デトックス効果を上げ有害金属を排出するにはミネラル不足の解消を

この記事は3分で読めます

 

有害な物質や有害な金属が気づかないうちに溜まってしまい、
頭痛やめまい、疲労感など原因の特的できない
体の不調を感じている人が現代人には多いと言われています。

体の中に入ってくる有害物質は、口からだけではありません。
皮膚からの経費吸収、大気汚染により呼吸からでも
有害物質が蓄積していきます。

スポンサーリンク

体の排出能力が正常に働いていれば、
少々の毒物もシッカリ排出していくことができますが

その能力が弱まっていたり、体が想定している以上の
毒物が入ってしまうと、そのまま体内に
溜まってしまうことになるわけです。

 

排出されずに体の中に溜まった有害物質や有害金属が
さまざまな悪さをしていることががわかってきたこともあり
数年前からデトックス人気が続いています。

ゲルマニウム温浴や岩盤浴などの施設は
毒素が排泄されるといってブームになっています。

 

スマーティなどデトックスを目的にした
健康器具なども根強い人気を集めているようです。

 

 

デトックスは、主に有害金属を排泄することです。

 

鉛や水銀、カドミウム、ヒ素などの重金属は、
過剰に蓄積すると、さまざまな不調や障害をもたらします。

 

鉛がたまると、子供は感情障害を起こしやすくなり
我慢ができずに切れやすくなったり、学力低下につながります。

鉛や水銀は中枢神経に働きかけ、脳細胞にダメージを与えます。

 

特に前頭前野が侵されると、思考が断片的になり、
何か問題があった時に正常な判断ができなくなり、
イライラしたり、ガマンがきかなくなったりするといわれます。

また、鉛や水銀に限りませんが、有害金属がたまってくると
引きこもりの原因にもなるということです。

 

そして、アレルギーの原因になるばかりか、
肌荒れやにきびを引き起こし、代謝も悪くなることから
太りやすくなり、ダイエットしにくくなってしまいます。

そういったこともあってデトックスダイエットが
人気を集めているわけです。

 

 

有害金属は、主に便や尿から排泄されます。

排泄される割合を見てみると、便から約75%、
尿から20%、汗から約3%、爪、髪からは約2%になっています。

腸内洗浄がデトックスに効果があると
見られるのは、この割合からも見てとれるわけです。

スポンサードリンク

 

 

ミネラル不足を補って、栄養素全体でデトックスを

 

体にもともと備わっていた排出能力を上げていくには、
細胞が代謝するのに必要な栄養素を
バランスよく摂ることです。

特にミネラルバランスを整えて、
体の排泄能力を上げていくことが必要です。

 

長年かけて蓄積されてきた有害金属や有害物質を
体外に排出するにはミネラル等の微量栄養素が必要です。

 

ミネラルは体の中でつくることができない栄養素のため、
必須なものは必ず補わなければなりません。

体の中に入ったミネラルはイオン化され自由に動けます。
そして、掃除屋として有害金属の排出に力を発揮するわけです。

 

また、体の中では様々な化学反応が行われていますが
その中核となっているのが酵素です。

体内には2000種ほどあると言われています。

 

そして、その働きを支えているのがミネラルです。
抗酸化酵素の代表のSOD酵素は、銅、亜鉛、マンガンなどの
ミネラルがないと働くことができません。

 

体内のミネラルバランスがとれていれば、
セレニウムは水銀を、亜鉛はカドミウムを

拮抗作用によって、ヒ素、アルミニウム、
鉛、水銀など有害なものを排泄してくれます。

 

 

必要なミネラルは、サプリメントで補おう

 

昔と比べて、においがなく味が薄くなっている
最近の野菜には、必要なミネラルが昔に比べて少なくなっている
というのは事実です。

2015y09m02d_203226499

 

栄養素は全体のバランスで働いているので
どれが欠けてもまっとうに働くことができないわけです。

 

ミネラルについては、マルチビタミン・ミネラルの
サプリメントを補うことをオススメしています。

 

私のオススメは、ライフラインというサプリメントです。

アメリカで製造されていますが、日本人の食生活に合わせて
日本人向けに作られているユニークな総合サプリメントです。

スポンサードリンク
  • 2015 09.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp