前庭神経炎の原因と治療・めまいの症状が回復するまでの期間は?

この記事は2分で読めます

 

めまいを起こす病気の一つに前庭神経炎があります。

前庭神経炎から起こるめまいの症状は、
回転性の激しいめまいであるのが特徴です。

前庭神経は、三半規管と耳石器の二つの器官により
感知した情報を脳に伝える神経ですが、

スポンサーリンク

その神経が、ウイルスの影響を受けて炎症を起こし、
機能低下からめまいを起こすと考えられています。

 

過労や極度のストレスを感じたあと、
風邪を引いたあとに発症しやすいということです。

ウイルスの他は、循環障害で血流が悪くなることが
原因で起こる場合もあると言われています。

 

 

突然のめまいは、なぜか

 

体の中にはバランスをとる平衡器があって、
左右1対1の割合でちょうど良い状態となっていますが

前庭神経が炎症を起こしてしまうと
片方だけが機能しなくなるので急激なめまいが
起こるということです。

「やじろべえ」が左右の重しでバランスをとっているのを
一方だけの重しがなくなってしまった、
そんなイメージになります。

 

周囲がぐるぐる回るような嬉しいめまいは、
1~3日以上続き、起きていても横になっていても
めまいの強さが変わらないのが特徴です。

この間はとても立ったり歩いたりもできず、
そのあまりのひどさに入院してしまう人も多いということ。

 

吐き気や嘔吐を伴うことはあっても
めまいにつきものの耳鳴りの症状は起こりません。

 

 

特徴的な症状

 

激しいめまい、回転性のめまいが数日続きます。

嘔吐、吐き気はありますが、耳鳴りは起こりません。

 

立っていても、横になっていてもめまいの強さは変わらない
過労な極度のストレス、風邪のあとに起こりやすい
体のふらつきが数ヶ月残ることもあります。

スポンサードリンク

 

めまいの発作は一度だけで繰り返すことはありません。

 

 

前庭神経炎の治療について

 

治療は安静にすることが基本で、
病院にかかれる場合は点滴をしてもらうことで
大分、楽になります。

飲み薬もありますが、吐き気を伴っていると
なかなか飲めないので、病院に行けるのであれば
点滴してもらうのが一番ということです。

 

とにかくめまいが起こったら
まずは、安静にしておくことです。

ちなみに、めまいで入院される方のなかで
この前庭神経炎が最も多いということのようですね。

それだけめまいの症状が激しいということです。

 

 

入院した人の日数の目安として

1週間程で退院されるケースが最も多く、

軽いフラツキがある人は、数週間残る人が多いですが、
1ヶ月も程度で大体元通りになるということです。

 

まれに再発することはありますが
普通は、一度限りで収まることが多いと言われています。

再発する場合は、ウイルスの再発や
他のウイルスの感染から起こるケースがあるということです。

 

前庭神経炎のめまいは非常に激しいので
めまいになった時は、ちょっと不安になってしまいますが、
完治する病気なのであまり心配する必要はありません。

 

治療薬には、抗めまい薬、血流改善薬、
抹消神経拡張症、ビタミン剤などが使用されます。

そして、帯状疱疹ウイルスの感染が考えられる場合は
抗ウイルス薬と神経の炎症を抑えるステロイド剤を使用します。

 

 

 

前庭神経炎の治療の基本は安静でした。

病気の発症には免疫力の低下、血流の悪化が根底にあるので
あまり無理をしないことですね。

疲れたら適度に休む、特に良い質の睡眠を
シッカリ確保することが大切です。

スポンサードリンク
  • 2016 03.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp