むずむず脚症候群の対処法とは!ドーパミンと鉄分不足の解消がカギ

この記事は2分で読めます

 

夜寝ている時に脚がむずむずして眠れない!

そうした症状が続き、なかなか眠れないようであれば
むずむず脚症候群を疑ってみましょう。

痒みや痛みを伴った症状から不眠症に至るケースも多く
日常生活に支障をきたしたり、何かの病気になる
キッカケになるかもしれません。

できれば、早めに対処したいものです。

スポンサーリンク

むずむず脚症候群は、世間的にはまだ認知が低い病気ですが
その原因もいろいろとわかってきていますし、
新薬の登場でかなり改善されるケースが増えています。

 

 

むずむず脚症候群の症状について

 

蟻が脚の中を這っている感じで表現されることが
多いですが、症状の感じ方は人によって千差万別です。

 

座っている時や横になっている時、脳の覚醒レベルが
下がっている時、脚がむずむずしてくるようになります。

表現は違いますが、ヒリヒリ、チクチクすると
いった感じを持つ人もいます。

 

いずれにしても多くの人がその感覚に我慢できずに
脚を動かしてしまうということです。

この感覚が一晩中続いてしまうと当然、寝られません。

 

太ももからふくらはぎにかけて症状がでることが多いですが、
人によっては足首に現れる場合もあります。

重症になると、脚だけでなく、下腹部や背中、
腕にまで症状が広がっています。

 

 

むずむず脚症候群の原因とは

 

脳の神経伝達物質であるドーパミンの受け渡しが
うまくいかないことが関係していることがわかってきました。

どうしてうまくいかなくなるのかの原因が
鉄分の不足ということです。

スポンサードリンク

 

実はドーパミンが生成される前の物質(前駆物質)には
鉄の作用が必要ということなのですが、

その鉄分が足りないと、生成されなくなってしまうということです。

 

結果、脚が感じている刺激をシャットアウトできずに
脳神経に伝達されてしまうことで、むずむずした感じを
受けてしまうということになるようです。

 

また、親がむずむず脚症候群をもっていると
かなりの確率でその子供もも発症すると言われています。

妊娠中の人にも多いと言われていますが、
これは、鉄分の不足が関係していることがわかります。

 

 

むずむず脚症候群の対処法

 

ビ・シフロールと呼ばれる専用の薬が開発されています。
これは、ドーパミンの代わりをしてくれる
ドーパミンアゴニストを主成分としたものです。

少量で効果を発揮し、副作用も出にくいといわれていますが
全ての人に効果があるというわけではなく個人差があり、
効かない人が1割~2割ほどいると言われています。

それでも、多くの人の症状を緩和させてくれるのは確かです。

 

あとは、ドーパミンの分泌低下が鉄分不足から起こるのであれば
食べ物から補ってあげましょうということです。

 

しじみ、あさりなどの貝類、納豆をはじめとする大豆食品、
ブロッコリーやレバーなどを鉄分の多い食品を積極的に補うこと。

さらに、ドーパミンの分泌がよくなるように
軽い有酸素運動、ウォーキングなどを行うようにしましょう。

 

また、カフェイン、アルコール、ニコチンで症状が
悪化する場合もあるので、特に就寝前には、
控えるようにしてください。

スポンサードリンク
  • 2015 09.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp