腸内フローラが脳をコントロール!うつ病・自閉症やメンタルの改善に影響

この記事は3分で読めます

 

腸は第二の脳といわれるほど、脳と密接な関係があります。
この関係は腸脳相関と呼ばれ、血液を通して
お互いに影響を与え、補完しあっている間柄です。

進化の過程からみると、脳の起源は腸から発達してきたもので
腸自体が自ら考え指令を出すとも言われています。

スポンサーリンク

 

 

脳との密接な関連をとりながらも、
独立して考えているところがユニークなところです。

そして、腸の働きに影響を与えているのが腸内フローラ。
腸の中で生息している細菌たちの生態系のことを言います。

よく言われる、善玉菌、悪玉菌のパワーバランスになります。

 

 

腸内フローラが脳内ホルモンの分泌関係

 

脳は1000億個もの神経細胞により
外部の環境変化に適応すべく、
複雑なネットワークを形成しています。

 

喜びや感動などのプラスの感情や
恐れや不安などのマイナスの感情は、セロトニンや
ノルアドレナリン等の脳の神経伝達物質の分泌に関係していますが、

神経伝達物質の元々の起源は脳ではなく消化管です。

 

幸せ物質、やる気物質といわれるセロトニンやドーパミン、
覚醒を促したり集中力を高めるノルアドレナリン、
アドレナリンなども腸でつくられます。

脳にはこれらの前駆体が運ばれますが、
前駆体は乳酸菌など腸内細菌がつくるビタミンB6や
葉酸がないと合成できません。

そして、これらの前駆体を運ぶのも腸内細菌です。

 

動物実験でも、臆病で不活発なマウスと
好奇心旺盛で活発なマウスの腸内細菌を入れ替えると、
性格が入れ替わったというデータや

豚に乳酸菌を与え続けると、病気がちの豚が元気になり、
肉質もよくなり、性格も穏やかになったというデータ等、
いろいろな報告がされています。

 

老人が入院して、点滴治療が長引くとボケてきたりするのも
腸の神経細胞の活動が低下した結果です。
すなわち、脳の刺激が弱まってしまうからです。

 

脳と直結している腸の働きが停滞してしまうと脳が老化します。

 

 

うつ病や自閉症、さらに認知症にまで影響を

 

今、うつ病や自閉症、認知症などが増加している背景には、
腸内細菌の数が少なくなり、

腸内フローラというお花畑が荒れてしまっていることも
大きいと考えられるようになっています。

スポンサードリンク

 

実際、腸内フローラのバランスは、
うつ病や認知症、自閉症などとも関係している可能性が
大きいとされ、医学的なアプローチも始まっています。

 

例えば、自閉症の場合
多くの自閉症の小児には、大人になるまでに
持続した胃腸障害がみられている事や

多くの研究で、胃腸障害を管理することにより、
行動が改善することが報告されています。

 

腸内細菌叢の変化は食事パターンではなく
自閉症の症状の存在と関連していたことが明らかになっています。

便を移植することで、自閉症が改善された?

 

うつ病の場合は、セロトニンの分泌不足が
関係していると言われていますが、

腸内には、90%の割合で存在しているという
この数値からも腸内フローラがうつ病の発症に影響を
与えていることがわかります。

 

 

 

根が腐っていると、植物は育ちません。
腸内フローラの良し悪しが、体の健康を支えています。

腸内環境が良いか悪いかの知らせは、排便の状態でわかります。

 

「山吹(やまぶき)の長刀(なぎなた)
1本紙いらず 量が多くてにおいまた良し」

 

どれだけ理想的な便がでているかを目安にして
食生活やライフスタイルを見返す機会にしましょう。

最近、腸内細菌のことがいろいろと注目されるようになってきていますが
まだまだ、認識が低いのかのしれません。

 

腸内細菌の数は、人の細胞数よりも圧倒的に多く、
そのパワーがどこまであるのかは、
まだ、ハッキリとわかっていないのが現状です。

 

不食の人、1日に青汁一杯だけでも、
必要な栄養素を生み出しているわけです。

森美智代さんのインタビュー動画

2015y08m30d_113142830

 

そういったことを考えると腸内細菌に
支えられて、人の体は生きていると言えますね。

また、食生活の改善とともに、
感謝の心(9ミクロンのエネルギー)が良い波動となって、
バランスのとれた腸内フローラをつくってくれます。

 

<関連記事>
腸内フローラを整える食べ物とは?食物繊維と発酵食品の積極的な摂取を!

スポンサードリンク
  • 2015 08.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp