関節の冷えを防いで風邪対策を!関節を温める冷え対策グッズの活用

この記事は2分で読めます

 

首元を外気にさらした状態にしていると
風邪をひく、体が病気になりやすくなると言われてます。

手首とか足首とか、首の名前が入っているヶ所や
肩や膝、肘や腰などいわゆる関節部は、
冷えに弱いところです。

スポンサーリンク

これら関節周囲には、大きな血管が通っています。
その為、外気で寒さにさらされた状態になると

血液が冷やされてしまい、その冷えた血液が
全身にまわってしまうため、体全体を冷やしてしまう
ことになるわけですね。

 

寒い時期など、普段から関節部に何となく冷えを
感じやすい感覚のある人は、その為の対策が必要です。

 

 

関節を温める冷え対策グッズを活用しましょう!

 

首の周りには、スカーフなどを準備して、
風や冷気が気になったときは、すぐに着用することです。

首は体と頭をつなぐ部分です。
多くの神経が集中しているため、全体を温めることが理想的です。

オススメアイテムはネックウォーマーです。

2015y10m09d_145343003

 

腰については腹巻やカイロを効果的。
お腹の働きが悪く、便秘気味の人は、試してみましょう。

手首や足首、膝や肘については、
その部位専用の温めグッズなどを利用しましょう。

 

2015y10m09d_145517996

アームウォーマーにレッグウォーマー
足指の関節のケアを考えるなら、五本指靴下がオススメ。

 

あまり利用する人は見かけませんが
五本指に分かれた靴も販売されています。

スポンサードリンク

 

2015y10m09d_145617553

 

心臓から一番遠いところにある
足の指は、冷えだけでなく、健康力を高めるという
意味でも、意外と重要なヶ所だと思います。

特に右足の小指ですね。

 

最近では、夜用の手袋も販売されています。

2015y10m09d_145732202

 

種類も多岐多様で、補助を目的としたしたもの
保温を目的したものなど、機能もいろいろなものがありますから
適切なものを選ぶようにしましょう。

 

 

最近は、特別な保温素材、発熱素材で
つくられたものが発売されるようになっていますが、

吸湿性や放湿性で優れているという点では
シルクを素材にしたものがオススメです。

その他には、木綿やウールなど
できるだけ、自然のものを素材にしたものが良いでしょう。

 

大事にしたいのが、実際に肌に触れたときの感触とか
締め付け感の強弱、厚みなどを試してみて、
使いやすい快適感のあるものを選ぶようにすることです。

 

特に締め付け感については、装着してすぐのときは、
気持ちがよくても、しばらくするとキツめ為、

血液の流れを悪くしたり、痛みが出てしまうものもあるので、
注意が必要です。

関節を柔らかくおおうもの、
やさしく包み込むようなものがいいですね。

 

 

 

今年は、インフルエンザが流行の兆しを見せているようです。

体を冷やさない、免疫力を落とさない工夫が必要です。

毎年のように風邪をひいてしまう人は、
是非、今年は、関節を冷やさない工夫をしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク
  • 2015 10.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp