起立性低血圧の原因と改善法!何らかの疾患が隠れている場合も

この記事は2分で読めます

 

起立性低血圧は、朝起きた時や急に立ち上がった時に
起こるふらつきや立ちくらみのことをいいます。

誰にでも一度や二度は、経験したことのある
症状ですが、注意しなくてはいけないのは

頻繁に起こっているケースや疲労感、動悸、
目のかすみを伴っている場合で、
この場合、何かの病気が隠れていることがあります。

スポンサーリンク

人間の体は自律神経に作用によって、
どんな姿勢をとっても、血圧が安定するような
仕組みになっています。

 

しかし、自律神経の働きが悪くなっていると
脳への血液の供給が一時的に減少して、
低血圧の状態になってしまいます。

こうして立ちくらみが起こりますが、
通常であれば、一時的なもので回復してくるので
特に問題はありません。

 

加齢、薬の影響、さらに生活習慣の影響を受けて
頻繁に続く場合もあるので注意が必要です。

 

起立性低血圧の症状、立ちくらみやめまいは、
脳への血流不足から起こる症状です。

重力によって下半身に下がった血液が
上に上がってこないわけですね。

 

 

起立性低血圧が起こる原因

 

起立性低血圧の原因は、心機能の低下や
全身への血流不足が考えられます。

高齢者の場合、下半身筋肉、特に第二のポンプになる
ふくらはぎの筋肉が減ってくると、血液を心臓に戻す
働きが弱くなるので起こしやすくなります。

 

高血圧の人では、利尿薬を利用して体から
水分を排出している人は、血流量が減少していることが
関係してきます。

 

過労や食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎも関係しています。
ストレスが溜まっているからといって

体に負担をかけてしまうと、めまいや立ちくらみ等の
症状をサインとして出してくるようになります。

スポンサードリンク

 

また、貧血、糖尿病、動脈硬化、パーキンソンに伴う
自律神経の失調、不整脈や心臓の弁障害などの心臓疾患等の
病気が関連している場合もあります。

 

病気の場合や薬の副作用として症状が現れている場合は
医師の指示に従う必要がありますが

誤った生活習慣や体力の低下が原因となっている場合は、
生活習慣を改善していくことで、軽快が期待できます。

 

 

起立性低血圧の改善方法

 

運動不足が関係していますので
普段、あまり体を動かしていない人は、
足の筋肉量がかなり減っていると考えられます。

 

ウォーキングによる有酸素運動、
心拍数を上げることや血液循環をよくすること
血管の柔軟性を高めてくれます。

第二の心臓、ふくらはぎの筋肉量を増やすには
つま先立ちを50回、行うようにしましょう。

 

弾性ストッキングなどを使って
下肢に血液がとどまるのを防ぐことも効果的。

 

血流量を増やす為に水分不足を改善し
尿や汗で排出される分、1.5~2リットルは
飲むようにしましょう。

コツは、人肌程度に温めた水で
一気に飲むのではなく、チビリチビリ飲むようにすることです。

 

また、鉄分の多い食べ物の摂取も効果的です。

 

血流量を増やすこと、全身の血めぐりを
よくすることを意識するようにしましょう。

食事、十分な睡眠、適度な運動のパターン化、
規則正しい生活を送ることが改善のための基礎になります。

 

 

病院で処方される薬について

 

昇圧剤には、塩酸ミドドリン(メトリジン)、
塩酸エチレフリン(エホチール)、
メチル硫酸アメジニウム(リズミック)

血管拡張防止薬には、プロプラノロール、
メトクロプラミド等が処方されます。

スポンサードリンク
  • 2015 10.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp