消化力を上げる方法・消化液の分泌を高めて消化酵素の活性化を!

この記事は2分で読めます

 

テレビの情報番組や健康雑誌などを通して、
体に良いとされる食べ物が多く紹介されるようになりました。

しかし、いくらいい食べ物を摂っても、
栄養素のレベルまでシッカリ分解されて、
腸から吸収されていなければあまり意味がありません。

食べたものは消化、吸収されて体にとって
必要な栄養素となります。

スポンサーリンク

ところが、現代人に多く見られるのが消化力の低下です。

食事で摂った食べ物が腸から吸収されるサイズまで、
うまく分解されていないと栄養素が体の中で
活かされない状態にあります。

 

 

消化力の低下とは

 

食べ物が口から入って腸から吸収されるまでには
数段階のプロセスが必要です。

 

消化液には唾液、胃液、膵液、胆汁、腸液などがあります。

そして、それぞれの消化液の中には、タンパク質分解酵素、
炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素が含まれています。

 

タンパク質は、アミノ酸に、炭水化物はブトウ糖、
そして、脂肪は脂肪酸とグリセリンというサイズに分解されて
腸から吸収されということです。

 

消化力の低下しているということは消化腺からでてくる
消化液の分泌が悪くなっていたり、
消化酵素が不足してくることで起こります。

消化液の分泌が悪くなる例がストレスや疲労です。

 

脳と消化器系は密接に関係していますが、
体が疲れていたり、ストレスを感じる生活が続いていると、

脳から送られる信号が悪くなり、
消化液を出す指令がうまく伝達されず、
消化力は落ちてしまうことになるわけですね。

 

 

消化器官の代表が胃になります。

 

特に胃の消化液が不足してしまうと食べ物の消化分解ができず、
栄養吸収が満足にできない状態が続きます。

結果、腸に負担がかかってしまうので、
ダルさやむくみなど不調をもたらす原因となります。

スポンサードリンク

 

また、必要な栄養素が十分に吸収されないと
さまざまな体調不良を引き起こすことになってしまいます。

 

必要な栄養素が不足してくると
細胞レベルで十分なエネルギーがつくれなくなり
結果、一つ一つの臓器の働きが悪くなってしまうからです。

 

特に季節の変わり目などは、疲れがたまりやすくなったり
体の不調を感じる事が多くなりますが、

消化力が低下していて、必要な栄養素を吸収できない
状態になっているのかもしれません。

 

食欲が減退していたり、食事を摂っているのに
イマイチ、元気が出てこないという場合は
消化力アップが急務になっているのかもしれません。

 

 

消化力を上げる胃酸のサポート方法

 

1日3回の食事の栄養をきちんと吸収するためには、
目覚めが大事です。

海水から作られた塩を入れた水を飲んで、
胃腸を目覚めさせましょう。

 

また、食べ物はよく噛むことで胃酸が出やすくなりますが

それ以外にも、食前、食中に取り入れると、
より消化力をアップさせるものがあります。

 

ゴーヤやパセリ、クレソンなどの
苦汁成分は、食前に飲んだり食べたりすると効果的です。

また、消化酵素の働きを高めるため、
食事中にクエン酸水や水で薄めたお酢などを
飲むようにすることもオススメです。

 

それと、腸内環境を整えること
善玉菌優位の環境にして、悪いものを入れない、
必要な物を入れる状態にすることです。

食物繊維をシッカリとり、乳酸菌を応援団として
与えてあげましょう(豆乳で作ったヨーグルトがオススメ)

 

また、悪玉菌の除去には、寝る前に
オレガノとセージを漬け込んだオリーブオイルを
小さじ1杯飲むと良いようです。

 

ちょっと疲れ気味、ストレスがあるなと感じたら、
消化力を上げるためのフォローを心がけ、
元気な胃腸をつくっていくようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 11.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp