ファイトケミカル(カロチノイド)でがんの予防!野菜スープが一番

この記事は3分で読めます

2014y07m08d_111311891

 

野菜は、身体にいいから食べなさい!と子供の頃から何度も
親から聞かされたものです!そんな経験はありませんか?

子供の頃は、人参とかピーマンとかなんとなく臭いが気になって
おかずの中に入っていたら、ついつい、お皿の横に出してしまったものです。

今では、野菜を進んで食べるようになりましたが
野菜のことを良く知っていれば、もっと積極的に食べていたかもしれません。

スポンサーリンク

 

植物の中に含まれている、身体にとって有効な成分が、ココ数年
注目をされるようになりました。自分の身を害虫等から守る為に、植物が
自然と生み出したものです。

この植物が持つ生理活性物質はファイトケミカルと呼ばれます。
いろいろなファイトケミカルの中で注目されているのがカロチノイドです。
がんを初め、生活習慣病の予防や改善に力を発揮してくれます。

 

カロチノイドとは?

 

カロチノイドは、緑黄色野菜や果物などに多く含まれている赤や黄色などの
天然色素成分
で、自然界には花や鳥の羽根魚介類の外皮、細菌類や海藻などに含まれ、
凡そ600種ものカロチノイドが見つかっています。

人間など動物は、自前でカロチノイドを合成できないため
植物や微生物が体内で合成したものを摂取して、役立てています。

 
2014y07m08d_111809892

 

食品のなかには、約50種のカロチノイドが含まれていると言われています。
ただ、その中で、体内に吸収されるのはそのうちの10種類だそうで
しかもこれらは全身に均等に行き渡るわけではなく、特定のカロチノイドが、
特定の部分に多く蓄えられ、それぞれの働きをします。

ルテインなどのように目専門のカロチノイドとか!

 

カロチノイドは、活性酸素の消去やがんを抑える働きなのが知られています。

 

 

個々のカロチノイドの発がん抑制効果

 

アルファカロチン

アルファカロチンは、人参などに多く含まれる身近なカロチノイドですが
強力な発がん抑制効果が明らかになっています。
特に肺がんや皮膚がんで強力な抑制効果が見られ、
肝臓がんでも同様な効果が認められました。

 

ルテイン

スポンサードリンク

ルテインは、青汁で有名なケールやホウレンソウなど多くの
緑黄色野菜や果物などに広く含まれているカロチノイドです。
動物実験では、皮膚がんや大腸がんの発生を抑えることがわかっています。

また、ルテインを多く摂取している人達に肺がんが少ないという結果がでています。

 

ゼアキサンチン

マンゴー、パパイア、桃などに多いゼアキサンチンには皮膚がんの
発生を抑える効果が認められ、さらに肺や肝臓でもその傾向が示されています。

 

リコピン

リコピンは、トマトに含まれている赤色系のカロチノイドで、
他のカロチノイドに比較して強力な抗酸化作用を持っています。

がんについてもその強力は極めて優れ、肺、大腸、乳腺、膀胱への発がん
抑制が認められました。

さらにリコピンを多く摂っていると前立腺がんになるリスクが
低下するという疫学調査の結果もでています。

 

βクリプトキサンチン

温州みかんの果肉に多く含まれているのがβクリプトキサンチンです。
ベータカロチンの5倍の発がん抑制効果が認められ、大腸がん抑制や
皮膚の腫瘍の抑制にも効果があることがわかりました。

さらに、大腸がんやポリープなど大腸に腫瘍が見つかった人は見つからなかった人に
比べ、βクリプトキサンチンの血中濃度が低いという結果も出ています。

腫瘍があるとβクリプトキサンチン以外にもリコピンなど
数種類のカロチノイドがの血中濃度が低いというデータも出ています。

 

エビ、カニ、タイサーモンの赤い色素、アスタキサンチンには、肝臓がん、舌がんなど
口腔がんの発生を抑制することが動物実験でわかっています。

また、わかめやひじきなどの海藻に含まれているフコキサンチンンには、皮膚がん
肝臓がん、十二指腸がんなの発生を抑える効果があることがわかってきました。

 

カロチノイド自体が、発がんプロモーターによって引き起こされる
細胞変化を抑制したり、抗酸化作用、免疫細胞や抗腫瘍因子を増やしたり
誘導したりする作用などで、直接がんの発生を抑えていると考えられています。

 

2014y07m08d_112153171

 

野菜が持つ、色や臭いには、人間がまだまだ、知らない深い知恵が
潜んでいるようです。植物が持つ生理活性物質(ファイトケミカル)の力が
いろいろとわかってくると、いまよりもっと野菜が好きになるかもしれません。

 

生野菜では、かさばる割には必要量を摂るのは難しいです。
それにセルロースがあると人間の消化液では、消化するのが難しいようです。

野菜を多く摂るには、煮て食べるのが一番いいですね。
季節の野菜を盛り込んだ具沢山の味噌汁やスープにして飲むようにしましょう!

スポンサードリンク
  • 2015 07.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y08m20d_091416119
  2. 2015y03m20d_152445912
  3. 2015y09m26d_153258240
  4. 2015y05m15d_100444523
  5. 2014y07m16d_151109805
  6. 2016y01m26d_094630619

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp