生理痛を和らげる方法!食事法や食べ物の改善で痛みの緩和を!

この記事は3分で読めます

 

現代女性の間に、生理痛や生理に関係する不快な症状
頭痛や吐きけ、精神的なイライラ感、うつ症など様々な症状の悩みを
抱えている人が増えていると言われています。

痛みやイライラ感など不快な症状が続くことで、
仕事や家事など、普段の生活に支障がでてきてしまい、人との付き合いも
億劫になる事で、コミュニケーションに支障が出てしまうこともあります。

生理痛の不快な症状を和らげるには、まずは、食事や食べ物を中心に
生活習慣やライフスタイルを見直すことが必要です。

スポンサーリンク

 

日常生活に支障を来すほどのひどい生理痛や不快症状が
生理の凡そ、1週間前からあらわれて生理が始まると、軽快する場合を
月経前症候群、生理前から生理中も続く場合を月経困難症と言います。

子宮には、栄養や酸素を胎児に十分に送る必要があるので
毛細血管が縦横、縦横に張り巡らされていて、血液が多くたまった
状態になっています。

 

月経前症候群も月経困難症も、この子宮内の血流が悪くなることで
起こると考えられていて
、その改善には血流を良くする事が
改善につながると考えられています。

 

血流が悪くなることの原因として、考えられているのが
高脂肪、高タンパクの欧米化した食事、ホルモンバランスの乱れ
代謝に関係するビタミンB群の不足やマグネシウムの不足
それに、不自然な身体の使い方から起こる、骨盤のズレや運動不足などがあります。

 

生理痛を緩和するには、まずは食生活の改善から

 

血流を良くして、生理痛を改善するには、毎日の食生活が大切なポイントになります。
生理痛がひどい女性の多くは、傾向として、冷え症を持っている人が多く身体に冷えがあると、
血液の循環を妨げたり、体内の酵素活性を低下させてホルモンバランスを乱し、子宮や卵巣の機能を低下させます。

冷えについては、こちらを参考に!

 

糖質、脂質、蛋白質を、エネルギーに変えていくには、、ビタミンB群、クロム
亜鉛、マンガンなどが必要で、こうした栄養素は、穀物の胚芽部に多い。
なので、エネルギー源は、麦、雑穀を入れた、お米でで確保しましょう。

動物性食品は、一般に身体を温めると考えられていますが
肉食をすると赤血球が固まって血液が粘っこくなり血行が阻害されて、
かえって冷える元になります。

 

また、動物の体温は、人間よりも高い為、お肉の中に含まれている
脂が、人の血液の中では、流れにくくなり、血流を悪化させてしまいます。

生理に伴ういらいらやうつ症状はを和らげるには
脳細胞のエネルギー源となるブドウ糖を十分に確保する事が大切です。
麦、雑穀を含んだお米には、ブドウ糖の供給源としても理想的。

 

白米などの精白された穀物は、糖の代謝に必要なビタミンB群が
ほとんどないので、ブドウ糖を代謝させるのに、他の食べ物がから
取り入れる必要があります。

スポンサードリンク

 

ただ、玄米をとっても、現代人には上手に消化する力が不足していると
言われているので、玄米を2~3分づき米にして、発芽玄米にして食べるのがお薦め。

白砂糖は、吸収が良すぎることや微量栄養素が含まれていない事から
控えるようにしましょう。白砂糖のとりすぎは、一時的高血糖のあと
低血糖症を招き、脳に必要なブドウ糖が不足する為、精神的イライラ感が増します。

 

必須アミノ酸の一つ、トリプトファンからは精神安定作用のある
神経伝達物質セロトニンがつくられ、生理時のイライラ解消に役立ちます。

穀物に豆の組み合わせは、互いに不足する必須アミノ酸を補いあい
必須アミノ酸がパーフェクトで補い宇野で、主食の麦、雑穀ごはんに
必ず、納豆や味噌などの大豆加工食品を加えるようにしましょう。

 

大豆にはホルモンバランスを整えるイソフラボンも含まれているので
女性ホルモンの乱れから生理痛を起こしている人には効果的です。

月経困難症の女性は、子宮を収縮させるプロスタグランジンという
局所ホルモンの量が多いことが分かっています。

 

生理痛を緩和するために、日常生活で注意したい事

 

まずは、身体を冷やさないことが大切です。
子宮は、発生史学的には、元々腸の延長から進化した器官です。
その為、腸を冷やしてしまうと、その関係生から、子宮も冷えてしまいます。

 

2014y07m08d_143509486

 

果物は、食間に少量とようにし、水分は、体温程度の水をちょびちょび
ごく少量の自然塩を溶かして飲むといいでしょう。

刺激物なるカフェイン含有量品は、生理痛には大敵で強い利尿作用が
冷えや血行障害の原因になります。

 

足が冷える人は、5本指の靴下を使用したり、レッグウォーマーなどを
使って、足が冷えるのを防ぐようにしましょう。
ホッカイロや遠赤外線のマットなどを使って温めるのも効果的です。

お風呂は、シャワーで済ませるのでなく、
シッカリ湯船に浸かって温めるようにしましょう。
運動とストレス対策

マッサージやストレッチを行って、腰のうっ血を改善したり
ウォーキング、ラジオ体操など、毎日の適度な運動を行って血流改善に努めましょう
最近では、ラジオ体操第三の良さが見直されたりしているので
取り入れてみるのいいかもしれません。

激しい運動や重労働は女性の身体を壊し、不妊症になる恐れもあるので
注意が必要です。

 

ヨガや気功など静的な運動はストレスにも有効なのでお薦め
アロマテラピーなどを利用して、心をリラックスさせるのもいいですね。
脳をα波にして、リラックスすると副交感神経が優位になり
血管が広がることで、血行が良くなっていきます。

スポンサードリンク
  • 2016 02.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp