低血圧の改善には血管のリニューアルを!最低血圧が低い時の注意点

この記事は2分で読めます

2015y09m08d_204245211

 

低血圧は最大血圧100~130mmHg、
最小血圧61~89mmHgの範囲を下回る場合に該当します。

高血圧の場合とは異なり体に重大な悪影響を
与えることはほとんどありませんが

めまいや食欲不振、疲れやすいなど
不快な症状は続いてしまいます。

スポンサーリンク

遺伝や体質的なものなので、上手に付き合って
いきましょうと言われるのがオチですが
できれば、この不快な症状は改善したいものですね。

 

 

低血圧の原因が生活習慣に関係するもの、
食生活の乱れ、甘いものを食べ過ぎ、運動不足などであれば、
習慣を変えることで改善していくことができます

 

また、低血圧ということは表現を変えると
心臓のポンプ作用の働きが弱いということなので
心臓の機能をよくしてあげることでも
改善させる道が見えてきます

 

それに、血圧は少々高めの方が元気があって
長生きするとも言われていますし、

それをモティベーションにして生活習慣の改善に
取り組んでみるのもいいですね。

 

 

活動量に合わせて血圧はあがるもの

 

血圧が低すぎる状態がつづいてしまうと
元気がでませんし、体を動かすこと自体が減ってしまいます。

そうなるとお腹が減らない、食欲が減退する
さらに血流が悪くなったままになってしまうという
ことになってしまいます。

 

人間の体は、活動量に合わせて血圧を
その活動量に合わせてサーモスタットのように
調節する力がありますので、

少し負担のかかるような運動を取り入れることで
低血圧の改善に役立ちます。

 

また、低血圧の人は傾向として体温が低いこともあるので
逆に体温をあげる事で活発化させることもできるかもしれません。

 

体温を上げるために、細胞内のミトコンドリア
活性化させる必要があります。

そもそも、低血圧の人は
ミトコンドリア自体の量が少ないのかもしれません。

スポンサードリンク

 

 

心臓を元気にするにはコエンザイムQ10を飲んでみる

 

コエンザイムQ10という栄養素は、
サプリメントとして取り扱われる前は
心臓病の治療薬として使われていました。

これ、飲んだことがある人はわかると思いますが
心臓の働きがよくなって、かなりのハードワークを行っても、
体が疲れにくくなるのを実感できますね。

 

また、心臓の働きをよくする事を始めたら
同時に、タンパク質をシッカリととって管の構造を
丈夫にしておくこと
が必要です。

元々、低血圧の人は血管の構成が脆弱な傾向があるので、
血管のリニューアルを一緒に行うようにしましょう。

 

その為に、良質のタンパク質をしっかり取ること
畑のお肉大豆を原料とした納豆、豆腐、味噌汁等を摂ることです。

 

そして、血管の健康に必要なビタミンC、Eを補うこと

血管の細胞がリニューアルされてくれば、
全身の細胞に必要な栄養や酸素が届けられることになります。

 

低血圧で、低体温になってしまうと
血流の悪化、血栓ができやすいになっているかもしれません。

血流改善に良いされるナットウキナーゼ、
赤ミミズの酵素などを利用するのもいいでしょう。

 

 

ちなみに最低血圧が低い時に気をつけること

 

一般に、最高血圧は加齢とともに上昇し、最低血圧は、
動脈硬化の度合いにより下がってくると言われています

年齢で言えば50歳を超える頃から下がり始めます。

 

この最高血圧と最低血圧の数値の差が
開いていると度合いに応じで動脈硬化の進行がわかります。

この差、30~50が健全、70以上で注意が必要になり
80以上になると、脳梗塞や心筋梗塞などの虚血性疾患を
起こすリスクが限りなく高くなると言われています。

 

この場合も諸悪の根源である、動脈硬化の改善、
血管のリニューアルを行う必要があるということです。

スポンサードリンク
  • 2015 09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m31d_120743993
  2. 2015y08m30d_193112340
  3. 2014y07m09d_110233932
  4. 2016y05m07d_142449540
  5. 2015y02m18d_204452039
  6. 2015y03m29d_102115212

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp