卵の食べ過ぎでコレステロール値が上がるは間違い?低コレステロールの方が心配!

この記事は3分で読めます

2015y08m17d_185050403

 

料理には何かと欠かせない食材が卵です。
有精卵だと20日ほどで、雛が生まれるだけあって
その中身は、栄養素の宝庫です。

アミノ酸もビタミンやミネラルも
人が必要とする栄養素は全て入っている
まさに、完全な栄養食品と言えます。

スポンサーリンク

ただし、いくら体に良いといっても
食べ過ぎてしまうと、コレステロールが過剰摂取に
ならないか等が心配になってしまいますね。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授、鈴木章先生が出演し、
食材としての卵の、様々な疑問点について答えていました。

 

 

鈴木章先生のお話

 

我々の食事に欠かせない卵についてうががっていきます。
一時、卵は1日何個までと言われていた頃がありましたよね?

 

卵は9種類の必須アミノ酸を非常にバランスよく
含んだ良質なタンパク質です。

さらに、ビタミン、ミネラルなど体に必要な
様々な栄養素が含まれることから
完全栄養食品と呼ばれています。

 

卵2個で、成人が1日必要なタンパク質の
凡そ、4分の1を摂取することができることからも
是非、積極的に摂っていだきた食品と言えます。

 

 

卵を食べ過ぎるとコレステロールの数値があがると
ついこの間まで言われていましたよね?

 

これは、そもそも誤解でして、
100年ほど前に、うさぎに卵を食べさせる実験を
行ったところ、うさぎのコレステロールがあがったんですね。

 

それで、卵はコレステロールをあげる
原因だと言われたんですが、

元々、うさぎは草食動物なので、
動物性の卵を与えれば、当然、コレステロール値があがるのは
当然だといえると思うんです。

 

人間の場合は、食事から摂取するだけでなくて、
だいたい7割~8割が体内の肝臓でつくられているんです。

しかも食事からの摂取量が増えた場合には
体内でつくる量を減らしまして、一定量を保つように
調整できているわけです。

 

ですから、卵を1日に3個ずつ、
しかも、2週間食べ続けるという実験がありましたが
コレステロール値を測ってみると

ほとんど変化がなかったという結果がでています。

 

今は、食品からのコレステロールの摂取は
あまりにも神経質になる必要がないということから

厚生労働省も今年の3月に、
これまで設定していたコレステロールの摂取量の
上限値を撤廃したわけですよね。

スポンサードリンク

 

むしろ心配なのは、低コレステロールということで、
コレステロールの不足が、免疫力を低下させまして、

細胞膜や血管壁が弱くなることから
脳出血のリスク上昇や、またがんやうつ病を
引き起こすと言われています。

 

年齢を重ねて、肝臓の機能が低下すると
体内でコレステロールがつくりにくくなるんですね。

 

そういった時に、食事から摂取することが
肝臓のがんを減らすことになるという事に繋がりますので、

今まで1日1個までと言われていたことを
まったく気になさらずに、

完全栄養食品と言われる卵は、やはり
積極的に摂っていただきたいなと思います。

 

 

脳機能を高める効果があると言われていますが?

 

脳に対しても、非常に良い効果があると言われています。

栄養成分である卵黄レシチンが非常に注目をされています。

 

この卵黄レシチンの材料になるのが、
コリンと呼ばれる成分で、これが脳を活性化させて、

アルツハイマー病を含めた脳の組織の老化を
防止するという働きが期待されているわけです。

 

コリンを多く摂取したところ、
学習能力が25%アップしたという研究もありますので、
脳の機能が維持させる為にも、コリンが必要です。

それを含む卵黄レシチン、卵を摂りましょうということです。

 

 

悪玉の多い人は、あくまでも摂取制限をする必要があるんですね?

 

LDL・悪玉コレステロールの数値が
あまりにも高い場合には、やはりお医者さんとよく相談されて、
コントロールすることが必要かと思います。

特に問題がなければ、
卵は、筋肉をつくる良質なタンパク質なので、
積極的に摂ることをオススメします。

 

鈴木章先生のお話はココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

動物性の食品の代表が卵です。

人に必要なタンパク質の摂取については、
動物性のものが良いのか、植物性のものが良いのか
研究者によって意見が分かれるところです。

 

私が、教えて頂いている、自然食の先生によると

人間は、数百万年の間に雑食性を身につけてきたけど
元々は、草食動物の遺伝子からスタートしているとのこと

 

なので、動物性の食品については、
上手に消化ができない人が多いという話でした。

卵は、確かに完全栄養食品です。
但し、うまく消化吸収されるかどうかが味噌です。

 

卵を食べて、もし、おならや便が
腐敗している臭い、硫黄のような臭いがしたなら
うまく消化ができていない可能性が大きいです。

こういった点にも注意しながら
卵を食べるようにするといいですね。

スポンサードリンク
  • 2015 08.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017y01m13d_140208605
  2. 2016y03m19d_113740261
  3. 2016y08m05d_204254294
  4. 2015y12m26d_110242795
  5. 2015y09m14d_101657852
  6. 2015y08m06d_093235609

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp