夏の疲れと秋バテから体を回復させるオススメ料理!鈴木章先生のお話

この記事は2分で読めます

 

猛暑からやっと開放されたと思ったら
何となく体がだるい、食欲がわかないなどの
体調不良を感じることが多くなります。

季節の変わり目は、気温の上下動の変化が大きくなったり
夏場から秋にかけては、日照時間が次第に短くなることで
気分的に落ち込み気味になるものです。

スポンサーリンク

数年前から秋バテなどの言葉がでてくるくらい
この時期の過ごし方によって、体の調子も変わってきます。

 

食べ物が美味しい季節になります。
今のうちにシッカリ体調を整えておきたいものです。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授の鈴木章先生が出演し、

食欲が落ち気味になりがちなこの時期の
食べ物のとりかたなどについて、お話されていました。

 

 

鈴木章先生のお話

 

この時期、食欲がない人はどうしたらいいですか?

 

夏に食欲が落ちますと
そうめんなど糖質の多い食品に偏りがちなんですが、

そうめんを食べるような場合には、
ビタミンB1を含みます豚肉の冷性しゃぶしゃぶなどを
添えるとよろしいかと思います。

 

特にビタミンB1は、疲労回復効果がありますので、

ビタミンと聞くとどうも野菜とか果物から
摂るというイメージが非常に強いと思うんですけど、

ビタミンB1を多く含む代表的な食品が、
豚肉ということなんですね。

 

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるサポートをしますので、

そうめんもそうなんですが、日本人は、お米が主食ですから、
糖質を多く摂る傾向になりますよね。

 

その為にも糖質の代謝を助ける
ビタミンB1を意識的に摂取するということが
大切であるということです。

 

特に夏場は清涼飲料水やアイスなど甘いものを
糖分から摂取する機会も多いものですから、

必ず豚肉料理を食べることを心がけることを
オススメしたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

調理法などはどうでしょうか?

 

調理法でいきますと、
簡単にいうならば、エアコンなどで、
体を冷やしすぎて、体調がどうも悪いという場合は、

豚の生姜焼きなどで、
体を内側から温めるのがよろしいですよね。

更に、ビタミンB1の疲労回復効果を活かすには
豚肉をネギやキムチ、ニンニクと合わせると
よろしいかと思います。

 

これらのネギ類には、
アリシンという成分がありまして、

これが糖質を完全燃焼することでエネルギー量を増しますので、
ですから、これらのものを一緒に摂ることによりまして、

 

通常のビタミンB1より、吸収効率が良くなりますので、
疲労回復やイライラ防止効果には
さらに良いということで、

ですから豚キムチのような、
組み合わせは、非常に理にかなっていると
考えることができると思います。

 

タンパク質をシッカリ摂ることと
適度に運動を行うことで健康的なダイエットできますね?

特にタンパク質は筋肉をキチッとした形で
持続させてくれますので、

ここがやはり一番の基本だろうと思います。

 

あとは、運動したあと野菜をシッカリとって
バランスを取るこういうことになりますね。

常にバランスをとるということが大切なんです。

 

鈴木章先生のお話はココまで

 

 

個人的には、牛肉より豚肉の方が好きなんですが
牛肉も豚肉も、GCを増やしてしまい、動脈硬化を進行させる
リスクが高くなることがわかってきています。

肉食動物並みの、消化酵素をお持ちの方は
いいのでしょうが、翌日の大便が臭くなってしまうようであれば
少し食べ過ぎになっているかもしれません。

 

美味しいものを食べるのも、
楽しみの一つでありますし、そのためにも
どのくらいの量だったら自分は大丈夫か?

などの感覚は持っておいたほうが良さそうですね。

夏の疲れは豚肉料理で解消!疲労回復レシピ

スポンサードリンク
  • 2015 08.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp