低体温の低血圧状態を改善するには?体を温める食べ物やミトコンドリアの活性化を行うこと!

この記事は3分で読めます

 

低体温の人は、体の熱を奪ってしまうような
冷たい飲み物や食べ物は、口にしないようにしましょう。

体温よりも低い飲食物を摂ってしまうと
腸内の温度を下げてしまい、腸内環境を悪化させ
栄養素の吸収を悪くさせたり、免疫力の低下を招いてしまいます。

スポンサーリンク

また、体を冷やししまうことは、
感情的にもイライラ感を増すことになり
それが、交感神経優位な状況をつくりだし、

血管の収縮から、血流の悪化、必要な栄養や酸素の不足
そして、細胞内の代謝の悪化から、必要な熱を
生み出せなくなってしまいます。

 

体を温める食べ物を選ぶことで、体質改善を図ることができます

 

直接温かいものを摂るようにすることも大切ですが
東洋医学で言われているように、体を温める質をもっている
食べ物などを積極的に補うようにしましょう。

体を冷やす食べ物、温める食べ物
陰性食品として、白砂糖、夏野菜や果物、牛乳、乳脂肪、パン
陽性食品として、生姜、にんにく、唐辛子、ねぎ、玄米、塩、魚等

 

冷蔵庫を使うことが、当たり前の日本では、
冷やした食べ物や飲み物が体の熱を奪ってしまいます。

 

冷蔵庫のなかった時代では、
冷やすといっても、井戸の水で冷やすくらいで

アイスクリームや氷菓子などのように、
マイナス温度になるまで冷えた飲食物を食べることはありませんでした。

 

そうした冷たい飲食物がお腹に入ってしまうことで
体の熱を奪っていきます。

 

特に胃腸は、体の中心にある臓器です。
直接、熱を奪ってしまうようなことをしてしまうと
思っている以上に、体にダメージを与えてしまいます。

そうした、生活を何年も続けているうちに
体温が上がりにくい体質を身につけてしまったと言っても
いいでしょう。

 

なので、まずは、体温よりも低い飲み物や食べ物などは
口にしないことがまず、第一に大切なことになります。

 

 

ミトコンドリアを活性化する、数を増やす

 

人の体温を作っているエネルギーや熱源は、
細胞内の小器官であるミトコンドリアで生成されています。

ミトコンドリアでは、細胞内に取り入れたブドウ糖を
クエン酸サイクルで、酸素を使って、
ATPというエネルギー物質をつくっています。

スポンサードリンク

 

低体温状態にあるということは、
ミトコンドリアの働きがわるくなっているか、
また、その数が減っていることが考えられるわけです。

 

ミトコンドリアは、人の細胞内にありますが
一つの独立した細胞です。

その為、細胞分裂に必要な栄養素は十分に与えなくてはいけません

 

五大栄養素をバランスよく摂ること、
特にビタミンやミネラルなどの微量栄養素は過不足なく
補うようにしましょう。

特にビタミンB群やコエンザイムQ10などは
ミトコンドリアの働きを助けるので、不足しないように
補う必要があります。

 

さらに活性化させる為には、十分な睡眠、適度な日光浴、
背筋を伸ばすことや活動的であること、
また、適度に空腹感を味わうことなども大切です。

 

 

そして、十分な酸素を供給してあげること。

 

現代人は、普段は、浅い呼吸が習慣になっていることから
慢性的な酸素不足に陥っているとも言われています。

1日に何度か、深い呼吸(腹式呼吸)を意識して
十分な酸素を取り入れることが必要です。

 

 

夏期は、エアコンの温度調節や重ね着で冷えを予防

 

冷たいものをとっての冷えとは別に、
エアコンの効き過ぎによる冷えによる注意が必要です。

エアコンは使わないにこしたことはありませんが、
温暖化、特に都市のヒートアイランド現象では
エアコンを使わざるを得ないことがあります。

 

使用する場合、使温度設定に十分気をつけ、効き過ぎに注意する、

涼しいなと感じるようなら、
温度が下がりすぎている可能性があります。

オフィスなど、自分で室温調整ができない場合には、
自己防衛が必要になります。

 

重ね着をするなどして、エアコンの効き過ぎによる冷えから、
身を守っていくことが大切です。

 

 

 

生活習慣やライフスタイル、毎日繰り返されていることは
ジャブのような力になります。

それが、人の体の仕組みにあっていなければ、
時間が経過するほど、ホメオスタシスの力を削ぐことになります。

 

低体温や低血圧の状態を改善するには
食べ物の選択と同時に、電化製品などの文明の利器などの
使用にも十分配慮する必要があります。

スポンサードリンク
  • 2017 03.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp