膀胱炎の治し方!再発防止の為に摂っておきたい食べ物・飲み物

この記事は2分で読めます

 

膀胱炎は、比較的若い女性や更年期の女性に多くみられる病気。

尿道が4~5センチと短い女性は、大腸菌に感染しやすく
感染してから1~2時間で症状が現れてきます。

頻尿や痛み、残尿感、場合によって血尿、尿が白く濁る
といった症状がでてきますが、膀胱炎だけでは発熱は起こりません。

スポンサーリンク

自覚症状としては、少し前にトイレに行ったのに、
また行きたくなるとか、トイレを済ませても尿が残っている
感じがする、排尿後に痛みがあるなどです。

但し、こうした症状は急性の膀胱炎の症状に該当します。

 

慢性化した膀胱炎では、自覚症状が急性膀胱炎ほど
ハッキリと自覚できません。そして、気分的にスッキリしない
感じが続き、尿に白色の浮遊物が混じるようになります。

 

 

膀胱炎になる原因として

 

元々膀胱粘膜には細菌に対する防御力が備わっています。
なので、膀胱に細菌が侵入してきても、即、膀胱炎にはなりません。

 

しかし、トイレに行くのを長時間我慢して、
膀胱が伸びきったままの状態にしていたり、

冷房の利きすぎた部屋のなかにいて体が冷えた状態にしていると、

膀胱内の血流量が減り、免疫の働きが低下し、
その結果、細菌が繁殖して膀胱炎になってしまうということです。

 

同様に過度なストレスで体が疲れていると
やはり免疫力が低下し膀胱炎にかかりやすくなります。

さらに性行為も原因になるといわれています。
最近では性行為から膀胱炎にかかる女性が増えています。

 

また、更年期の女性に多いことが知られていますが、
これは細菌に対する抵抗力が低下していることと

ホルモンの減少により膀胱粘膜が薄くなり、
粘膜の下の組織が出血しやすくなる為といわれています。

スポンサードリンク

 

 

膀胱炎の治し方・・・・・・・・・・

 

膀胱炎になったら、まず水分をたっぷり摂ることが大切です。

その目的は尿量を増やして細菌を、
速やかに体外に出すことになります。

 

また、膀胱炎は、お腹が冷えて血流が悪くなると
症状が悪化するといわれているので、おなかを温める事も効果的。

 

しかし、一番、手っ取り早い治し方は、
病院を受診して、抗生物質を服用してもらうことです。

尿検査で菌の種類を調べ、それにあった抗生物質を
数日間きちんと飲めばたいていの膀胱炎は治癒します。

 

普通は、抗生物質を飲み始めて、2~3日で症状が軽快します。

注意しなくてはいけないのが、症状が軽くなったからといって、
薬を中断してしまうということです。

 

細菌はある程度殺してしまわないと
再発を繰り返してしまうケースが多いので、
シッカリ処方された日数分の薬は飲むようにしましょう。

 

 

再発防止の為に摂りたい食べ物・飲み物

 

基本は、体を温めるものを摂るようにします。
理想を言えば、体温よりも低いものは摂らないようにします。

膀胱炎になったら水をたくさん飲みましょうという
ことでしたが、できれば白湯にして飲むようにしましょう。

 

そして、殺菌作用のあるもの利尿作用のあるもの
二つの目的をもった食べ物が効果的だということです。

クランベリーやブルーベリー、パセリやドクダミには
殺菌作用がありますし、緑茶、紅茶は利尿作用があります。

 

炎症を抑える目的で抗酸化物質をとることもいいでしょう。

 

これらの飲食物は、治療で使うというよりも、
抗生物質で治癒したあと、再発予防の目的で摂ることをオススメします。

スポンサードリンク
  • 2016 11.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp