足先の冷え対策に靴下の活用を!重ねばきのやり方と素材の選び方等

この記事は2分で読めます

 

足先は心臓からもっとも遠いところにあります。

その為、血液の流れが悪くなることから、体のなかで
最も冷えやすいところになります。

足先がひどく冷えやすく、夏場であっても、
いつも靴下を手放せない人も多くいます。

スポンサーリンク

最近では、靴下の重ねばきをして
その対策を行っている人も増えていますが、

その使い方によっては、逆に冷えを悪化させてしまう
ケースもあるようです。

 

ココでは、重ねばきに適した素材や履き方についての
記事を書いてみたいと思います。

 

 

足先を冷やさない靴下の素材?

 

シルク

もっとも冷えにくい素材は絹(シルク)です。

靴下は、温度を保ち、外の冷たい空気から足を守るだけでなく
汗をしっかりと吸いとることと、吸い取った汗(水分)を
発散させる役割が求められます。

そうした大切な視点から見てみると
素材としてのシルクは、保温性、吸湿性、速乾性などの面で、
靴下とはしては優れていると言えます。

 

木綿

木綿は、吸湿性という点では優れていますが
乾くまでに時間がかかってしまい、

いつまでも汗をジットリと保ってしまうので、
直接肌に触れてしまう感じで木綿の靴下を履いてしまうと
足を冷やしてしまうことがあります。

 

ウール

ウールは風を通してしまいやすいのですが、
呼吸する繊維といわれ、汗の湿気を外に逃す放湿性が
高いという利点があります。

そして、素材という面だけでなく、デザインや履き方の工夫で、
足先の冷えのつらさを軽減することが可能です。

 

 

足先を冷やさない重ねばきの方法

 

オススメは、五本指ソックスの重ねばきです

スポンサードリンク

以前では珍しかった五本指ソックスは、
極一般的なものになっています。

 

五本指ソックス

2015y10m07d_092759642

 

足先の部分が1本1本、指を包む形になっていて、

一つ一つの指を自由に動かせるという点からいっても
履き心地がとても快適なものです。

 

普通の靴下は足先をひとまとめに包み、
締めつけていますが、5本指ソックスでは指を1本ずつ
独立して動かすことができます。

足の血流がより良好になりますし、
靴下による汗の吸い取りもよくなります。

 

これを、肌にいちばん近い一枚目の靴下としてはき、
その上に何枚か重ねばきするのが理想的です。

ニーズが高くなっていることもあって、
重ねばき用の靴下も売られるようになってます。

 

 

また、最近では、化学繊維の靴下であっても
裏起毛を使っていたりして、肌に触れる内側の繊維が
フワフワにに起毛されていたり、

毛足の長い織り方をしたボアの靴下など、
保湿効果を目的に作られたも出てきています。

 

しかし温かさは十分でも、吸湿性、放湿性が低いものも多く、
履いていると足に汗をかき、

その事が足先を冷やしてしまう事になってしまうようですね。

 

 

 

手の不自由な人が、足をつかって字を書いたり
絵を書いたりしている様子が紹介されていたりしますが

そうした映像をみていると足先はすごく柔軟で、
しかも精密なところであることがわかります。

 

普段、あまり使われていないだけで、神経も筋肉もどのような
動きができるようになっているわけです。

そういった点からみても、靴下の重ねばきをする時は、
あまりにも締め付けたり、固定してしまうようなものは
避けたほうがいいですね。

スポンサードリンク
  • 2015 10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp