タンパク質を摂り過ぎると腸内環境の悪化やがん尿路結石の原因に!

この記事は2分で読めます

2014y07m07d_155731154

 

現代版の栄養失調は、栄養素のバランスの乱れです。
三大栄養素のタンパク質、脂肪、糖質は、摂り過ぎ気味と言われ
ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は不足気味と言われています。

欧米化した食事が広く普及した事で、動物性タンパク質や脂肪の量が
圧倒的に増えています。その為、タンパク質は、多くとるより、
抑えることを考えた方が良い時代と言われるようになりました。

スポンサーリンク

タンパク質のとり過ぎによる害は、がんをはじめ、
多くの生活習慣病の引き金になるので、摂り過ぎには注意が必要です!

 

動物性タンパク質は、人の消化液では消化しにくい!

 

タンパク質は、アミノ酸という大きさまで消化され、
それから、腸から吸収されます。

お肉などの動物性タンパク質は、植物性のタンパク質より、複雑な組成を
しているので、一定量を超えてしまうと上手に消化ができません。

 

うまく消化できなかったタンパク質は、腸内で腐敗することになり
アミンやインドール、アンモニアなどの有害物質が生まれます。

そうした有害物質は、肝臓で解毒されて無毒な尿素となって排泄されます。

 

2014y07m07d_160236462

 

ところが、タンパク質を多量に摂取をすると、消化管や体内で発生した
有害物質などを十分に処理しきれなくなり、
その結果、組織を傷害してがんなどが起こりやすくなります。

また、アミノ酸が高温で加熱されると、突然変異を起こす物質ができますが
これは同時に発がん物質でもあり、その為、おこげや焼き魚の焦げた皮などが
敬遠されています。

 

また、大腸がんの危険因子の一つに赤みの肉があります。
赤みに肉にはヘム鉄が多く含まれていて、そのヘム鉄のヘムが
脂肪の酸化物に反応すると非常に活性度の強い活性酸素ができて、
これががんの引き金になります。

スポンサードリンク

 

高タンパク、高熱処理、赤身肉といった3つの条件を満たした食べ物が
ステーキになるわけですね。お肉の食べ過ぎは、腸内環境を悪くしたり
活性酸素を発生させる元になってしまうので、できるだけ、控える事をおすすめします。

 

ただ、人の消化能力は、遺伝子の違いか、環境要因が原因かは
わかりませんが、かなりの差があるようなので、

一概には言えないところなので、消化がうまくいっているかどうか
排便の臭いで、確認しましょう。もし、お肉を食べた翌日の便が、
かなりの悪臭を伴っているものであれば、控えるようにしましょう。

 

未消化のタンパク質とアレルギー

 

食品の中のタンパク質には、アレルゲンとして有名なものがあります。
中でも、牛乳、卵、大豆は、子供の三大アレルゲンと言われています。

 

食品中のタンパク質は、消化の段階で、腸内でアミノ酸まで分解されれば
問題ありませんが、完全に分解されないまま身体の中に吸収されると、
身体は、それを異物とみなして、アレルギー反応を起こします。

なので、タンパク質をとり過ぎたり、消化能力が弱いと
アレルギーになりやすくなります。

 

卵などに多く含まれている含硫アミノ酸が体内で酸化されると硫酸ができます。
それを中和するのにカルシウムが使われます。

ですから、タンパク質を多量にとると、尿中へのカルシウム排泄が増加して
そのカルシウムは、腎臓や尿管、膀胱などを経由して排泄されるので
こうした尿のっ通り路にカルシウムが沈着しやすくなります。

 

日本人の尿路結石の80%は、カルシウムによる結石なので、
尿路結石を起こしやすい人は、肉や卵などの高タンパク食を避けたほうがいいようです。

また、シュウ酸カルシウム結石を起こしがちな人は、ホウレン草のような
シュウ酸の多い食品と、肉や卵などの高タンパク食品を一緒に食べるのは控えましょう

 

タンパク質を取り過ぎると、腸内細菌のうちでも
悪玉菌と呼ばれる、クロストリジウムなどの腐敗菌が腸内に増えてしまいます。
この菌は臭いおならの成分もつくります。

クロストリジウムは、高齢者になると増えてくるので、
これが、老化に関係しているのでは?と考えている人もいます。

スポンサードリンク
  • 2015 10.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y11m10d_143854362
  2. 2015y05m27d_084506766
  3. 2015y10m13d_151253547
  4. 2016y10m14d_164331085
  5. 2015y09m08d_142513759
  6. 2014y08m01d_161657545

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp