心筋症の原因にアルコールによるダメージが?心房細動に繋がる危険性

この記事は3分で読めます

2015y08m27d_193152638

 

酒は百百の長というのは一理ありますが
個人差があるにしろ、度を越えてしまうと肝臓だけでなく
心臓を動かしている心筋にもダメージを与えてしまいます。

特に40歳を過ぎて、仕事もバリバリ
お酒もかなりいける口の人は、特に気をつけないといけません。

スポンサーリンク

過度な飲酒が原因で、心臓を移植しなくてはいけない
事態にもなりかねません。

 

適度な飲酒は、虚血性心疾患のリスクが下げます。

これは、アルコールの善玉コレステロールを増やす作用と
血小板の凝集を抑える作用がなどが関係しています。

但し、一定量に限ってです。

 

逆に、過度な飲酒は、心臓に悪影響を及ぼします。
心筋症という心臓の病気の原因のひとつは飲酒にあります。

 

 

心筋症はどんな病気か?

 

心臓は筋肉でできた臓器で、この筋肉が一定のリズムで
収縮を繰り返すことで、全身の細胞に血液を送っています。

心筋症は、この心筋が何らかの原因で心臓が収縮しにくくなり
心臓のポンプ作用がうまく機能しなくなる病気です。

 

心筋症には、心筋が肥大して厚くなる肥大型と
逆に、薄くなってしまう拡張型の二つのタイプがあります。

いずれにしても、心筋が正常に働かなくなってしまいます。

 

アルコール性心筋症は、お酒が持っている毒性が
心筋にダイレクトに作用し、心筋が弱く、薄くなることで
心臓の働きが悪くなっていくわけです。

但し、アルコールがどのようなメカニズムによって、
心筋を弱らせていくのかということについては、
現在のところ、まだハッキリ解明されていません。

 

心臓ポンプの働きが弱くなってくると、全身の細胞に十分な
血液が届きにくくなることから、酸素や栄養素が不足し

そして、代謝が悪くなることで、だるさや息切れ、
動悸とった症状がみられるようになってきます。

 

アルコール性心筋症と呼ばれるものは、
日本酒なら1日4~5合以上10年続けている人で、
他の原因となる理由がない場合に診断されます。

スポンサードリンク

 

一度ダメージを受けた心筋の組織は元に戻りませんが、
心筋症の原因となる要因が取り払われれば、
心臓の機能はある程度まで回復します。

まずは、何を置いても断酒することが治療の第一歩です。

 

 

症状が強い場合は断酒と並行して、
症状を抑える為の薬物治療が行われます。

但し、重症化した心筋症になると、
断酒や薬物治療だけでは心臓の機能は回復しません。

 

またこの場合、必ず不整脈も同時に発生しているので治療は
難しく、人工心臓や心臓移植によらなければ
延命できない状況になってしまうというわけです。

 

そうならない為にも、お酒の量は、適量に済ませておく
習慣をつけておくことが大事になってきます。

「酒は飲んでも飲まれるな!」なんですね。

 

 

私の父も、心筋症の一歩手前までいっていました。
もともと、飲める体質ではなかったのですが、

仕事の付き合いで、ある程度飲めるようになったのが
きっかけになり、その後、ストレス解消もあったりして、
あびるように飲んでいたわけです。

 

定年退職して、やっとお酒から開放された感じでしたが
心臓には、かなりのダメージを与えてしまいました。

 

 

心房細動から脳梗塞の危険性が

 

心拍の電気信号をコントロールしている細胞は、
アルコールの毒性に弱いと言われています。

なので、飲酒する人は、心房細動を起こしやすいと言われています。

 

普通は、心房細動が起こっていると、
血圧の降下から、息苦しさなどの症状に気づきますが

アルコールが入っていると、感覚がマヒして
体の異変に気がつかなくなってしまうところです。

 

心房細胞によって、できた血栓により
脳梗塞を起こしてしまうリスクが高まるなど
生命の危険が増すなど、ほんと、気をつけないといけません。

 

兆候として、アルコールを飲むとドキドキする
階段を登るのがつらい、疲れやすいなどの症状がある人は
一度、専門医での診断を受けたほうがいいでしょう。

できるだけ早い段階で、Uターンすることが大事です。

スポンサードリンク
  • 2015 08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m13d_151253547
  2. 2015y11m19d_084314137
  3. 2015y04m29d_091551836
  4. 2015y10m29d_144021177
  5. 2015y09m28d_085200707
  6. 2016y01m29d_103838918

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp