副腎疲労を回復させる食事と栄養とは!3ヶ月を目処に生活習慣の改善を

この記事は3分で読めます

 

ストレス過多の生活を長いこと送っていると
負のエネルギーの歪みに耐えかねて、
体は様々な不快な症状を出してSOSを送ってきます。

通常であれば、何かストレスがあると
副腎から抗ストレスホルモンを分泌して対抗しているわけです。

ところが常時ストレスを感じながら生活をしていると
さすがの副腎も悲鳴をあげてしまうことになり、

スポンサーリンク

副腎疲労から十分なストレスホルモンを
分泌することができなくなってしまいます。

体がだるくなったり、朝起きるのが辛くなったり
原因の特定ができない体調不良に見舞われます。

 

 

副腎は抗ストレスホルモンを分泌する

 

副腎は、腎臓の上に乗っかっているような小さな臓器です。

普段は、あまり意識することのない臓器ですが
とても大切な臓器です。

 

副腎からは、コルチゾールと呼ばれる
ストレスホルモンが分泌されます。

そして、このストレスホルモンが分泌されないと
生体である人間は生きていくことができません。

 

原因がわからない疲労に悩んでいる人は、
コルチゾールの分泌のリズムが悪いことが多いという事です。

 

コルチゾールの分泌は、朝、一番多く分泌され、
夕方になると朝の10分の1の分泌量になります。

原因不明の疲労を抱えている人のコルチゾールの分泌量が
朝低かったら、反対に夜に増えたりと
そのバランスが崩れているわけです。

 

朝元気がなく、夕方近くになるとやたら元気が出てくる人は
コルチゾールの日内リズムが狂っているわけです

朝、分泌量が少なくなってくると、朝ベッドから起きられないし、
朝は元気がないという状態になります。

 

 

このイライラ感を何とかしようと、
甘いものやお酒、コーヒーなどが無性に摂りたくなり
ついつい摂り過ぎになってしまい

それがコルチゾールの分泌を悪くする事になります

 

甘いものを摂り過ぎてしまうと
血糖値を下げるために、インスリンが過剰に分泌されます。

下がり過ぎた血糖値を元に戻すために、
コルチゾールが分泌しようして、副腎への負担を増してしまいます。

 

そういった意味でも、血糖値を急激に上げるような
GI(グリセミックインデックス)値の高い甘いものを控えることが大切になります。

また、コーヒーに含まれるカフェインも甘いものと同様に
副腎には負担になってしまうので、控えるようにしましょう。

 

 

副腎疲労と食事について

スポンサードリンク

 

副腎が疲れているからといって
副腎を治療するというわけではありません。

副腎の働きをサポートする為に正しい栄養を摂ることです。
正しい食事を摂ることが一番大切になってきます。

 

タンパク質をシッカリ摂ること
野菜や果物をシッカリ食べることが大切です。

基本は、伝統的な和食をベースにして
タンパク質は、納豆や豆腐、味噌汁など大豆加工食品から
摂るようにしましょう。

 

お米と納豆を一緒に摂れば、
プロティンスコアは、理想的な100点満点になります。

副腎の疲れを回復させるには、栄養の補給は大切です。
マグネシウム、ビタミンC,ビタミンB5などは、
副腎の回復に必要とされる栄養素です。

 

 

特にビタミンCが必要な理由

体内でビタミンC濃度が一番高いのは副腎です。
ビタミンCは副腎ホルモンの産生に不可欠な栄養素。

 

ビタミンCの不足は副腎機能の低下をひき起こします。
また、ストレスに良いとされる栄養素です。

不足しがちなものを補うようにすれば
副腎の回復に役立つとされています。

 

 

塩は自然塩で良いものを摂りましょう

塩分控えめと聞くと健康的なイメージがありますが、
副腎疲労を患っている場合、体内ではナトリウム不足に
陥っていると言われています。

適度な塩分を摂取することで、
疲労感を和らげる効果があると言われています。

天日干しの海水の塩は、にがりに注意が必要です。

 

また、睡眠時間をシッカリ取っていただく事が大切

疲れを感じたときは、昼寝でもシッカリとって、
副腎を休ませることで、3ヶ月ほどで元気に回復していきます。

夜は、成長ホルモンが出る時間帯
22時から夜中の2時には床に入るようにすることです。

 

2015y09m07d_152731271

 

コルチゾールは、ストレスに対応するだけでなく
外から来る細菌やウイルスと戦う免疫や
メンタリティにも作用しています。

強く免疫に関係しているので、
副腎疲労を回復させてから、アレルギー症状が改善した
人も多く見られます。

 

副腎は、健康の為にも鍵となる臓器です。
シッカリ勞って、回復に努めるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 09.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp