納豆の乳酸菌を増やす効果!活性酸素の除去や癌の予防にも期待!

この記事は3分で読めます

 

納豆は、手頃な価格で、手に入るスーパー健康食品なのですが
毎日食べる人は、あまり多くないようですね。

苦手な人は苦手だし、食べ物の好みは、人それぞれ、それでもその効果には
驚くべきものがあるのは事実です。

スポンサーリンク

できれば、毎日の食卓に、おかずの一品として食べるようにすると
健康づくりだけでなく、女性であれば、美容効果も期待できそうです。

 

乳酸菌を増やして、腸内環境を良くしてくれるパワー

 

納豆菌があると乳酸菌が増えることが知られています。
クロレラや乳酸菌を増やすのにわざわざ納豆菌を入れたりします。
人の腸においても同様です!

乳酸菌自体は、あまり生命力が強くないので、お腹の中で乳酸菌を増やそうとして
いくら乳酸菌製剤を飲んでもなかなか増えません。

 

そこへ納豆を入れると乳酸菌が増えるんです!そうしたデータが多く出ていますし、
乳酸菌と納豆菌が同時に存在すると乳酸菌の増殖率が条件によっては
1桁くらい増えるようです。

まさに、腸の中にいる乳酸菌にとっては応援団の役割をしてくれます

 

納豆と漬け物を一緒に食べたり、キムチに納豆を混ぜたりするのは
乳酸菌を増やすのにいい方法ですね。それに、キムチと納豆はよく合います。
中々美味ですよ!

 

テレビのCMでも放送されていますが、生きたまま腸内に到達し、
腸内細菌のバランスを改善して、有益な亜用を与える菌は
プロバイオティクスと言われています。

そして、腸内の有用菌の餌となって増殖させる働きのあるものは、
プレバイオティクスと言われます。

 

プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方の働きをもっているのが納豆です。
単に整腸作用だけでなく、納豆をとって乳酸菌などの善玉菌をシッカリと育てていけば、
身体に必要なビタミンもつくってくれます。

 

活性酸素を除去し、がんやアレルギーを抑え、免疫力を高められる

 

大豆のイソフラボンには、女性ホルモン様作用と共に抗酸化作用があることは
知られていますが、これも大豆でとるより発行させた大豆、納豆で摂るほうが
吸収率も活性も高まることがわかっています。

米国では、日本の15倍くらい前立腺がんが多いといわれ、日本でも最近、
急増していますが、前立腺がんの予防にも納豆が注目されているんですよ!

スポンサードリンク

 

2014y07m07d_093023992

 

女性ホルモン療法では、過剰になると乳がんになる率が高くなると心配されていますが、
大豆に含まれているイソフラボンは、人間由来の女性ホルモンを抑えてくれる
作用があるといわれていますし

男性の前立腺がんについては、女性ホルモンが効くと言われ、
イソフラボンの女性ホルモン様作用や抗酸化作用ががん予防に
大変注目されています。

 

納豆自体の、抗がん作用については、有効成分の本体や、
人への効果は不明ですが、納豆の抗がん作用は、大豆の持つ抗酸化作用と
納豆菌の抗がん作用とあいまって、原料の大豆よりも強力であることが予想されます。

抗酸化作用については、納豆菌が作り出すカタラーゼも活性酸素に対する
消去酵素の一つですし、納豆菌が作り出す抗酸化物質には、
他にもいろいろあるようです。

 

納豆の抗酸化作用では、最近、アレルギーなどの炎症のもとになる
ヒスタミンを抑制する抗炎症作用とか、アレルギー抑制作用などの研究も盛んです。

かなり強烈な抗ヒスタミン作用から、蕁麻疹の改善にも期待がもたれます。

 

納豆菌には、免疫の働きをよくする働きもあるとも言われています。
皮膚は免疫を一番現す部位ですが、人間にとっては、
皮膚がきれいになる効果があるようです。

実際、納豆を使ったスキンケア製品がセールスされていますし、
美肌ということでは、納豆のさらさら効果も期待できます。
実際、納豆を多く食べる地域の人の肌は、綺麗?というデータもあるようでね!

 

納豆を食べた後に位相差顕微鏡で、血液の状態をみると
集まっていた赤血球が、バラバラになっている様子が見られます。

手頃な価格で、手に入りますし、毎日、口にしたいものです。
脳梗塞予防の為には、寝る2時間位前に食べるのがいいみたいですよ。

理由 寝ている時は、水分補給をしていないので
朝方は、血液の状態が、ドロドロになって、詰まりやすくなる為

 

 

ちなみに今日の、生島ひろしのラジオでは、1パック500円の
高級納豆の宣伝がされていましたが、かなり美味しいということでしたよ
もし、予算に余裕があれば、高級納豆を食するのいいかもしれません。

スポンサードリンク
  • 2015 10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp