メニエール病の対処の仕方!辛い耳鳴りを防ぐには早期の治療が必要

この記事は2分で読めます

2015y09m17d_191558614

 

めまいの症状を起こす病気の中で、
半数以上を占めているのがメニエール病です。

吐き気や嘔吐、それに激しい回転性のめまいの他、
難聴や耳鳴りなどを伴ったつらい症状を伴います。

発症年齢のピークは、男性で40代、女性で30代
女性の社会進出を背景にしてか
男女比では、女性に多く見られます。

スポンサーリンク

現代人は特に、大きなプレッシャーや精神的なストレスを
感じてしまうことがキッカケになり、
メニエール病になることが多いと言われています。

さらに体や脳が疲労している時と
精神的なトラブルが重なっている場合には、
発症のリスクが高くなってしまうということです。

 

気をつけなくてはいけないのは、メニエール病を長く患っていると
聴覚にトラブルが生じ、耳鳴りが常時続くという
大変不快な症状を起こしてしまうということです。

 

 

ちなみに私の叔母は、60歳位から耳鳴りを起こすようになりました。

1日中、耳の中でセミが鳴いている状態が続き、
よく「気がどうかなりそうだ」と言っていたのを思い出します。

常時、耳鳴りが続いてしまうのはかなり辛い症状です。
つらい症状を避けるためにもメニエール病になったら、
早期に適切な治療を受けておくことが大切です。

 

 

メニエール病の治療

 

メニエール病の発作を起こしているのは内リンパ水腫の存在です。

これは、内リンパ液が過剰生産されたり、
内リンパ液の吸収障害が関係しています。

 

現在でも、内リンパ水腫ができる理由はわかっていません。

しかし、治療の基本とされているのは、
内耳の血流改善作用がある抗めまい薬の処方です。

 

内リンパ水腫で起こった損傷の改善や苦痛を緩和するのに
役立つだけでなく、予防として、内リンパ水腫が
できないようにする為に効果があるとされています。

スポンサードリンク

また、内リンパ水腫は内耳のむくみととも、
考えられるので、水分や塩分の過剰摂取を控えてもらい
利尿薬が使用されることもあります。

 

 

私の母も一度メニエール病にかかったことがあったのですが、
その時は、薬を使わないで症状が改善されました。

耳鼻科ではなく、東洋医学を行っている治療院で、
ビワの温灸をつかった治療を行ってもらったのです。

 

頭とお腹のツボを温めてもらった後に、メニエール病に良い
とされる頭のツボを指圧してもらったんですが、

その日のうちにめまい自体は消え、翌日、もう一度
お腹を温める温灸をしてもらって完全に症状がおさまりました。

 

症状が現れてから、すぐに治療を行ったことと
治療法が体にあっていたのかもしれません。

ただ、思うには、頭への血流がよくなったこと
お腹を温めたことで、体の元気が出てきた、
いわゆる、カツが入ったのは確かだと思います。

 

西洋医学の場合は、薬物療法やストレスを軽くするための
心理療法、日常生活の改善などでは症状が軽減されず、

持続期間が長く、めまいの発作が多い場合には
手術することが検討されていまいますが、

その前に、東洋医学を試してみてもいいのではと思います。

 

 

メニエール病の各段階毎の教科書的対応を上げておきます。

 

発作期の対処
症状が悪化しないよう安静に過ごすことが大切。

急性期の対処
平衡機能はまだ不安定なので無理は禁物

 

亜急性期の対処
この時期、内リンパに溜まっている
リンパ液を排出するために、薬物をつかった減圧療法が行われる。

間欠期の対処
血液の循環をよくする一般的な抗めまい薬が治療の中心。
場合によってはビタミン剤や抗うつ薬などが処方されることもある。

スポンサードリンク
  • 2016 03.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y08m25d_092532820
  2. 2016y02m18d_133842148
  3. 2015y10m03d_185828395
  4. 2015y09m29d_195603251
  5. 2015y07m13d_145119503
  6. 2016y04m27d_150423971

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp