歯周病予防を目的としたマウスウォッシュの効果を上げる為の歯のケアとは?

この記事は3分で読めます

 

歯周病予防を目的に、市販されているオーラルケア製品というと
マウスウォッシュやデンタルリンスがあります。

既存メーカーの商品設計では、
マウスウォッシュについては、口をすすぐだけで
結果を得られるようにしていますし、

デンタルリンスでは、ブラッシングずることで
その効果を上げるような設計をされていると言われています。

スポンサーリンク

実際、歯を磨くより、手軽に歯のケアができることから
これらオーラルケア製品を愛用している人も
多いのではないでしょうか?

 

ただ、歯科医師の意見によると
マウスウォッシュやデンタルリンスの使用においては、
一定の効果があると認めながらも、

あくまでブラッシングの補助として用いるべきとしています

 

歯の表面や唾液の中の歯周病菌を減らす効果はあっても
歯と歯茎のすき間やむし歯ができている部分には
あまり効果がないということです。

オーラルケアでは、ていねいなブラッシング
勝るものはないということなんですね。

 

それでも、マウスウォッシュを使用したい場合は、
キシリトールやフッ素入りの製品がススメられています。

そのどちらにも、むし歯の発生を防ぐ働きがあります。

 

キシリトールは、ガムやタブレットなど、
フッ素は歯磨き粉やマウスウォッシュ、スプレーなどで
市販されています。

 

 

歯周病予防の為には、こうしたオーラルケアのほかに、
食事のとり方に気をつけるべきで、特に、時間を決めないで
だらだら食いは避けたほうが良いということです。

 

口の中の酸性度はほぼ中性の状態に保たれていますが、
食事後は一時的に酸性に傾き、むし歯になりやすい状態になります。

口の中をできるだけ中性に保つためには、規則正しく食事をして、
食事と食事の間は、十分に時間を空ける必要があります。

 

間食の回数が多かったり、口の中に飲食物が残っている状態が
長く続いてしまうと虫歯になりやすくなります。

どうしてもおやつを食べたい時は時間を決めてとることです。

スポンサードリンク

 

また、よく噛むことも必要です。

 

噛むことによって唾液の分泌が促されます。
唾液には、口の中を洗い流したり、酸によって溶けた歯を
修復する役割があります。

食間に10分程度ガムを噛むのが効果的です。

 

 

ちなみに就寝中は、唾液の分泌量が減少するため、
口の中の細菌が増えやすい状態になります。

メーカー側では、殺菌成分配合のデンタルリンスを使って、
就寝前のケアを行うことを推奨しています。

 

 

 

しかし、自分で行う歯周病予防のケアでは、
どうしても、限界があります。ある程度のことができても
完全にという風にはいきません。

定期的に歯科医院で検診を受け、歯科衛生士に
クリーニングをしてもらうのがベストな方法です。

 

歯科でのクリーニングでは、PMCTと呼ばれる方法が行われます。
歯磨きでは落としきれない歯周ポケットや
歯の根元の部分の汚れを専用機器を使って磨く方法です。

そして、歯周病やむし歯の原因となるバイオフィルム
定期的に歯科衛生士の手で除去することで、
細菌が悪さをするのを防ぐことができます。

 

ちなみに、バイオフィルムは、細菌や微生物が
集まってできたもので、ネバネバした塊のことです。

こうした、自分では落としきれない汚れは
定期的なケアが必要になります。重症の場合は1ヶ月ごと、
おすすめは3ヶ月に1度ということです。

 

 

 

歯周病で歯を失ってしまうと
寿命や認知機能に大きく影響を与えてしまいます。

様々な国のデータで、歯の本数が多く残っている人ほど
全身疾患のリスクが低く、長生きになるという
ことがわかっています。

 

どうしても、柔らかいもの好んで食べますし、
噛む回数も減る、そして唾液の分泌が少なくなることから
免疫力の低下も関係していきます。

噛む回数が減ってしまうことで、
脳への刺激も少なくなってくるわけですね。

 

芸能人は、歯は命といいますが、
普通の人にとっては、歯は生命そのものかもしれません。

高齢化社会が本格的になるにしたがって
オーラルケアの価値は、ますます高まっていきそうです。

スポンサードリンク
  • 2015 08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp