アルツハイマーは脳の糖尿病!糖質制限やコレステロールとの関係について

この記事は3分で読めます

2015y09m11d_084240464

 

糖質の摂り過ぎは、体に良くないということが
いろいろなメディアで取り上げられるようになった事で
大分、認識が深まっている感じです。

ただ、情報の格差は健康という分野にも
広がっていて、甘いものはそんなに悪いのかって
感じられている人もまだまだ多いのも現実です。

スポンサーリンク

糖質の摂り過ぎが原因となって
いろいろな生活習慣病が増えていますが、
アルツハイマーとの関係も見逃せません。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
大阪大学大学院医学部教授森下竜一先生が出演

「アルツハイマー病対策・食べ物編」というテーマで
お話されていました。

 

「アルツハイマーは脳の糖尿病だった」

2015y09m11d_083748162

 

 

森下竜一先生のお話

 

糖質制限、糖質対策がアルツハイマーの予防に、
つながるということですか?

 

これが一番いいアルツハイマー病の予防なんですね。

特にアルツハイマー病の原因物質と言われているのが
βアミロイドという神経を壊す物質です。

糖質を過剰摂取すると血糖値が上がり、
血中のインスリンがたくさん増えるんですね。

 

このインスリンが脳内のβアミロイドの
産生を増やしてしまうんです。

そうするとアルツハイマーが発症しやすくなるので
予防法としては血糖値を上げないような
食べ物を避ける事がいいということになります。

 

例えば、ごはん、パン、パスタ、
こういう白い炭水化物が、結局、血糖値を上げますので、
こうしたものを避けた方がいいですね。

糖質を減らしていくのは簡単で、
夜とか、朝昼はシッカリ食べていいんですけど、

夜の炭水化物を抑えるだけでも大分違います。

 

 

肉の方はどうなんですか?

 

肉の脂身とかバター、ココナッツオイルなど
飽和脂肪酸と呼ばれる、常温で個体となるような脂は
控えた方がいいですね。

 

ブームのココナッツオイルもですか?

 

ココナッツオイルは、アルツハイマー病に
良いとされる話もありますが、
まだ、ハッキリしていないんですね。

 

一番いいのはオリーブオイルなんですよ。

これは、昔から地中海ダイエットといって、
血圧を下げたり、コレステロールを下げたり、
血液をサラサラにするということがわかっているんですけど

スポンサードリンク

記憶力とか神経機能の低下を防ぐような働きが
あることがわかっているんですね。

 

特にエクストラバージンオイルがいいんですよ。

 

 

電子レンジを使うのは良くないんですか?

 

電子レンジも1回くらい温めるのはいいんですけど、

同じお鍋で2回、3回と温めると、
実は、体の中でサビをつくる、劣化コレステロールという
物質が増えたり、

あるいはAGE、終末糖化産物という
糖がたっぷりついた成分が増えてしまうんですね。

 

ですから電子レンジのチンもせめて1回くらい、
やるんでしたらつくったときに小分けにして、
何回も繰り返さないようにすることが一番大事です。

 

 

コレステロール値の高い人は、
アルツハイマー病になるリスクは高いんですか?

 

やはり高くなります。
糖尿病、コレステロール、高血圧等、
結局、生活習慣病が原因なんですね。

 

アルツハイマー病は一朝一夕になるわけではななく、
だんだん進行していくものです。

ボケ始めたと思う時点では遅いので、
できたらボケる前に予防するのが一番いいです。

 

 

糖化を防ぐことがアルツハイマー病を
防ぐコツということですね?

 

そういうことですね。
そして、これにいいのがザクロなんです。

ザクロは女性の果実とも言われていまして、
ポリフェノールとか食物繊維、ビタミンなどが
豊富に含まれている食べ物です。

 

最近では、長寿遺伝子・サーチュインを活性化して
終末糖化産物を抑制する抗糖化作用とか抗酸化作用に
優れた効果があることがわかっきています。

その他、体脂肪を抑える働きも知られるようになっています。

 

 

1日、何個くらい食べたらいいですか?

 

1つか2つで全然大丈夫ですよ。
週に何回かザクロを食べてもらえばいいと思いますし

最近では、ザクロからつくったサプリメントもありますんで
そういったものを利用するといいですね。

 

森下竜一先生のお話はココまで・・・・・・・・・・・・

 

 

甘いものやコッテリした脂肪の多い食べ物は
美味しさからついついたくさん食べてしまうもの、
しかも常習性があるので困ってしまいますね。

でも、人の味覚は意識しだいで変わると言われています。
人の体の生理に合わせた健康管理を
どういった目的で行うかで変わってくるようです。

 

まずは、食べすぎにならないところから
スタートしてみるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 09.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y12m30d_085213648
  2. 2016y01m17d_084140798
  3. 2016y01m06d_082625759
  4. 2015y09m29d_142911274
  5. 2015y08m11d_091042858
  6. 2016y03m18d_091130086

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp