冷えとりに腹巻の利用を!お腹を温め内蔵の血流アップの効果に期待

この記事は2分で読めます

2015y10m08d_145533752

 

お腹と腰をいつも温めることを心がけておくことで、
多くの体の不調を整えることができます。

特に女性の場合は、顕著に見られるようで
婦人科系や消化器系の不調、手足の冷感などが
改善すると場合が多く見られます。

普段からあまり冷えの自覚がない人でも、
お腹や腰回りを温めるケアは、
是非実践していただきたいところです。

スポンサーリンク

おへそを中心としたお腹、腰を温めるなら、
腹巻の利用をオススメします。

 

 

お腹は想っている以上に冷えやすい

 

お腹は意外と冷えやすいところです。
手で触ってみて、冷たい感じがする時は、内蔵全体が
冷えてしまっているかもしれません。

内蔵への血流が不足して、
ミトコンドリアのエネルギー生成が不足し、
肝臓や腎臓などの重要な臓器の働きが低下が考えられます。

 

冬場は特にお腹が冷えないようにしましょう!

 

普段からお腹に血液が集中して集まるものですが、
気温が下がっている時には、まず、一番にお腹に血液が集まります。

お腹が十分に温まっていないと、そこに血液が集中し
手足の末端部への血流が悪くなると言われています。

 

なので、お腹が冷えたままだと、寒さ対策として
いくら手袋をしたり、厚い靴下を履いて対策をしても、
手足はなかなか温まらないということです。

特に女性の場合は、お腹に血液の3分の1が流れていると
言われているので、お腹を冷やしてしまうことは
もろに体調不良につながってしまうわけです。

スポンサードリンク

 

 

手軽にできるお腹を冷やさないための
必須アイテムが腹巻です。

 

最近では若い女性向けに、
かわいらしいデザインのものが販売されていますが、
腹巻はこどもと若い女性だけでなく、

すべての人にオススメの冷えとりの為のアイテムです。

 

おしゃれな腹巻についてのまとめページはコチラ

腹巻は、寝るときだけでなく、
冷えのある人でしたら日中も着用します。

 

シルク製の腹巻なら厚さ1ミリ前後の薄手のものもありますから
服にひびきませんし、締め付け感など
着用している時の違和感もありません。

また、カイロを利用するなら
ポケットがついているものあるので、
冬場や冷えの症状がある人は利用すると良いでしょう。

 

 

下半身を温かく保っておくことは
健康上たいへん重要です。

滞りがちな下半身の血流を活発にして温めるだけでなく
内蔵を冷えから守って機能を円滑にし、
自律神経のバランスや免疫機能の状態も良好にしてくれます。

 

精神面にも落ち着きをもたらしますので、
季節を問わず、すべての人に心がけていただきたいポイントです。

但し、腹巻の使用は、あくまでもお腹を冷やさない為の
補助として利用するようにしましょう。

一番は、冷えを起こしにくい体質に改善することです。

 

<関連記事>
冷え性改善・体を温めるコツ!血行を良くすることが大切です・・・
冷えは万病の元!症状を知り病気を予防!血行不良血流の改善が必要

スポンサードリンク
  • 2015 10.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y05m18d_102320674
  2. 2016y04m16d_130915200
  3. 2015y09m01d_115239717
  4. 2015y04m13d_135613835
  5. 2016y07m22d_195548666
  6. 2015y06m16d_084544695

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp