不眠解消には体温リズムを整えよう!自然な入眠には体温が下降するタイミングを狙って

この記事は2分で読めます

2015y06m20d_084841250

 

生活パターンや悪習慣、ちょっとした環境の変化などで
不眠になったりするものですが、

体温のリズムも、良い睡眠が取れるかどうかに
深い関係をもっています。

普通は、発熱した時以外は、自分の体温に
意識を向けることは、あまりないと思いますが、

スポンサーリンク

不眠の原因の一つが、体温のリズムに関係しているとすれば
ちょっとした生活の工夫で、改善させることができます。

 

 

体の活動と1日の体温リズム

体温は1日のなかでも変化し、明け方4~5時にもっとも低く、
少しずつ上昇していき、夕方6~8時に上昇のピークを迎えます。

このピーク時が、もっとも覚醒度が高い時間帯です。
その後、ふたたび体温は下がりはじめ、眠る準備を整えます。

 

2015y06m20d_061658606

 

この体温のリズムが正常であれば

不眠に悩まされるということはあまりありません。

 

しかし、徹夜をしたり、昼寝が長すぎたりするなど
生活のリズムが乱れてくると体温リズムもくずれてきて、

その結果、深い眠りを得られず、
スッキリした目覚めには、つながりません。

 

昼間、体がだるかったり、ひどい眠気が襲ってきたり
モティベーションがわかないなどの寝不足の症状は

徹夜などで睡眠時間が短いせいだけでなく、
体温リズムの乱れが原因になっている場合もあります。

 

 

人の体が、自然界の一部であることは
体の生理も、その流れに従っているということです。

その流れに逆行するような事をすると
体の内側から、支障をきたすことになり、それが
重篤な病気の引き金になることも考えられます。

スポンサードリンク

 

 

老人に、不眠で悩む人が多いのも
この体温のリズムが、若い頃と比べて微妙にずれている
ということも関係しているようです。

特に、就寝後の体温が低下しにくくなっていることが
不眠の原因になると言われています。

 

 

 

改善方法として、即、実践可能で効果的な方法が入浴です。

 

お風呂に入ることで、血行が良くなり、体温が上がり、
その2~3時間後に熱放散が促進されて体温は下降します。

体温が、一旦上昇してから下がってくると眠くなるという
体の生理機能を利用すると、心地よい眠りにつくことができます。

 

その時のお風呂は、自分がいちばん快適に感じる
温度がベストですが

熱すぎると体温をコントロールすることが難しくなり、
安眠を妨げる結果になります。

 

寝る前に入浴したい場合は、ぬるめの湯(38~40度)に
20分ほどつかるようにします。

 

また、足もとを温める足浴をしても自然に眠くなります。
半身浴なら、ひじまで湯につけるのがポイントです。

ひじは、体の体温をコントロールするヶ所なので
よく発汗するようになり、新陳代謝が高まっていきます。

 

 

お風呂に入る30分以上前に、コップ一杯の常温の水を
飲むようにしましょう。

入浴後、上昇した体温は急激に下がり始めるので、
このタイミングでベッドに入ると寝つきやすくなります。

 

 

体は、皮膚の抹消血管を拡張して放熱し、
深部体温を下げることによって眠る準備を整えます。

ゴムの締めつけがきついパジャマや手袋、靴下を
着けて寝るのは、安眠を妨害するので避けましょう。

 

寝具を温めるアイテムで湯たんぽや電気毛布などがありますが、
静電気や乾燥の心配がないのは湯たんぽです。

温めはじめるタイミングは、寝る1~2時間前が最適。
床につく時は、ちょうどよい状態で、安眠できます。

 

 

 

入浴を上手に活用する事は、
自然の睡眠へと導いていく良い方法です。

 

その他にもいろいろとありますので、

体温が、一旦上がり、下がってくると眠くなるという
体の仕組みをうまく利用して、自分なりの方法を
いろいろと試してみるといいですね。

スポンサードリンク
  • 2015 11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y09m20d_150309187
  2. 2015y09m10d_093248583
  3. 2015y10m18d_121203501
  4. 2015y12m21d_090937660
  5. 2015y11m20d_083250357
  6. 2015y07m23d_100537003

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp