梅雨の時期のつらい頭痛の対処法や注意点とは?山王直子先生のお話

この記事は3分で読めます

2015y06m18d_085129388

 

梅雨時、頭痛持ちにとっては嫌な季節かもしれません?

湿度や気圧の変化から、イライラ感や不快な気分が続き
神経の緊張から血管の収縮を招くなど、

普段よりも頭痛が多くなる機会が増えてしまうようです。

スポンサーリンク

頭痛がキッカケになり、余計なストレスを生じさせ、
体調不良を招くことは避けたいも。

また、対症療法的に頭痛薬もいいですが、
頼り過ぎには注意が必要です。

 

 

今朝の、生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
山王クリニックの 山王直子先生が出演し

梅雨時期の頭痛について、お話をされていました。

 

 

山王直子先生のお話

 

どうして、頭痛持ちの人は、梅雨時になるとつらくなるのか?

 

頭痛持ちの頭痛というと
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種類があるんですね。

女性に多い偏頭痛なんですが
脳が敏感になって起こってしまう頭痛です。

 

梅雨時の、気温や気圧の変化に
脳が敏感に反応して、血管が拡張し、
緊張をおこしている状態なんです。

ですから、偏頭痛の人は、梅雨時、
頭痛が続いてつらいといいますね。

 

また、エアコンが効きすぎて、室外との
温度の差でも頭痛が起こってしまいますし

夏場は汗をかくので、脱水状態になると
血流の低下で頭痛になります。

水分の補給が大切になってくるんですね。

 

 

偏頭痛持ちの人は、天気予報よりもあたると言われていますが?

 

雨が降りそうになると頭が痛くなるので
台風が近づいてくる時などは、早くからわかりますね。

 

 

偏頭痛の人の特徴というのはどういうものですか?

 

体を動かすと痛みが悪化します。
吐き気や嘔吐をともなったり、光がまぶしい
音などに敏感になるなどの症状があります。

また、偏頭痛のほとんどの人が
頭痛がする前に、首や肩がこるという予兆があります。

 

 

首、肩がこるというのは偏頭痛の方の特徴なんですかね?

 

首や肩がこる頭痛には、もう一つありまして
緊張型頭痛というのも首や肩がこるので、
間違わないようにしたほうがいいと思うんですけど

緊張型頭痛というのは、日本人に一番多い頭痛なんですね。

 

長時間のデスクワークとか仕事でパソコンを使う人が
今、多いですよね。

そうしますと首や肩の筋肉が疲労して、
頭を締め付けるような頭痛が、だらだらと続いてきます。

 

この時期は、エアコンで首周りや肩が冷えると
よけいにこって、頭痛を起こしやすくなります。

スポンサードリンク

 

 

下を向いる姿勢というのも首や肩に負担をかけるんでしょうね?

 

今は、スマホなどを電車のなかでも利用する人がいますよね。

あの姿勢が首や肩に負担をかけるので、
緊張型頭痛には、よくないですね。

 

 

あと、群発頭痛というのはどうなんでしょう?

 

群発頭痛は、頭痛が一旦起こり始めると
数ヶ月の間、ほとんど毎日、群発する頭痛なんですけど

これは、男性に多くて、片側の目の奥が
えぐられるように痛いというものです。

 

 

それぞれの頭痛の対処法を教えてもらえますか?

 

まず、偏頭痛ですが、血管を拡張して炎症を起こしていますので
こめかみなど、痛い場所を冷やした方がいいですね。

アイスノンとかペットボトルを使って、
冷やしてもらうのがいいです。

 

これに対して、緊張型頭痛の場合は、
血行を良くした方がいいので、お風呂などの温めていただくと
コリがほぐれて痛みが楽になりますよ。

 

 

偏頭痛の場合は、お風呂に入ると逆に悪化するんですか?

 

対応が全く逆なので、間違わないようにすることが大切です。

自分がどのタイプ頭痛なのか、頭痛外来で
専門医でシッカリ診断してもらう必要があります。

 

 

頭痛がある場合、日常、どのような対応が必要でしょうか?

 

まずは、過労を避け、ストレスをためないようにすることですね。

規則正しい生活に、食事や睡眠のリズムを整えることが大事。
寝不足も寝すぎも頭痛につながります。

 

頭痛が起きた時には、正しい薬を服用することが大切なんですが、

偏頭痛が起きた時には、脳血管の拡張と炎症を鎮める、
トリプタンというお薬を使います。

 

これは、症状に合わせて、内服、注射、点鼻薬があります。

頭痛頻度が多い人には、予防薬があり、
頭痛頻度や症状を軽くすることが期待されますが
いずれも処方が必要なお薬になります。

 

 

市販の鎮痛薬はどうなんでしょうか?

 

使ってもかまわないですが、10日以上飲むと、
薬のせいでかえって悪化してしまう場合があるので、

常備薬の管理法については、
専門医にアドバイスもらうといいですね。

 

普段と違う痛みを感じたり、急に頭痛の回数が増えたら要注意です。

脳腫瘍とか脳血管障害などの緊急を要することもあるので
早めの受診が必要です。

 

 

 

偏頭痛と緊張型頭痛とでは、対処法が全く
違うというところが気をつけたいところです。

まずは、自分の頭痛がどのタイプに該当するのか
専門医で、シッカリ調べてもらいましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 06.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y06m11d_092834745
  2. 2015y04m15d_085136156
  3. 2015y09m23d_184604606
  4. 2015y11m23d_141312388
  5. 2016y03m18d_091130086
  6. 2015y10m28d_143958685

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp