆腐などの
大豆発酵食品に、2分づき、3分づきのお米が理想。

スポンサードリンク
  • 2015 10.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y06m18d_182750329
  2. 2016y07m22d_195548666
  3. 2015y05m19d_154540812
  4. 2015y03m20d_152445912
  5. 2014y07m26d_142948085

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp