冷えのぼせの赤ら顔を改善するには?東洋医学・漢方での血流改善が効果的

この記事は2分で読めます

2015y08m31d_193828606

 

冬場に多いとされえる冷えのぼせ、
しかし、クーラーがよく効いた部屋で
過ごす機会が増えたこともあり、

夏場であっても冷え症から冷えのぼせに、
かかっている人も多いようです。

また、更年期前の女性に多いというイメージがありますが
女性よりも少ないものの男性にも冷えのぼせの
悩みを持っている人が増えているとも言われています。

スポンサーリンク

冷えのぼせは、冷え症よりも
更に一段、症状が悪化した状態のことをいいます。

 

 

冷えのぼせはどうして起こるのか?

 

冷え症は、血行不良が根底にあります。
自律神経の体温調節ができていないことが冷えを助長させますが、

冷えののぼせは、季節の変わり目など、気温差が大きくなる
時期をキッカケに、自律神経がバランスを
崩すことなどから起こります。

自律神経の乱れは、特に手足や臓器の抹消循環を悪くさせます。

 

血行不良を起こしている箇所は、温度が低くなりますが
冷えの影響が大切な脳に及ぼさないように
自律神経は、血液を脳へと優先して回して行くことになります。

体は次第に冷えてくるのに頭だけは
血液が循環してくるため、熱を帯びる感じとなり
のぼせた感じがしてくるというわけです。

 

 

冷えのぼせで赤ら顔になるのは何故?

 

冷えのぼせの特徴として、赤ら顔がありますが、
これは、体の熱バランスが崩れ、
上半身に熱が集中することから起こります。

 

例えて言うと、逆立ちをしている状態です。

誰でも、逆立ちすれば、重力の作用で、
血液が頭に向かっていき、その結果赤ら顔になります。

 

冷えのぼせで見られる赤ら顔は、
逆立ちしていなくても血液が上半身に向かい、
逆立ちと同じ状態になっているということです。

スポンサードリンク

手足等の抹消循環に流れるはずの血液が上半身に
向かっているわけです。

 

なので、いくら頭を冷やしても解決することはなく、
根本的な改善策は、血流が体の中を均等に、
循環していく流れをつくっていくことです。

 

特に冷えのぼせは、重力ではなく、自律神経のアンバランスが
根底にあるわけですから、如何にバランスを整えるかにあります。

環境要因であれば環境からアプローチを行い
精神的なストレスが関係している場合は、
自分なりのリラックス法を見つける必要があります。

 

 

東洋医学・漢方からのアプローチ

 

血液の流れがよくなると自律神経のバランスも
自然ととれてくると東洋医学を専門としている先生が
言われていました。

自律神経をコントロールすることは
心の分野が関係しているので難しい面がありますが
血流の改善であれば、いろいろ手段はあります。

 

体全体を見て、その人にあった処方を行うのは
漢方の得意なところです。

 

2015y08m31d_191756800

記事引用元:きぐすり.com
http://www.kigusuri.com/kampo-care/001-8.html

 

冷えたところをお灸で温めるのもオススメです。

私は、枇杷灸を習ったことがありますが、
冷えたところを温めて、血流を改善させるということでは
凄く効果があったことを体験しています。

ただ、一度だけではダメで、
しばらく続ける必要はあります。

 

もちろん、食生活を中心に、体を冷やしてしまう
習慣がないかどうかチェックしてみて、
できるところから改善していく必要あります。

スポンサードリンク
  • 2015 08.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y09m09d_194138878
  2. 2015y05m13d_103407484
  3. 2015y08m26d_192911840
  4. 2016y01m15d_084831957

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp