夏場の体調不良の原因を知って体のだるさを解消しよう!川嶋朗先生の夏の不調対策のお話

この記事は3分で読めます

 

季節の変わり目は、体調の変化気になるところです。
例年に比べて、今年は気温の差が激しいこともあってか、

本格的な夏場を迎える前に、
体調を崩している人が増えているようです。

暑いからといって、クーラーなどで室内を冷やし過ぎたり
冷たい飲み物や食べ物を、ついつい多く口に入れてしまうことで
体調不良を助長してしまうこともあります。

スポンサーリンク

シッカリ心と体の準備をして、今年の夏も乗り切りたいものです。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
東京有明医療大学保健医療学部の川嶋朗先生が出演
「夏の不調対策」というテーマでお話されていました。

 

 

川嶋朗(かわしまあきら)先生のお話

 

夏の不調の代表的なものと言えば?

 

夏バテに代表されるような、
だるいとか、やる気が無くなってしまうとか、

食欲がないとか、便秘や下痢、立ちくらみ等、
熱中症までいかなくてもこうした不調は結構あります。

 

 

その原因は何になるんでしょうか?

 

昔は、いわゆる夏バテというのは、
外が暑いことから、体温が上がってしまうので、
その体温を下げる為にエネルギーを使っていたんですが

最近は、空調が激しくなっていることもあって
内外の温度差というのがかなりあります。

 

その為、外に出ていると自分の体温を下げなくてはいけません。

 

反対に、冷房の効いた部屋では、自分の体温を
上げなくてはいけないという状況にあります。

つまり、温かいところと涼しいところを往復するんですね。

 

しかも、最近は極端になっているんです。
それをやっていると、暑いところにいても汗を
かかなくなってしまうんです。

完全に自律神経が疲弊してしまって
体温調整ができなくなってしまうんですよ。

 

今の夏は、人工的に冷やされた部屋と外の猛烈な暑さなどが、
自分の身体のエネルギーをどんどん奪っていき、

それで自律神経が狂ってしまうと血流が悪くなってしまって、
最終的には、だるさ、疲れなどの様々な症状がでてきてしまいます。

 

 

それを防ぐためには、温度差を
体感しないようにすればいいんですか?

 

基本的には、そういうことになりますね。
冷房などの温度は、役所がやっているように、
28度位の設定にしていただいて、

暑い夏は、自分で熱を逃がすようにすることが大切です。
自律神経が疲弊してしまうことを如何に防ぐかということです。

 

昼間は緊張が続く交感神経の世界ですから、
夜になったら、副交感神経優位のおやすみモードにして
身体を冷やさない生活を心がけた方がいいです。

あとは、できるだけ、常温のものを口にして、
冷たいものを摂ったら、その分体温を上げないといけません。

 

そして、食事は、よく噛むことですね。
噛む回数が増えるとヒスタミンというのが出てきて、

スポンサードリンク

内臓脂肪を燃やして体温を上げますし、
満腹中枢を満足させますし、リラックスもさせてくれます。

 

それから食べ物なども選んでいただくとか
そういうふうにしていただくといいです。

 

お風呂を上手に利用することです!

常々言っているのが、日本人は少し高めのお風呂に入りますが、
夜、副交感神経優位の状態にしようと思ったら

40度を下回るお風呂で、ゆっくり浸かっていただいて、
10分~30分ほど入浴していただく方がいいですね。

 

よく言われる半身浴は、身体を温める根拠は医学的には無くて
水圧の違いですから、水圧がたくさんかかった方が、
心臓に戻る血液が増えて、出て行く血液も増えます。

 

ということは、血めぐりがよくなるので、
全身浴の方が良くて、半身浴は、その力が半減するんですが、

反対に心臓に戻る血液が増えたら困る方、
つまり心臓の弱い方、心筋梗塞や心不全のある方は、
半身浴が必須なんですけど。

 

オススメは、全身浴でぬるいお風呂にゆっくり浸かって、
そのまま寝てしまうというのがいいです。

また、炭酸泉などを入れると皮膚に泡が付着します
そうすると体は酸欠と間違えて、血管を広げてくれるので、
より温まりますし、血流もよくなります。

 

当然ですが、規則正しい生活が大切で、
特に夜は寝たほうがいいので、早寝早起きですね。

夏は特に太陽が昇ってくるのが、早いですからね。
早寝早起きを心がけていただくことです。

 

そうすると眠っている間に出てくるホルモン
これはアンチエイジングになりますし、

そのあとにあがってくるメラトニンも、
抗酸化作用で、アンチエイジング効果を発揮してくれます。

 

免疫も一番上がってくるのは寝てからなので、
やはり、メリハリの効いたリズムのある生活が大事だと思います。

 

 

暑い夜には、どういうふうな工夫をすれば
よく眠れるようになりますか?

 

クーラーを使って、室温を冷やして、布団をかぶって寝るのは
一番、馬鹿げていることなので、

 

そこまでいかない。せいぜい除湿機能をうまく使うとか
あるいは、扇風機を上手に使うようにし、

直接あたって冷えすぎてしまう方は、
間接的に風を対流させるようにするとか

 

もちろん冷房を使うときは、
あまり温度を下げすぎないようにするなどを意識して、

暑苦しい時は、そういった使い方をしていただくといいんですね。

 

ぬるいお風呂にゆっくりというのは
すごくお休みモードにしてくれるので、

ほんとうに、ぬるいお風呂にゆっくり浸かって
できるだけ早く乾かして寝てしまうのが、
もしかしたら、一番いいのかもしれません。

 

ポイントを一言でまとめると、
余計なエネルギーを使わないということになります。

 

 

 

クーラーなどの文明の利器は、上手に活用することですね。
度を超えてしまうと、自律神経の乱れから
余計な病気を引き込むキッカケになるかもしれません。

適とバランスを考えて、夏場の体調管理に使っていきたものです。

スポンサードリンク
  • 2015 07.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp