腸内細菌のバランスが免疫力を左右!ラクトフェリンとビフィズス菌の併用がカギ

この記事は2分で読めます

 

ムシムシした季節になってくると
体調を崩してしまうことが多くなってしまいます。

体の疲れやストレスから免疫力の低下を招き
ちょっとした事から、食中毒などの感染症をはじめ
いろいろな病気にかかってしまうことになります。

免疫力と言えば、腸内環境をいかに整えるかの
大切さが言われるようになってきました。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
理化学研究所イノベーション推進センター

辨野特別研究室特別招聘研究員の
辨野義己(べんのよしみ)先生が出演。

腸と免疫力の関係などについて、お話をされていました。

 

2015y06m29d_090108039

 

辨野義己(べんのよしみ)先生のお話

 

免疫力と腸の関係は密接なんでしょう?

 

すごく関係がありますね。
腸内細菌のバランスが、免疫力を左右していると
言っても過言ではないでしょうね。

今までは、腸管感染症、食中毒などが
大きな問題でしたが、花粉症、アレルギーだとか、
がんの予防効果という意味でも重要なキーワードだと。

 

大腸の腸内細菌は、免疫力を
非常に関係しているということがわかったんですね。

 

 

体の中は見えませんが、腸も年をとってくるわけですよね?

 

年とともに、腸内細菌のパターンも変わってくるんです。

同時にそれが免疫力を下げてくるわけです。

善玉菌が減ってくると、免疫力が落ちる
腸内環境が悪くなってくる、ゆくゆくはいろいろな病気を
起こすように、つくってしまうわけですね。

 

腸内細菌そのものは、いろいろな働きを持っていますけど
いい働きをする菌をたくさんもつと、

スポンサードリンク

そのいい働きをもつ菌の代表選手がビフィズス菌や乳酸菌なんですね。

 

 

悪玉菌の代表は?

 

ウェルシュ菌といわれるような、悪さをする
臭い匂いを出す菌が多いんですが、

悪玉菌が優位になってくると免疫力が落ちてくる、
そして、アレルギーを起こしてくるということが
でてきますよね。

 

たいてい、大便のにおいが、あるいは、おならのにおいが
キツくなってくると菌が有害物質、臭いにおいを
つくっているんですね。

だから、おならが臭い、トイレの後がくさいというのは
危険信号ですよ。

 

そして、バランスの崩れたままでいると
腸の老化が進んでくる状態になり、いろいろな
病気の温床になってしまいますね。

特に老化した腸は、どうも最近、うんちが臭くなってきたとか
あるいは細くなってきた、色が変わってきたり
量が少なくなってきた、

 

トイレで用をたした後など、ツーンとした
嫌なにおいが出ている時は、腸の老化現象のはじまりなんですね。

いわゆる老人性さい便という言葉を使いますが
そういう状況が生まれるようになるとあまりよろしくありません。

 

 

免疫力を高めるポイントは、ラクトフェリンらしいですね?

 

ラクトフェリンは、人の母乳をはじめ、
哺乳動物に含まれているタンパク質です。

これは、初乳中に含まれていますから、
いろいろな病気を防ぐ上で、非常に大事なんですね。

 

ラクトフェリンとビフィズス菌を併用して使うと
いろいろな病気を抑制するいい働きをしてくれます。

食中毒が心配な季節になってきますが
基本的には、この二つを併用するという生活を
続けるといいと思いますね。

 

 

 

夏場は、冷たいものの飲みすぎ、クーラーなどの
使用により、体そのものを冷やすこと

夏バテ、睡眠不足等の影響で、気づかないうちに
免疫力を下げてしまいます。

 

ぜひ、便を通して、自分の体調をチェックし、
悪ければ、腸内環境を整えることを意識して、
免疫力を落とさない工夫をしていきましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 09.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp