胃腸の働きを良くするには?深呼吸で心身をリラックスモードへ

この記事は3分で読めます

 

胃腸の働きを良くするには、食生活の改善とともに、
心身をリラックスさせることが大切になります。

心身のリラックス状態が保たれていないと、
胃腸の働きの善し悪しに影響を与えてしまうからです。

胃腸など消化器系の働きは過度なストレスの影響を受けやすく、

スポンサーリンク

そのことがキッカケになって、胃潰瘍になったり
下痢をしたり、また便秘になったり等の症状が現れてきます。

こうした、心の状態が胃腸の不具合に関係している事は
多くの人が体験的に気づいているはずです。

 

 

自律神経のバランスと胃腸の働き

 

心がストレス下にあると、心身が緊張モードに入り、
交感神経が優位な状態になってしまうため、

胃腸の働きが低下し、食欲がなくなったり、
便秘などの症状を起こしやすくなるということです。

 

その上、血圧が上がったり、心拍数が増えたり
不眠や免疫力の低下なども見られるようになります。

 

反対に緊張状態から開放され、
心身ともにリラックスモードに入ってくると
副交感神経の働きが良くなってきます。

そうなると食欲が増し、排便も良くなり
さらに、夜よく眠れるようになったり
免疫力がアップするなどの反応が出てくるようになるわけです。

 

 

副交感神経を優位にして排便をスムーズに

 

胃腸の働きや内蔵の働きを活発にさせるには、
心身をリラックスさせ、副交感神経を優位にすることが必要です。

要は、胃腸の働きを良くしようと思うなら
胃腸そのものだけでなく、同時に脳をリラックスさせることも
大切だということです。

 

S状結腸から、直腸、肛門までは、
自律神経系である交感神経と副交感神経が関わっています。

この範囲の交感神経が緊張したままにあると
スムーズに排便しにくくなってしまいます。

 

便が直腸を通過して肛門から排出するには、
トイレに行く、しゃがんで腹圧をかける、排便するという
4つのプロセスが必要です。

 

ここで大切なことは、直腸そのものの働きが
スムーズかどうかということです。

その理由は、直腸の方へ便が下がってくると
刺激が起こり、その刺激が信号となって、直腸の壁から
骨盤内蔵神経を経てから脊髄にいくからです。

 

そして、その後に脊髄から信号が送られ、
この信号が骨盤内蔵神経を逆に流れて直腸に届き、
直腸壁が収縮し、排便へとつながります。

スポンサードリンク

過剰なストレス、情動的不安、恐怖等のマイナスな感情があると
交感神経が緊張し骨盤内蔵神経が障害を受けることがあり、
その影響で排便障害を招くケースが多くなります。

 

そうしたことからも、胃腸の働きをよくして、
排便時のストレスを低下させる為にも
心身のリラックスが必要になってくるわけです。

 

 

胃腸の働きが、自律神経と密接に関係していることが
イメージできたら、食事とともに心の状態がどんな感じに
なっているのかも注意しておきましょう。

 

 

心をリラックスモードにするには

 

自律訓練法、呼吸法にヨガ、禅、催眠法、
そして、過去の楽しかった事を思い出すことなど、

心をリラックスモードに変換する方法には、
さまざまなものがあります。

しかし、あまり形にこだわってしまうと
結局続かないので、まずは簡単なところから行うことです。

 

 

手軽にできるのが呼吸法

呼吸では吸うことよりも吐くことを意識した呼吸を

深い呼吸を行おうとすると自然と腹式呼吸になります。

 

腹式呼吸は副交感神経を優位にし、
心身をリラックスモードにしてくれる手軽な方法です。

少しストレスを感じている時などに
深呼吸を行うと心が落ち着いてくるのを感じるはずです。

よく緊張する場面に直面した時に言われるのが深呼吸でしたね。

 

こうしたことから分かることは、呼吸は唯一、
自律神経をコントロールできる方法ということです。

呼吸法もネット上でいろいろと紹介されているので
自分にあったものを採用しましょう。

 

超リラックスして眠れる「4・7・8呼吸法」が良いらしい
呼吸法「吸うより吐く」ほうが大切? リラックス効果とデトックスに期待
呼吸とともに、リラックスしている状態を
イメージすると相乗効果があがります。

また、軽い運動、ウォーキングなどの運動も
胃液の分泌を促してくれるので、疲れた胃のケアになります。

 

リラックスモードに変える運動は、
ゆったり目の運動がオススメです。

太極拳、ヨガなど、体をゆっくり動かすことが
体のリラックスにスイッチをいれてくれるのだ思います。

 

体操でもいいのですが、イメージをしながら
体を動かすことがコツのようですね。

スポンサードリンク
  • 2016 11.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp