植物性乳酸菌の効果とは?腸まで届く乳酸菌は漬物や味噌等の発酵食品に含有

この記事は2分で読めます

2015y10m14d_102249223

 

世界遺産に登録されたことで
和食の良さが見直されるようになりました。

しかし、まだまだ和食離れは続いているようで
それを反映してか、日本人の腸内環境の悪化が心配されています。

日本人の腸内環境が悪くなっている原因として
和食に多く含まれている、植物性乳酸菌と食物繊維が減った
食事内容が関係しているとの指摘もあります。

スポンサーリンク

現に、性別、年齢を問わず便秘の悩みを抱えている人が
増えている事がそのことを象徴しているわけですね。

 

 

腸内に生息している善玉菌は、乳酸菌を餌として、
良い腸内環境をつくりだします。

その乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

 

動物性乳酸菌を含む食材には、
ヨーグルトや乳酸菌飲料などがあげられます。

いっぽう植物性乳酸菌を含む食材は、
漬物や味噌、しょうゆなど日本の伝統食があげられます。

同じ乳酸菌であっても、腸内で生き残るのは
植物性乳酸菌のほうなのです。

 

 

生きたまま腸に届く植物性乳酸菌

 

乳酸菌は乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して、
乳酸をつくりだす菌のことで、乳酸発酵食品に多く含まれています。

乳酸発酵食品で代表的なものとして
思い浮かべるのがヨーグルトやチーズになると思います。

 

乳酸菌は生育する場所で分類されます。

1、動物性乳酸菌、動物由来の牛乳や肉類に生育する
2、植物性乳酸菌、植物由来の漬物や果汁、穀類などに生育する
3、腸管系乳酸菌、人や動物の腸内にすむ

 

さらに、食べた時に生きたまま腸に到達する腸内乳酸菌と、
生きたまま腸に到達しない酪農乳酸菌に分けることもできます。

 

生きたまま腸に届いた乳酸菌は、
腸内で乳酸を出し、腸の中を弱酸性の環境に整えます。

スポンサードリンク

その結果、弱アルカリ性の環境を好む悪玉菌が抑えられ、
腸内の善玉菌を増やすことにつながるわけです。

 

そうなると腸内の環境がよい状態で保たれるので、
腸本来の機能が高まり、便秘や下痢の解消も期待できます。

 

こうした点から、注目されているのが、
腸内乳酸菌を多く含む植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌は、野菜や米、豆などの植物素材が
発酵したものに生育し、植物に含まれる
ブドウ糖、果糖、ショ糖など、

植物ごとに違った様々な糖をエネルギー源としています。

 

植物性乳酸菌は、酸やアルカリ、温度変化に強く、
過酷な環境条件でも生き続けることができるので、
生きたまま腸の奥まで届きやすいのです。

 

 

そして、この生きたまま腸に届くというのが大切なポイント、
せっかく乳酸菌をとっても、ほとんどが胃酸や胆汁にやられて
腸に届いた時には死んでしまうというのが多い。

さらに、植物性乳酸菌は、植物素材が発酵した食品に
含まれているので、低脂肪で低カロリー、極めてヘルシー。

 

また野菜を発酵させた食品が多いので、
食物繊維を一緒にとることができます。

植物性乳酸菌を多く含む代表的な食材は、
ぬか漬け、しば漬け、野沢菜漬け、味噌、甘酒、キムチ、
ザーサイ、ザワークラウト、サワーブレッドなどです。

 

 

こうした、食品は、昔から日本人が習慣として
摂ってきたものです。

なので、腸になじみやすいというのが特徴です。

 

伝統的な和食、味噌や漬物など植物性乳酸菌由来の発酵食品には
善玉菌のエサとなる食物繊維も多く含まれているので、

腸内細菌叢のバランスを整えるのに非常に効果的、
その結果、大腸がんなどの予防も期待できるわけです。

スポンサードリンク
  • 2016 04.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m05d_100807431
  2. 2014y08m12d_064949094
  3. 2015y04m30d_100530175
  4. 2015y08m31d_092520103
  5. 2015y10m10d_145255702
  6. 2015y05m03d_144540151

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp