リバウンド無し、無理のないダイエットは、下半身の筋肉量を増やす事!

この記事は2分で読めます

2015y05m23d_091742737

 

肥満は、生活習慣病をつくる温床となります。

肥満がきっかけで、糖尿病、高血圧など、
いわゆる、メタボから、細胞の新陳代謝の流れが悪くなり
心臓など、大切な臓器に負担をかけるようになります。

体重が増えることで、身体を支える関節への
長年の負担が関節炎を引き起こし、慢性化させる事にも。

スポンサーリンク

ダイエットに関心を持つ人は、男女、年齢を問わず
増えていますが、過度にやせるのは危険です。

 

特に、成長期の人にとっては、特に食事を摂らないで
やせようとすると栄養素が不足し、

骨がしっかりつくられなかったり、
新陳代謝や細胞分裂、血液の運搬能力も低下します。

 

そうした生活を長く続けていれば、
加齢にともなって身体の不調が、さまざまな部分に出てきます。
生活習慣病を招き入れる元になってしまいます。

 

 

無理のないダイエットの鍵は、筋肉です

 

スリムな体型を維持していく為には、筋肉の維持が
必要な条件になります。

また、年齢には関係なく、筋肉はちょっとした運動でつきます。

 

筋肉がついてくれば、ゆるやかに確実にスリムになれます。
リバウンドの心配がないダイエットです。

一旦、スリムなイメージが出来上がれば、
精神的にも、肉体的にもその状態を維持しようとします。

 

最終的には、運動にしろ、食事にしろ
自分にとって、理想的なスタイルを維持するために
思考と行動の習慣が変わってくるわけです。

スポンサードリンク

 

 

筋力をアップして、基礎代謝を上げましょう!

 

身体にかかる負担を軽くし、ダイエットする為には
基礎代謝量をあげることが大切になります。

基礎代謝では、必要なエネルギーの多くは、
脂肪を燃焼して、生み出されています。

 

そして、これを担っているのが筋肉です。

 

 

行き過ぎた食事制限や偏食は、体脂肪を減らしますが、
筋肉も確実に減らします。

筋肉が減ると、基礎代謝が低くなり、脂肪も燃えにくくなります。

 

栄養不足では、タンパク質からアミノ酸が
つくられる量も減ってくるので、

身体をつくっているさまざまな箇所や機能も
弱くなってくるのは当然のことです。

 

筋トレを行って、筋肉量を増やしていくと
脂肪は燃焼されやすくなります。

 

 

筋肉が1キロ増える事で、基礎代謝量は、50キロカロリー
アップすると言われ、体重は、年間で1キロ~2キロ、減少します。

そして、筋肉量を増やして、太りにくい体質にしておけば
当然、リバウンドも起こりにくくなります。

 

 

食事制限をする前に、基礎代謝を上げるために
筋肉量を増やすことを考えましょう。

 

 

筋肉の70%は、脚に集中しています。
その為、下半身を動かす、スクワットやストレッチなどを
行うようにすれば、筋肉量の増加が期待できます。

まずは、下半身の筋肉を鍛えることで
無理のないダイエットを行う、素地をつくっていきましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 05.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y03m13d_122305170
  2. 2016y03m08d_092412326
  3. 2015y12m13d_105619983
  4. 2014y07m21d_100025146

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp