男性更年期障害の年齢的症状の特徴とは?対策はテストストロン値を上げること!

この記事は2分で読めます

 

更年期障害と言えば、女性を連想してしまうことが
多いですが、ストレスによるホルモンバランスの乱れ等から

最近では、働き盛りの男性の間にも
女性のような更年期障害の症状を訴える人が増えてきました。

この男性の更年期障害は、加齢男性性腺機能低下症候群
略して、LOH(ロウ)症候群と呼ばれています。

スポンサーリンク

女性の場合は、エストロゲンの減少が関係していますが
男性の場合は、テストステロン値の低下が関係しています。

 

幼虫がサナギになり、美しい蝶へと変身していきますが、
その変化の原動力はホルモンの作用によります。

ホルモンは、極々微量の変化であっても
体調を崩し、精神バランスを失わせ、時として生きる意欲を
奪ってしまうなどの作用があります。

 

 

テストストロン値の低下により様々な症状が現れます

 

体に現れる症状としては、、疲労感、睡眠障害、肩こり、
頭痛、寝汗、顔のほてり、動悸等があります。

心・神経症状では、気力、集中力や記憶力の低下、
不安や抑うつ感、仕事に身が入らない、寝起きが悪い等があります。

性機能に関係する症状としては、性欲の減退、
EDなどの性機能低下等です。

 

年代的には、50代、60代に多く見られますが、
現代では、中間管理職にあり過度なストレスを感じる
40代の人にも増加傾向が見られます。

 

まだ、若い頃であれば、ストレスを跳ね返せていても
加齢とともに抵抗力が徐々に弱まっていき、精神面での不調が
目につくようになります。

そして、40代後半から50代にかけては、
こうした負のエネルギーが反応性うつという症状として
現れることが多くなります。
まだまだ、肉体的には踏ん張りが効く年齢では
精神的な影響を受けやすい傾向にあります。
ところが、60歳を過ぎてくると、精神神経症状よりも、
身体症状や性機能低下が強く現れやすくなるということです。

 

男性更年期障害で、大切な事は放置しておかないことです。

スポンサードリンク

 

 

テストステロンの分泌量が減少してくると
内臓脂肪がつきやすくなり、それが、動脈硬化を促進させ、
高血圧や糖尿病など、メタボの危険度が増して行くことになります。

ショッキングなことですが、テストステロンの減少量が
著しいと生存率が低くなってしまうという報告もでています

 

 

病院での治療法としては、ホルモン補充療法が主になります。
これは、テストステロンを薬として補充していく方法です。

エナルモンデポーと呼ばれる製剤を、3週間に1回の割合で、
注射していきますが、半年から1年程の期間を経ると
症状も改善するとされています。

 

その後の、テストステロンの低下状態により、
継続して、治療が行われることが多くなるようです。

※ エナルモンデポーは、保険適応になります。

 

 

食生活やライフスタイルを変えていく事も必要です

 

ストレスがあるとついつい、食べ過ぎてしまう
ということがあるかもしれませんが、肥満になってしまうと
テストステロンの分泌量が低下していきます。

 

食事は、楽しく、良くかんで食べることです。
肥満の原因になる糖質を抑えるようにし、ホルモンの原料となる
タンパク質は、シッカリ摂ること、

そして、腹七分目を意識して食べるようにしましょう。

 

また、寝る、3時間前には食べ物を口にしないことです。

好奇心を刺激するような生活、ワクワク感を感じるような
生活をすることで、自然とテストステロンの分泌量も増えます。

 

元気がなくなって、テストステロンの分泌量が
減ってきたなら、逆に空元気でもいいでの、姿勢を
正すことからはじめてみても良いかもしれません。

事実、姿勢を正すこと(腰骨を伸ばす等)で、筋肉が鍛えられ、
血流がよくなり、気分が改善され、元気がでてきます。

 

ストレスがあるとついつい生活パターンが乱れてしまいます。
自分なりのパターンを立て直して見ることです。

パターン化した生活が、意外と力になるものです。

スポンサードリンク
  • 2016 03.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp