噛み合わせの矯正を自力で行う方法とは?まずは悪くなる原因を知る事から

この記事は3分で読めます

 

現代人には、上下の歯の噛み合わせが
悪くなっている人が増えていると言われています。

ちょっとした噛み合わせの不具合がキッカケになって
体に様々な不調を招いてしまいます。

ストレスに疲労、生活毒物の影響等など
様々な原因が絡まって、原因が特定できない
体の不調を感じてしまう事も多くなっています。

スポンサーリンク

もしかしたら、その不調の原因は噛み合わせかもしれません。

 

 

噛み合わせが悪くなっている原因とは

 

噛み合わせを狂わす原因として
よく知られているのが高すぎる枕の使用
電車やバスでの居眠り、足を組む姿勢等です。

ちょっとした体の使い方の誤りがズレを生み、
噛み合わせまでに影響を与えてしまうわけです。

 

また、ストレス社会を反映してか、
その負のエネルギーを解消しようと、

食いしばりや歯ぎしりを無意識のうちに行ってしまい
噛み合わせを悪くしてしまうことも。

 

そして、いつもいつも柔らかいものを
食べていると顎の筋肉が衰えてしまい、

顎がズレてしまうことで、
噛み合わせができなくなっていまいます。

 

柔らかいものを食べるようになった現代人の
噛む回数は、昔の人に比べて6分の1の回数に
なっていると言われています。

噛む回数がへってしまうということは、
顎の筋肉を弱くしてしまい、その結果、噛み合わせ自体が
悪くしてしまいます。

 

ちなみに奥歯でシッカリ噛む人は
顎が発達して、四角になっていますが、噛む回数が
少ない人は三角になっています。

 

 

私の親戚、90歳を超えるお婆さんがいますが
おかゆをはじめ、柔らかいものをいつも食べていたら
噛むことができなくなったことがありました。

その後、息子さんが噛まなければ食べられないもの
せんべい等を食べさせて、噛むことを意識させたら
また元に戻ったという例があります。

 

高齢者の場合は、使わないと衰えてしまうのは
顕著ですが、若くても使わなくてはそれなりに
ダメになってしまうものです。

但し、噛むときなどは、左右均等になるように
意識することが大切ですね。

 

 

噛み合わせが悪くなるとどうして体調が悪くなるのか?

 

人間の体は、全てバランスの上に成り立っています

ちょっとした噛み合わせの不具合が、
体全体のバランスを崩してしまうことになるわけです。

 

体の歪みは、血流の悪化、ホルモンバランスの乱れを招き
原因のわからない不調が現れてきます。

スポンサードリンク

脳機能の鈍くなり、記憶力の低下を招いたり、
視力の低下、耳鳴りなどもよく見られる症状です。

 

消化吸収が悪くなることから、栄養状態の悪化を招いたり
代謝が悪くなることで肥満の原因になることもあります。

さらに、心の安定を失い、何事も消極的な対応を
とるようになるなど心構えの分野までにも
影響を与えてしまうこともあります。

 

バランスとか調和は、健康づくりに大切なポイントです。
一部分の歪みは、それに合わせて全体の歪みを生じさせます。

バランスが乱れてしまうと、全体が壊れてしまうので
多少の不具合に目をつぶってもバランスをとるように
するのが人間の体なんですね。

 

 

自分でできる矯正方法について

 

本来であれば、専門医にかかって、
矯正してもらうようにしてもらうのがベスト。

できれば、かかりつけの歯科医をつくって、
ズレがないかを確認しその都度調整するのが望ましいです。

歯並びが悪ければ改善するようにしましょう。

 

自分で矯正る方法としては、

まずは、体の歪みを生むような体の使い方を
修正することが大切です。

低い枕を使う、足を組む事をやめるなど
よくかんでたべるようにするなどですね。

習慣的に無意識に行っていることは、
紙に書いておくなどして、いつでも意識できように
目につくところに置いておくことです。

均等に噛むクセをつけるために
手軽にできるのがガムを噛むこと
30分ほど、左右の奥歯、前で噛むようにます。

 

ゲンキの時間で紹介されていたトレーニング方法です

2015y09m10d_143028967

 

 

アルツハイマーを起こす危険性も

 

咬み合わせが悪いとアミロイドベータが
かなり増えるという動物実験の結果が出ているようです。

認知症の一つアルツハイマー型認知症は、
アミロイドベータ蛋白が脳神経にたまるところからスタートします。

最後はタウ蛋白の蓄積で脳神経の死滅になるわけですが、
アミロイドベータの蓄積期はかなりの長期になります。

何かのストレスが脳に刺激を与えるのかもしれませんし、
高齢者の場合は、歯を失ってうまくかめないのも
影響しているのでしょう。

 

人間どこが悪くても、いろいろと不具合がでてくるもの

健康で元気に長生きする為にも
シッカリケアをしていきたいものです。

スポンサードリンク
  • 2015 09.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp