夏でも冷え性に?新型冷え性の原因と3つの対策方法・南雲久美子先生のお話

この記事は3分で読めます

2015y08m13d_090946217

 

冷え性といえば、寒い冬の時期を思い起こすものですが
最近では、冷たい飲食物の摂り過ぎや

エアコンなどの使い過ぎなどから
夏場なのに冷え性を抱えている人が増えています。

体は外界の変化に対応しながら、
抵抗力をつけていくものなのですが

スポンサーリンク

快適な生活を求めるあまり、かえって体のバランスを
壊してしまうことになってしまうようです。

 

冷えを溜め込むことで、
自律神経やホルモンのバランスを崩し、

強いては、免疫力を弱めてしまうことになってはいけません

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
目黒西口クリニック南雲久美子先生が出演、

現代人に増えている新型冷え性の原因や
具体的な対策方法等について、お話されていました。

 

 

南雲久美子先生のお話

 

新型冷え性と普通の冷え性とどこが違うんですか?

 

新型冷え性というのは、寒がりでも虚弱でもなくて、
丈夫な人に起こる冷え性なんです。

過度に冷房の冷える部屋にいたり、
冷たい飲食物をたくさん摂って、自分から
冷えを取り込むことで起こるんです。

 

この場合、下半身が冷えて、上半身はのぼせて汗をかくという
冷えのぼせという形で、現れることが多くて、

この冷えは、自律神経失調症を伴うことが特徴です。

 

 

具体的な原因について教えていただけますか?

 

夏は、室内と外との温度差が非常に大きくなりますので、
汗をかいた状態で、エアコンの効いた室内とか

デパート、カフェ、新幹線とかに長時間居ることが
多くなりますので、そうなると芯から冷えてしまうんですね。

 

他に、夏は入浴をシャワーで済ませたり、
素足、サンダルを履いたり、冷たい飲み物を沢山飲んだり、

汗を嫌って、体を動かすのを敬遠したりするので、
このような行動が、冷えを助長してしまうんです。

 

 

新型冷え性にならない為にどうすればいいですか?

 

体にたまった冷えというのは簡単には、
リセットされないんですね。

スポンサードリンク

ですから、冷やさない、溜め込まないということが大事です。
その為には、3つのポイントがあります。

 

まず、1番目は、飲食物に気をつけるようにすること。
2番目は、湯船につかる、3番目は運動する
体の外からも内からも温める心がけが大切なんですね。

 

 

対策の3つのポイントを具体的に教えてください?

 

1番目の飲食物に気をつけるですが、
夏は冷たい食べ物がすごく増えますので、

生姜やスパイスなどの香辛料を上手に使って、
冷やしっぱなしにならないように、
内側から温めるのが有効です。

 

飲み物は時間帯での工夫が大切なんですね。

 

日中は何でもいいのですが、エアコンの中で寝るだけの
夜については、体を冷やさないように、

ホットでも冷やす性質のものは避けるようにして、
体を温める発酵系の紅茶、プーアール茶、ココアなどを
飲むのが良いでしょう。

 

2番目の湯船に浸かるですが、

お風呂は、38度~40度のぬるめのお風呂に、
半身浴を20分以上というのが基本なんですが、

冷えのぼせで汗をかいているような人には、
この入り方は、逆効果になりますので、

時間も温度も心地よいところで十分ですから、
湯船に浸かることが大切です。

 

3番目の運動するですが、

特に下半身の筋肉が衰えてしまうと
血液を心臓に戻す力が弱まって、むくんでさらに
冷えてしまいますので、

筋肉を落とさないようにウォーキングや
スクワット、階段の昇降など
下半身の大きな筋肉を鍛えるようにすることが大事です。

 

朝夕の涼しい時間帯に、元気をキープすることが
大切ですので、心がけていただければと思います。

 

南雲久美子先生のお話はココまで

 

 

半身浴の健康効果については、
健康番組や雑誌などで紹介されていることもあり
実践している人も多いようですね。

 

南雲先生のお話にあったように
新型冷え性の人・冷えのぼせの人は、逆効果というのは意外でした。

良いと呼ばれる健康法も、
体の状態に合わせて、行うことが大切なんですね。

スポンサードリンク
  • 2015 08.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y11m01d_111228966
  2. 2015y12m31d_083219506
  3. 2015y03m19d_143831438
  4. 2016y06m10d_130244178
  5. 2015y08m25d_092532820
  6. 2015y04m30d_100530175

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp