水分不足が便秘を招く?水分をとっているの改善されないのは何故

この記事は2分で読めます

 

便秘等の腸のトラブルが起こりやすくなるのは、
気温が上昇する夏場や寒さが厳しくなる冬場という
二つの時期になります。

これは、夏場の暑い日には汗をよくかくことから、
腸に必要な水分が少なくなってしまう為であり、

その逆に冬場は、寒くなるので
水分摂取量が減ってしまうことなどが関係しています。

スポンサーリンク

腸に水分が不足してくる時期に比例するように、
便秘になりやすくなる人が増えてくるのは、
水分不足から便が硬くなってくる為です。

 

 

水分補給しても便が硬くなるのは何故?

 

便秘の改善を目的に、十分な水分な補給をしている人でも
硬い便がなかなか改善されずに、
スムーズに排便できない人もいます。

それは、水分補給をしてもそのほとんどが、
体内に吸収されてしまい、便によって排出される割合は
圧倒的に少なくなるためです。

 

1日に2リットルの水を飲んでも、
便になって排出される量はわずか0.1リットル程度だと言われ
摂取量が少なくなるにしたがって便が硬くなります。

 

夏場、多量にかいたり、冬場、水分摂取量が
減ってしまうと、便に含まれれる水分量が減ってくるのは
容易にイメージできると思います。

最近は、ダイエット志向の強い女性などは
水太りするといって、極端に水分摂取量を減らしてしまうことで
便秘を悪化させている人もいます。

 

 

便の水分量を増やす為にはどうすればいいのか?

 

夏場、冬場だけでなく、こまめに水分確保をすることは
腸にとっても良いことです。

 

普段、水を飲み慣れていない人は、
飲んだ感じがしていても意外と量を飲んでいない人がいます。

スポンサードリンク

汗や尿で排出される量は1.5リットル~2リットルと
いわれていますので、排出されている分を
目安に補うようにします。

 

また、飲みすぎや温度の低い水もよくありません。
まとめて飲むより、チビリチビリ飲むことが大切です。

 

水分補給といっても、お茶やコーヒーなど
利尿作用のあるものは避けるようにしましょう。

そして、大切なポイントは、水分摂取とともに
食物繊維を多く含んだ食品を合わせてとるようにすることです。

 

体内で水分は食物繊維に含まれ、食物繊維が水に溶けることで
一緒になって腸まで水分を届けます。

水溶性食物繊維の摂取で便のカサが増えた分、
そこには、適度に水分が含んだ便になるので、
スムーズな排便が期待できます。

 

食べ物からどうしても、補うことが難しい場合は
食物繊維専用にサプリメントを利用するのも一つの方法です。

 

私は、個人的に寒天のスティック(水溶性食物繊維)を
利用していたことがあるのですが、価格面からいっても
コチラの食物繊維の方がお得ですね。

 

2015y10m04d_190411629

アマゾンで、400gで864円

 

 

余程、ひどい便秘でなければ、適度な水分補給と
食物繊維を積極的に補うことで改善されると思いますが、

どうしても、硬い便が改善されない場合は
オリーブオイルを利用してみましょう。

 

たとえ、硬くなっていても便の滑りがよくなるので、
排便が楽になると思います。

是非、試してみてください。

スポンサードリンク
  • 2015 10.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp