過敏性腸症候群ガス型の治し方を考える!ガスの臭いは食事内容の改善から

この記事は4分で読めます

 

過敏性腸症候群は、先進国に多く見られる病気です。

日本でも10~15%の人に見られ、

何かとストレスの多い サラリーマンなどが

よくかかりやすいとも言われています。

下痢型、便秘型、混合型の三つのタイプがあり、

その原因については、まだ、はっきりしていないのが現状で、

医療機関でも、正確に診断されていないケースも多いと言われています。

スポンサーリンク

上にあげた三つのタイプの他に、ガス型と呼ばれるものがあります。

自分がコントロールできない範囲で勝手におならが出てしまうことから

周りのいる人の反応が気になり、

 

その事がかえっておならが出ることに意識を集中させ、

さらにおならが出てしまうという、

悪循環につながってしまうというものです。

 

絶えず、ガスが出てしまうという恐怖感から

人間関係やコミュニケーションにもストレスを感じ、

 

また、社会人であれば仕事の業績、

学生であれば学業に 集中できなくなるなど、

普通に日常生活を送る上でも、

かなりマイナス面になることも気になるところです。

 

ココでは、過敏性腸症候群のガス型について

自分で治癒の方向に向けるには、どうすればいいのかを 見ていきたいと思います。

 

そもそも過敏性腸症候群は、なぜ起こる?

 

過敏性腸症候群の原因の中で、特に大きく関係していると 言われるのが、

消化管の運動異常から起こるもの、

そして、消化管の知覚過敏と言われています。

 

まず、消化管の運動異常についてですが、

大腸の運動には蠕動運動と分節運動があり、

 

これらの運動に異常があると、便秘や下痢、

ガスも たまりやすくなると考えられています。

 

第二の脳が関係している胃・結腸反射は 食後におこる蠕動運動ですが、

過敏性腸症候群の人では この運動が激しく起こりやすくなっています。

 

次に消化管の知覚過敏についてですが、

腸管の壁が伸びることで痛みを強く感じやすいと報告されています。

 

消化管の知覚過敏には、第二の脳がかかわっていると言われ

第二の脳に影響を与えるのが過度なストレスです。

 

ストレスがある状態では、小腸や大腸の運動が 活発になるばかりでなく、

消化管の知覚過敏も 引き起こされることが報告されています。

 

また、最近では脳腸相関という考え方もあります。

ストレスが脳に伝わって消化器症状を引き起こしたり、

反対に消化器の異常が脳に伝わって、 感情に変化を及ぼすというものです。

 

 

過敏性腸症候群の原因は、

以前よりストレスとの関連が 大きくとりあげてきましたが、

 

最近の研究では、ストレスは、原因というよりは

症状を悪化させるものとの見方に変わってきています。

 

過敏性腸症候群は、消化管運動異常や消化管知覚過敏をベースに、

ストレスで脳腸相関の異常がおこり、

このことが症状を悪化させていくものだということです。

 

生活習慣の乱れがあり、ストレスをキッカケに

過敏性腸症候群の症状が現れるようになり、

 

オナラが出ることが気になる、人の目がストレスになり

その事が、ガスが出やすい循環を起こすようになる、

 

そして、意識するば意識するほど、

その症状が出やすくなるというのが、心と体の関係です。

 

 

それでは、その悪循環をどうやって、

修正していったらいいのでしょうか?

 

 

生活パターンを考える

スポンサードリンク

 

腸にトラブルを抱えてない人でも 夜遅く起きていると

お腹が張ってくるのを感じます。

 

特に生活パターンが乱れてくると

自律神経の働きが次第に狂ってきてしまうので

負担をかけない生活をすることが大切です。

 

良い生活パターンをつくっておくことが、

この病気にかかわらず基本と考えましょう 生活の起点として、

夜、寝る時間を決めるところから 始めてみることをオススメします。

 

成長ホルモンが分泌されると言われる 夜の10時には、寝るようにしましょう。

 

1日、2食がいいのか、3食がいいのかは 意見が分かれるところですが、

決まった時間に取るようにすることです。

 

食事と睡眠は、健康を維持するのに非常に大切な要素です。

 

 

ストレスにはどのような対応を

 

精神状態が、ダイレクトに腸に影響を与えます。

何もトラブルがない人でも、緊張する場面に直面すると

お腹のあたりに、違和感を感じるものです。

 

考え方や感じ方というのは、腸の健康を考えると特に大切で、

腸内環境の、善玉菌、悪玉菌のバランスにも 関係していると言われています。  

 

神経質な人、内向的な人、責任感の強い人 それに、感受性の強い人は、

同じ出来事でも過剰に 反応してしまう傾向が強いです。

 

リラックスできる時間をとると同時に、

物事の解釈を変えるトレーニングも効果があります。   考

 

え方や感じ方は、変えることは難しいものですが、

言葉を変えることは容易です。

 

はじめは、感情を伴わなくても、その場に該当する 言葉を使うようにし、

その数を増やしていくようにしましょう。    

 

 

避けたほうが良い食べ物、摂った方がよい食べ物  

 

スがたまりやすい食べ物や飲み物を避けましょう

動物性タンパク質や脂肪の摂り過ぎは、腸内環境を悪化させます。

 

悪玉菌優位な環境になると、ガスがたまりやすくなり 同時に、

硫化水素やスカトール インドールなどの臭いガスの元となります。

 

人の食性は、基本的に草食型遺伝子をバックに持っているので

タンパク質を大豆などの植物性のもの主に摂るようにしましょう。

 

タンパク質は、未消化の状態で、

腸内たまらないように することが大切になります。

 

飲み物で、注意すべきは、炭酸飲料です。 毎日のように飲んでいると、

炭酸が腸内でガスに変わり オナラがでやすい環境になります。

 

緑黄色野菜や乳酸菌、海藻類やキノコ類などを 意識して摂るようにし、

腸内環境を整えるようにしましょう。

 

食べるものの選び方も大事ですが、 それと同様に、

食べる量にも配慮するようにしましょう。

 

 

腹8分目、できれば7分目で

不足しがちなビタミンやミネラルなどの微量栄養素は

サプリメントで補うという積極策が望まれます。

 

過敏性腸症候群のガス型で、 大切なことはあまり意識しすぎないことです。

 

精神的な要素が病気の経過に大きく影響与えるため 気にしすぎて、

努力逆転の法則を生じさせないことが大切です。

 

症状が改善されることをイメージしながら、

ゆったりとした気分で、取り組むようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 04.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp