膝痛の予防と再発させない為のストレッチ運動!太ももの筋肉も鍛えよう!

この記事は2分で読めます

2015y08m27d_160337767

 

二足歩行を始めた人間にとって、
体重を支える膝関節や股関節が、年とるに従って、
次第にすり減り、痛んでくるのは宿命です。

歩く時には体重の2~3倍、膝に負担をかけますし
階段を登ったり降りたりする時には、
さらに5~6倍も負担をかけることになります。

スポンサーリンク

整形外科で行われる膝痛の治療では、
痛みを抑えることを目的に、適度に安静を保ち、

膝への負担をコントロールし、薬を使って、
炎症を抑える処置がとられます。

 

関節液や軟骨に含まれるヒアルロン酸という成分は、
潤滑油のように関節の働きを滑らかにし、
衝撃を吸収するクッションとしての役割をもっています。

ヒアルロン酸の注射を1~2回程行えば、
1~2週間ほどで痛みから開放されることが多いです。

 

実は、治療がうまくいって膝痛が収まってからの
この時期が特に大切になってくるわけです。

 

何となく、痛みがあるかないかの状態が状態の時に
シッカリと膝のケアをしておかないと、後で炎症を繰り返したり、

膝関節の変形が進んでしまったり、完全に歩くことが
できなくなって、その後、寝たきりという事も考えられるわけです。

 

関節炎を起こしたことがきっかけになって、
膝回りの筋肉や靭帯、筋などの組織が硬直化していくと

次第に柔軟性が失われていく事になり、
ちょっとした動きからでも、痛みを発しやくなります。

 

そして、炎症が慢性化してくると、
関節の老化もかなり進んだ状態にあると言えます。

膝痛の痛みが緩和しているこの時期のケアが大切です。

 

その方法としては、柔軟性を保つようにすることです。

関節周囲の血流を良くすることです。
マッサージや温熱療法などでも血流改善の効果がありますが

手軽にできる方法としてオススメなのが
ちょっとした時間を使って、自分で行うストレッチです。

 

 

オススメストレッチ
2015y08m27d_155609026

スポンサードリンク

 

ためしてガッテンで話題になった膝のお皿のストレッチ

 

2015y08m27d_155444597

 

ストレッチ運動も慣れていないと
痛みも伴い、恐る恐るになると思うので

最初から、長時間行わないのがコツ。

無理をしないことと、継続させることがカギです。

 

その他、お風呂に入っている時ににのぼせない程度で、
正座の練習をするといったことを毎日繰り返す事も効果的。

膝を力いっぱい、そしてゆっくり伸ばしても
違和感がなくなる、最後は綺麗に正座ができるようになれば
OKですね。

 

 

太ももの筋肉を鍛えて痛みを緩和

 

大腿四頭筋という、膝上の太ももの筋肉を鍛える運動です。
膝にかかっている負担をこの筋肉でカバーしようというものです。

椅子に腰掛けた状態で、背筋をまっすぐ伸ばして
片足をまっすぐ伸ばします。

 

かかとに力を入れて、突き出すように伸ばすのがコツ
10秒~15秒程静止させて、その後ゆっくり下ろします。

この運動を左右別々、無理のない回数からはじめて
徐々に回数を増やしていくようにします。

 

この運動、知り合いの整体師の先生に教えてもらいましたが
慣れてきたら重りになるような物を足首につけて行うと
筋肉のつきも早くなります。

膝の痛い人に教えてやってもらっているようですが、
膝痛が改善された方が多くいるそうです。

 

 

膝痛がうまく改善したかどうかの目安

 

1、30分以上無理なく歩けるようになった
2、階段を上り下りしても痛みがない
3、何かにつかって、片足でくりスクワットができる

以上3点ができるようであれば合格です。

 

高齢者の場合は特に、生活の質が下がらないように、
膝痛から老化、転倒、寝たきりとならないような心がけが必要です。

 

膝の痛みが気になって、かばって歩いたりしていると
重心線姿勢が悪くなり、正常な腰の反りがなくなって、
背中が丸くなり、その分膝の負担も大きくなってしまいます。

痛みが気にならないように、回復させたいものです。

スポンサードリンク
  • 2015 08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y08m10d_100217955
  2. 2015y12m22d_084540340
  3. 2016y06m10d_130244178
  4. 2015y10m22d_094050467
  5. 2016y05m18d_135144810
  6. 2014y08m01d_161657545

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp