老化現象の症状を引き起こす原因に終末糖化産物AGEの影響が?

この記事は2分で読めます

2014y07m02d_205211668

 

ココ数年、AGEという物質が、活性酸素と同様に
人の老化現象を引き起こす物質であることが分かり
にわかに注目を集めるようになっています。

終末糖化産物AGEは、タンパク質と糖が
身体の中で結びついてできる物質です。

この物質は、毎日の食生活に気をつけることで、
身体のなかで増加するのを抑えられ、その結果として、
老化現象のスピードを抑えることがわかってきました。

スポンサーリンク

人は食べたものでできていると言われていますが
終末糖化産物ができるのを抑える事ができれば、
アンチエイジング(抗加齢)の効果を実感できるはずです。

 

終末糖化産物AGEができる仕組み?

 

身体の中で、絶えず血糖値が高い状態が続くと

血管から、糖分が染み出てきて、その糖分とタンパク質が
結びつくことで終末糖化産物AGE
ができます。

糖尿病の人は、絶えず血糖値が高い状態にあるので
それだけ、AGEができてしまう確率が高くなりますね。

 

一度できたAGEは、なかなか代謝されずに
そのまま蓄積される率が高くなるようです。

AGEの蓄積は、身体に様々な悪さをします。
以前は、活性酸素は万病の元と言われていましたが
AGEも、活性酸素と同様、万病の元です。

 

終末糖化産物AGEが身体に与える影響

 

血管や関節にあるコラーゲンにAGEがベタベタと
くっつく事によって、血管の柔軟性がなくなり
弾力を失って、動脈硬化が進行したりします。

そして、関節の動く範囲が狭くなったり、骨の元をつくっている
材質のコラーゲンがAGEの影響を受けると
骨が茶色に変色したり、もろくなったりします

スポンサードリンク

 

2014y07m02d_210234571

 

女性で、気になるのが皮膚の老化ですが
皮膚のコラーゲンがAGEの影響を受けてしまうと
結果として、シミやたるみが目立つようになってきます。

AGEが関係しているされる病気も多様です。
老化やしみをはじめ、骨粗鬆症、糖尿病血管症、
動脈硬化に、悪性腫瘍、それにアルツハイマーなどの
認知症も関係しています。AGEは万病の元です。

 

最大の終末糖化産物AGE対策は、糖分を抑える食生活になります。
それには、食べ方や食材の選び方が関係してきます。

普段の食事から、糖質を制限しようとすると
思った以上に、多いことに気づでしょう。
特に菓子類、加工食品などは、多くの糖質が含まれていて
しかも腸からの吸収が早過ぎるという問題もありますね。

 

血糖値が上昇しやすい、そして、AGEがたまりやすい生活

 

※ 朝食抜きの食生活

朝食を抜いた分、昼食や夕食で
食べ過ぎる傾向があるので注意が必要です。

 

※ 食事時間が短い点

よく噛んで食べることで、消化のスピードが
緩やかになりますが、よく噛まないで食べると
その分、腸からの吸収が早くなり、急激な血糖値の上昇
招く場合あります。

 

パンや麺類は、ほとんどが糖質です。

特に精白した小麦をつかっているものは、

特に腸からの吸収率が高く、
よく噛まないで食べるのと同様に

急激な血糖値の上昇を招いてしまいます。

それに、早食い、間食、運動不足も血糖値の上昇や
AGEがたまりやすい事に関係しているので、注意しましょう。

 

AGEの上昇を抑える為の食事の摂り方について

スポンサードリンク
  • 2015 09.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y07m27d_160341168
  2. 2014y07m31d_155425311
  3. 2014y07m25d_155352260
  4. 2015y10m23d_084050042
  5. 2014y07m05d_154237039
  6. 2014y07m26d_121022760

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp