玉ねぎケルセチンの効能を摂取量を少なくして上げていくには?

この記事は2分で読めます

 

玉ねぎに含まれる有効成分ケルセチン
生活習慣病を予防するということや玉ねぎが身近な
食べ物であることから注目を集めています。

メタボが気になる中高年、動脈硬化の進行から
心筋梗塞や脳梗塞など生命にかかわる重篤な病気の予防にも
期待されれる成分がケルセチンです。

スポンサーリンク

ケルセチン摂取の代表的な健康効果をあげてみますと

ビタミンCを吸収補助作用、活性酸素の除去、腸内環境の改善
脂肪の吸収の抑制、花粉症、アトピー等のアレルギー体質の改善、
それに抗がん作用などがあります。

 

3年前に行われたハウス食品と広島大学との共同研究
http://life.oricon.co.jp/medical_insurance/news/2014532/

 

血液の凝固と線溶の働きに、
深く関係しているのが血管内皮細胞です。

ケルセチンの血液サラサラ効果はここから生まれます。

そして、他の野菜や果物よりも玉ねぎには、
圧倒的にケルセチンが多く含まれていることから
注目されているわけです。

 

 

玉ねぎのケルセチンを有効活用する方法

 

調理の仕方、食べる前にチョッとした
工夫をすることでケルセチンを有効活用させる事ができます。

 

玉ねぎは生で食べるのが一番ですが
注意しなくてはいけないのが水に浸けしまうことです。

玉ねぎを水につけてさらしておくと
ケルセチンは水溶性のため、水にとけて必要な栄養成分が
少なくなってしまいます。

 

ですから、洗ったあとに食べても
必要な栄養素は、抜け出しているので、
あまり意味がなくなるわけです。

もし玉ねぎを食べるのでしたら
切った後にさらすのではなく、まずは洗ってから
切るようにすることが大切です。

スポンサードリンク

 

さらに、ケルセチンを飛躍的にアップさせる方法があります。

 

玉ねぎの皮をむいて、外に干しておくことです。

天日に干して1週間~10日程経つと、
ケルセチンの量が4倍ほどアップします。

 

2015y09m05d_100256107

 

通常、玉ねぎを食べることで、ケルセチンの健康効果を
享受するには、1個半の量が必要とされていましたが

天日干しにすることで、4分の1の量で
ケルセチンの恩恵を受けることができます。

 

いくら体に良いといっても毎日1個半の玉ねぎを
食べるとなると、好きな人でも”ちょっと?”て
感じになりますが、

3分の1個程度の量なら続けることができますね。

 

ちなみに、普通の玉ねぎよりも
2~3倍ケルセチンが多いとされるのが赤玉ねぎ

少々値段が高くなってしまいますが
天日干しをした玉ねぎなら、赤たまねぎよりも
ケルセチンの恩恵を受けることができますね。

 

さらに玉ねぎの外皮には白身部分の
数十倍ものケルセチンが含まれている言われています。

 

 

野菜がもつさまざまな効用については
まだまだ、わからないことがたくさんあると言われています。

玉ねぎ一つとっても、未知の成分が
隠されている可能性もあります。

 

野菜の一つ一つがもつ、プラスの面がもっと
イメージできるようになれば、

野菜嫌いの人でも、自ら食べたなくなる感じがしますね。

まずは、玉ねぎの健康効果をイメージしながら
今日から早速摂るようにしてみましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 09.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp