顔色が悪いのは鉄分不足かも?上手な鉄分の摂り方や生活スタイルとは

この記事は2分で読めます

 

だるいとか疲れやすいとか、やる気が出てこない
こういった症状が、よく見られる場合、
疑ってみるのが鉄分不足です。

鉄分は、人の体の中に約3g存在し、その多くは赤血球中で
酸素を運搬する働きで、ヘモグロビンの原料になっています。

スポンサーリンク

体中に新鮮な酸素が運ばれなくなると、
疲れやすくなって、顔色もくすんできます。

鉄分不足が重症になると、爪が変形してくる、
少しの運動ですぐに心臓がドキドキするといった
鉄欠乏性貧血に陥ります。

 

 

鉄分不足になる原因はおもに3つ考えられます。

 

一つ目が、鉄分の摂取不足になります。

忙しくて食事を規則正しく摂れない生活パターンや
無理なダイエットなどが原因です。

 

2つ目が吸収率の低下。十二指腸に炎症があると、
鉄分の吸収率が低下します。

 

3つ目が、小腸に問題があったり、
女性は生理中の血の量が多かったりという出血需要の拡大です。

 

 

最近は、腸の健康状態が、人の健康にダイレクトに
影響を与えるということで、腸内環境を整える重要性について
いろいろなところで言われるようになりました。

腸内環境が悪く、腸内で発生するいろいろな毒物
インドールやスカトールなどを吸収してしまうと、当然、
血液の色も悪くなり、その為、顔色も悪くなってしまいます。

 

 

他にもスポーツ貧血といわれるものがあり、
筋肉が肥大することによる鉄分需要の増大や発汗による
流出などがその原因です。

 

1日に必要な鉄分は、男性で1日1μg。
女性で2μgとされています。授乳中の女性はその倍の4μg。

スポンサードリンク

生理中の女性がイライラしたり落ち込んだりするのは、
鉄分不足が原因とも考えられています。

 

 

ところで、野菜よりもお肉のほうが効果的に鉄分を
摂取することができます。

また、肉類を食べるときに野菜や豆腐、海藻類なども
一緒に摂ると、肉以外の食物に含まれる鉄分の吸収率まで
アップさせる働きがあります。

これをミート効果といいます。

 

 

とくにビタミンCを多く含む小松菜などを
一緒に摂るのがよいでしょう。

ビタミンCは、鉄分の吸収率をより高める栄養素なのです。

 

 

ただし、動物性タンパク質については、
人の消化酵素では、上手に消化が難しいことがあるので
食べすぎには、注意が必要です。

 

お肉のなかでも、豚肉、牛肉は、動脈硬化を進行させるという
研究もされているので(NHKで放送)、

動物性タンパク質を摂るときは、鶏肉を摂ることをオススメします。

 

 

このほか、鍋などの調理器具を鉄製のものに変えると
微量の鉄が料理に溶けて鉄分を摂るのに効果的です。

 

たとえば、鉄製のフライパンを使って調理すると
1食につき約2~4μgの鉄が溶け出すので、

同じメニューでもテフロン加工やステンレス製の
フライパンで調理するより、鉄分を吸収できることになります。

 

 

 

細胞の新陳代謝を良くするために、
睡眠時間は、シッカリ確保するようにしましょう。

睡眠不足になると鉄分の不足にプラスして、
酸素不足になり、血液のうっ血や、血液の色自体が悪くなり
それが顔色の悪さに反映してしまいます。

 

夜の10時には寝るようにし、
最低、7時間は、睡眠をとるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp