腎盂腎炎の慢性化を防ぐには?再発を予防の為に必要なこと

この記事は2分で読めます

2015y09m28d_115730991

 

膀胱炎は女性に多い病気ですが
その延長戦上にあるのが腎盂腎炎です。

女性に多く見られ、男性に起こる場合は、
前立腺肥大、結石があって、尿の流れが悪くなっている場合に
発症しやすくなります。

20代~40代では、男女の発症比率を見てみると
30対1と、圧倒的に女性に多く見られる病気です。

スポンサーリンク

急性の腎盂腎炎は、かなり激しい症状が
現れてきますが、そのほとんどが大腸菌による感染です。

 

一度かかると何度も繰り返し発症することが多くなり
再発を繰り返すと慢性化したり、慢性腎炎へと
移行してしまうこともあるので、

シッカリ治療を行って完治させること
それに再発予防の為の対策をうっておく必要があります。

 

 

腎盂腎炎で見られる症状

 

川の流れのように尿の流れも一定方向に
流れ続けているということは非常に重要なことですが、

膀胱内に侵入した細菌が尿管を逆流して、
腎臓内で尿の集積所入って炎症を起こします。(上行性感染)

 

急性腎盂腎炎は突然発症し、悪寒、発熱、やや上の方の
腰の痛み、吐き気や嘔吐などが起こります。

高熱がでて、背中の脇の肋骨の一番したの部分を
たたいたりし押したりすると痛いというのが典型的な症状です。

 

さらに糖尿病などで菌と戦う体の力が落ちている人では、
少々リスクが高くなります。

また、妊娠中も子宮が尿管を圧迫したり、
尿管が拡張して尿が逆流しやすくなるの注意が必要です。

 

 

腎盂腎炎の治療方法

 

とにかく尿検査で菌の種類を調べ、
それにあった抗生物質を使って細菌を殺します。

症状が軽い場合は、1週間~10日ほどで、
安静にしていれば症状は回復してきます。

スポンサードリンク

抗生物質は、膀胱炎より長めの期間、飲む必要があります。

 

細菌を体外へと排出することを目的に
いつもより水分を多目摂ることが必要です。

水が飲めなかったり熱が出ていれば点滴で補います。

 

特に尿路感染症が疑われる場合は、
とにかく水をたくさん摂って、菌を洗い流すことです。

症状が重い場合には、入院して3日~5日程度の抗生剤と
水分補給の点滴治療が行われます。

 

 

 

トイレは行きたくなったら即行くようにしましょう。
我慢は百害あって一利なし、菌を増殖させてしまいます。

お腹を冷やさないようにして早めに病院を受診し、
尿に細菌がいる場合はすぐに抗生物質を服用することが大切です。

 

再発を防ぐ為に必要なこと

 

再発の繰り返しから慢性化させない為にも予防が大切ですね

膀胱内に細菌を入れないようにする為に、
清潔にすることを意識しましょう。

 

トイレでふくときは、前から後ろに、水のしぶきを
防ぐ為にも、ウォシュレットは弱めのセットを

浴槽の殺菌にも気を配ることです。

 

パートナーともよく話あって、協力してもらいましょう。

ポイントは、菌の侵入をいかに防ぐかです!

 

そして、万が一、菌が侵入してきても
大丈夫なように、免疫力を高めておくことが大切です。

過労やストレスは免疫の敵!
規則正しい、生活を心がけましょう。
ポジティブに考える事も大切です。

 

体を冷やすと免疫力が下がります。
特に腸の温度を下げるような飲食物は控えることです。

おしっこの流れをよくするのに水分補給は大切ですが
できれば体温に近い水を利用しましょう。

 

万が一、慢性化してしまっても、普段の生活次第で、
免疫が働く状態にしておけば、重症化は防げるはずです。

スポンサードリンク
  • 2015 09.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m31d_143129214
  2. 2015y08m06d_093235609
  3. 2017y01m17d_094929842
  4. 2015y07m12d_093154766
  5. 2015y09m02d_204021271
  6. 2015y03m28d_094151206

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp