肩甲骨はがしの実践で重度の肩こりも解消へ?遠藤健司先生の授業

この記事は3分で読めます

2015y10m18d_151002263

 

日本人には肩こりで悩んことがある人が
80%を超えると言われています。

そのくらいポピュラーな症状ですが、
凝ったからといってむやみやたらに強く揉んだりしていると

逆に揉み返しが起こって
さらに悪くなってしまうことも多々あります。

スポンサーリンク

そして、肩こりを悪化させてしまうと全身の倦怠感から
うつ病へと進んでしまう人もいるとか。

たかが肩こり、されど肩こり
肩こりは甘くみてはいけない症状です。

 

ということで、17日放送の「世界一受けたい授業」に

「本当は怖い肩こり」の著者、
東京医科大学整形外科 遠藤健司先生が出演

2015y10m18d_145610173

優れた肩こり解消法として、先生のオススメの
肩甲骨剥がしについてレクチャーされていました。

 

 

◆ 肩甲骨はがし・チェックと実践法

 

肩甲骨はがしは、筋肉が肩甲骨に張り付いたように
ガチガチに固まったものをストレッチによって、
ほぐしていくことを言います。

肩甲骨に筋肉がどの程度くっついた状態になっているのかを
自宅で簡単にチェックできる方法を教えていました。

 

 

◇ 肩甲骨の状態・チェック法

背中を壁につけるようにして立ちます。

その状態で腕を肩の位置にくるまで真っ直ぐに伸ばします。

痛みを感じない範囲まで、
壁伝いにゆっくりと腕を上げていくわけです。

そして、腕があがった角度をみて、
肩甲骨にどのくらい筋肉がくっついた状態になっているのかを
判断することができるということです。

このテストをする時の注意点が
腕が曲がったり、前に出たりしないようにします。

 

60度以上の人は、正常。

2015y10m18d_140124003

 

 

45度~60度の人は、少し硬くなっている状態。

2015y10m18d_140019545

 

0度~45度の人は、肩甲骨がかなり硬くなっている状態。

2015y10m18d_140026840

やってみるとわかりますが、
肩甲骨が硬くなっている人は、確かに上がりません。

 

 

◇ 肩甲骨はがしの基本偏

 

肘を曲げて、肩とひじが水平になるようにします。

スポンサードリンク

2015y10m18d_141211577

そして、この状態から5秒かけて肘を後ろに引いて、
腕の力を抜いて腕を下ろすようにします。

 

この動作を3回繰り返すわけですが
意識しておきたい大切なポイントがあります。

それは、肘を後ろに引いた時に、肩甲骨から筋肉をはがすように
肩甲骨の間をギュッと縮めていくということです。

2015y10m18d_141501490

 

もう一つ大切なことは、この時肘が下がらないようにすることです。

 

 

肩甲骨はがしの応用編

 

まず、基本編と同様に肩と肘を水平に上げるところから

そして、肩甲骨を持ち上げて、5秒ほどかけて
ゆっくりと肩を回しながら下ろし腕を下ろしていきます。

2015y10m18d_141745897

大切なポイントが肩甲骨の筋肉をはがすイメージで
上から下へと筋肉を絞り込んでいく感じです。

この動作を3回行うようにします。
ゆっくり、シッカリとやるというところも大切。

 

 

肩甲骨はがしの効果について、遠藤先生は、

肩甲骨を背中の真ん中に寄せていく動きをさせることで
筋肉の深い部分からほぐしていくということです。

 

1日3回を2セットやることで辛い肩こりも改善されるということです。

はじめは、痛いということですが
やっているうちに痛みが軽くなってきますし。

普段使っていない筋肉なので、
最初は痛くてもやわらかくなってくれば、
痛みもなくなるというわけです。

 

 

雑巾がけストレッチ法というのも紹介されてました。

 

四つん這いになり手を水平に伸ばします。

それから、遠くの方を雑巾がけするイメージで
横にも広げるような感じで、5秒ほど時間をかけて、
ゆっくりと腕を回します。

2015y10m18d_142530745

 

ポイントはできるだけ腕を伸ばすようにして、
肩甲骨周囲の筋肉をはがしていくイメージを持つということです。

左右の腕、それぞれ5回ずつ行うようにします。

 

 

 

ある程度、年齢がいくと
どうしても筋肉は硬くなってしまうので

軽いストレッチであることから、
毎日でもやってみたらいいと思います。

 

一通りやってみると、血流が良くなったのか
ポカポカする感じと、肩が軽くなって感じがします。

肩こりのひどい人は最初はきついかもしれませんが、
回数を重ねるほど、良い結果が期待できると思います。

 

つらい肩こりのある人や予防に関心のある人は、
是非、肩甲骨はがしを実践してみてください。

スポンサードリンク
  • 2015 10.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y12m11d_084024817
  2. 2016y06m14d_135539419
  3. 2015y08m22d_150523563
  4. 2014y08m16d_084615499
  5. 2015y09m10d_194032995
  6. 2016y02m09d_100907530

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp