骨密度を増やす方法!食事の改善・サプリメント・骨打撃でピエゾ電流を流すこと

この記事は3分で読めます

2015y08m19d_145442173

 

骨密度が低下し、骨が脆くなってしまうと
ちょっとしたことから骨折してしまうということにも
なりかねません。

特に高齢者の場合、大腿部を骨折してしまうと
そのまま寝たきりの生活を送ってしまうことにもなります。

スポンサーリンク

骨密度は、整形外科や、地域によっては
保健所などで、測定することもできます。

もし、骨密度を測定してみて、結果が思わしくなく
将来、骨粗鬆症になるリスクが高いと判定されたら
早めに対策をうっておくことが必要です。

 

最近は、骨粗鬆症専用の良い薬が開発されているようですが
薬には、副作用がともなうものです。

できれば、食生活や運動、さらに骨密度をあげる為の
チョッとした刺激を骨に与えることなどを、
日頃から行っておくことで、骨粗鬆症の予防に備えておきましょう。

 

 

骨密度をあげる方法・食生活の改善

 

骨の主成分はカルシウムとコラーゲンです。

カルシウムは骨だけでなく血液や筋肉、
神経組織にも存在していて、
男性なら1.2Kg、女性なら凡そ1kg程あります。

その99%が骨に蓄えられていて、残り1%が血液の中を移動して、
人の生命維持に必要な活動を行っています。

 

体の中の生命活動の多くは、
カルシウムイオンの出入りによって行われています。

その為、カルシウムイオンが不足すると、
骨のカルシウムは血液に溶け出して生命を維持しようとします。

 

食事から十分量のカルシウムが摂れていれば
血液から骨へとカルシウムが送られていき骨量が増えていきます。

但し、体の中に取り入れたカルシウムが正しく作用するには、
ビタミンDとマグネシウム、それに亜鉛が欠かせません。

 

カルシウムは筋肉を増強させますが、
マグネシウムは筋肉をリラックスさせます。

その摂取バランスは、2対1がベスト言われています。

 

ビタミンDは煮干や鮭、干し椎茸など、
ビタミンDを豊富に含んだ食べ物からできるほか、

紫外線にあたると皮膚でつくられて肝臓に蓄えられいき、
カルシウムの吸収を高めます。

 

そして、これらの連携がうまうく行くためには、
小腸が正常に働いて消化が良い状態である必要があります。

 

冷たい飲食物を常習したり、多くとっていると
腸の温度を冷やすことになり、消化吸収能力を弱めます。

人は、雑食性を獲得していますが、
元々の食性は、草食動物が出発点です。

 

その為、動物性タンパク質の摂り過ぎは、
腸で上手に消化ができずに、未消化のままであったり

スポンサードリンク

冷たい飲食物を摂った時のように
消化に負担がかかることから、必要なミネラルが
消化しにくい状態にあると言えます。

 

また、カルシウムの摂取には、
牛乳を飲むことがすすめられることが多いですが、

牛乳を飲むことで、逆に、骨量が下がってしまうことが
あると言われています。

 

生理的には牛乳は人に合わないと唱えている学者も多いです。

現に日本人の多くは乳糖不耐症であるため、
上手に消化することができず、その人の許容範囲を超えてしまうと
下痢症状を起こします。

 

カルシウムが十分に摂取できないだけでなく
体の中の、カルシウムまで、余計に排出してしまうことが
あることもわかっています。

 

塩分と糖分の摂取にも注意が必要です。
塩分を大量に摂ると尿になって排泄されますが、
カルシウムはこのとき一緒に排泄されてしまいます。

また、砂糖、菓子、甘味飲料などは
骨密度を低下させるリンを多く含むので、控える必要があります。

 

骨形成に必要なカルシウム、マグネシウム、亜鉛、
ビタミンD等を食べ物だけで、
補うことが難しいという感じがあれば、

必要なビタミンやミネラルを総合的に含んだ
サプリメントを利用することをオススメします。

 

骨密度をあげるための食事法をまとめると
腸の吸収率を悪くしないこと、体のなかのカルシウムを
排泄してしまうような食べ物を摂らないようにすること

そして、食性に合った範囲の中で、
栄養素(五大栄養素+食物繊維+抗酸化物質)をバランスよく
摂ることが大切です。

 

 

骨密度を上げるための工夫・骨打撃

 

お相撲さんは、皆、骨太です。
彼らは、日頃、練習でぶつかり稽古しているため
絶えず、骨に刺激を与えているからです。

せっかく取り入れたカルシウム、マグネシウム
亜鉛などの骨の材料も、骨に付着していかないと
意味がありません。

その為に行う方法が骨打撃です。

 

足のかかとの骨を木槌を使って、左右50回ずつ
叩いていく方法です。

 

100円ショップに売っている木槌を買ってきて
目に付くところにいつもおいていて

せっせと、かかとの骨を叩くようにしましょう。

 

骨打撃によって、ピエゾ電流がながれ
骨芽細胞が骨をつくるときに、必要なミネラルを
取り入れていくということです。

カカトを叩く時は、コツコツと音がでているか
どうかが大切で、肉を叩いてもピエゾ電流は起こりません。

スポンサードリンク
  • 2016 03.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y09m15d_192328443
  2. 2015y02m16d_192943234
  3. 2015y09m09d_092709973
  4. 2016y01m15d_084831957
  5. 2015y05m07d_092618077
  6. 2015y04m07d_140108078

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp