姿勢が悪いと自然と病気になりやすい身体に!意識と体の両方から姿勢を正しましょう

この記事は2分で読めます

2015y06m03d_091508671

 

パソコンなどを使って仕事をしていると
どうしても、長時間、同じ姿勢になりがちです。

自然と運動不足になり、筋肉の低下から
代謝が悪くなり、体重も増えがちになってしまいます。

また、姿勢が悪いと、からだのあちこちに不調が生じて、
寿命をちぢめることになります。

スポンサーリンク

悪い姿勢で何年も過ごしていると?

 

人の体は、いろいろな組織や器官が
精密に組み合わさって、出来ていいるので、

それらを正常に働かせて、機能をさせるには、
脊椎がきちんと配列されていなくてはいけません。

 

少しでもずれてしまうと、筋肉や腱や靭帯に
異常な緊張を招いてしまい、骨や関節を痛め、

結果的に内蔵にまで悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

姿勢が悪いと、腰痛や関節炎をはじめ、
腰や背骨にさまざまな障害をもたらします。

姿勢の悪さは、人の寿命にも大きく影響を与えます。

 

腰痛が原因で、仕事ができなくなり、
生活苦から他の病気を引き起こしてしまうこともあります。

猫背の人が年をとると、主に心臓血管疾患で
死亡するリスクが高まることがわかっています。

 

姿勢が悪くても、特に不快な症状が出ていない場合は
そのまま、見過ごしてしまいがちです。

できれば、若くて元気なうちに、
姿勢を正そうとする意識を持つことが大切なんですよね。

 

 

 

正しい姿勢に矯正にするには?

 

両足をシッカリ床につけるようにして、
両肩の力を抜いて、何度か深呼吸を行います。

これだけでも、身体に良い影響を与えてくれます。

 

仕事中の姿勢をよくするには、
机や椅子を人間工学的に設計されたものに変えましょう。

 

また、正しい姿勢になっているかどうかって
自分ではなかなか、わからないものです。

スポンサードリンク

 

その時に、意識の方から矯正する?という意味では
バランスチェアなどを利用するのもいいかもしれません。

2015y06m03d_092936474

 

 

 

資格をもっている専門家に聞けば、
骨格や筋肉の歪みを治す運動を指導してくれます。

 

 

特にストレッチは、姿勢を正していくのには
必要なものになります。

入浴後の筋肉が温まっている時などは
伸びやすくなっているので、タイミングとしてベスト。

今、流行りの体幹トレーニングで、
腰周りを鍛えるのもいいですね。

 

 

背骨をまっすぐに保つには、
腹筋と背筋を強くすることが大切になります。

 

 

フィットネスクラブのトレーナーに
自分にマッチしたプログラムをつくってもらって、

鍛えるものいいし、ヨガを習い始めるのもオススメです。

 

 

以前、立腰教育を教えている
先生に講演を聞きに行ったことがあります。

その方は、確か、小学校の校長先生だったとか

 

見た目からも姿勢の悪い子供が多かったそうで

腰骨をまっすぐ伸ばす、姿勢を正すことを
指導していったら、

 

子供たちの心が前向きになり
勉強に取り組む姿勢も変わり、学校の雰囲気を
変わっていったとのお話をされていました。

 

意識して、良い姿勢をつくることで
健康だけでなく、運命も変わっていくかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • 2015 11.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y04m18d_141110523
  2. 2015y06m01d_085035665
  3. 2015y09m11d_084240464
  4. 2016y02m12d_110233102
  5. 2015y07m08d_101624226
  6. 2015y08m26d_092734603

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp