冬場の乾燥肌のかゆみ対策!かゆみの原因を知り加湿器・保湿剤の活用を

この記事は3分で読めます

2015y10m21d_183554866

 

冬は空気が乾燥する季節です。
空気が乾燥してくると肌も乾燥しやすくなります。

冬場に起こる肌のかゆみは、
皮膚に発疹などはないのに、かゆみだけが
起こるのが特徴!

スポンサーリンク

乾燥から手足のかゆみに悩まされている人は
意外と多いようですね。

ココでは乾燥から肌を守る為の対策などをまとめてみました。

 

 

肌の乾燥がかゆみを起こす原因?

 

肌は皮脂膜と角質層の働きによって、
乾燥するのを防いでくれています。

汗と皮脂が混じりあうことで皮脂膜ができますが、
この膜は天然のクリームとも呼ばれるもので、
皮膚をシッカリガードして、水分の蒸発を防いでいます。

 

冬場はどうしても気温が下がってきますので、
外気の影響を受けて体温も下がり気味。

そうなると体の代謝は体温が低くなることで悪くなり、
汗や皮脂の分泌量が減り、それが肌全体に
行き渡らなくなるわけです。

 

皮脂膜が無くなっていくにつれて
その下にある角質層からも水分が蒸発していくわけです。

そして、空気の乾燥がひどくなると
肌から、蒸発していく水分量が多くなります。

 

角質層の構造が徐々に破壊さていき、
汗や着ているものの刺激を受けやすくなり、
敏感になった皮膚はかゆみを感じやすくなるということです。

かゆみの悪循環を断つこと

かゆいからといって、皮膚をかいてしまうと
角質層が次第に薄くなり、刺激に対してもより敏感になり、
かゆみも増していきます。

そして、かくこと自体も刺激になり、
かけばかくほどかゆみを引き起こす悪循環に陥ってしまいます。

 

かゆみによって、眠れなかったり、イライラ感が増したり、
日常生活に支障を来すケースもでてきます。

年をとるほど皮脂の分泌が減り、
保湿機能が低下して、肌が乾燥しやすくなります。

かいてもかいてもかゆさがとれない
皮膚の内側が、かゆい感じが残ります。

 

冬は気温が低いだけでなく、乾燥しやすい季節です。
それにプラスして、対処の仕方を間違うと
乾燥状態がひどくなり、かゆみが増してしまうこともあるので
シッカリ対策を打っておくことが必要です。

 

 

肌のセルフチェックをしてみて
一つでも該当すれば、乾燥肌になっています。

 

  1. 指で本のページがめくりにくい
  2. 顔を洗った後に、顔がつっぱる
  3. お風呂に入った後、すぐに肌がかさつく
  4. 靴下を脱ぐときかかとにひっかかる
  5. 肌の表面がザラザラしている
  6. 肌を爪で軽くかくと、白いすじが残る

 

冬場の乾燥肌のかゆみ対策について

 

対策① 部屋の中を加湿する

スポンサードリンク

 

まずは、暖かい部屋ほど乾燥しやすいということです。
暖房器具で暖めれば暖めるほど乾燥しやすくなります。

そして、暖房で皮膚が温まることでかゆみが増します。

 

エアコンの使用にも注意!

肌は風にあたることで乾燥しやすくなるので、
エアコンなどを使用する時には、
直接、当たらないように風向きには注意しましょう。

 

そして、部屋の湿度が低い時には加湿器を使用することです。

濡らしたタオルを干すだけでも十分な効果が期待できます。
お湯を張った洗面器を置くだけでも大分違います。

 

対策② 保湿剤を上手に活用しましょう

 

肌の乾燥を予防する、改善するには保湿剤を塗るのが効果的。

肌の乾燥を防ぐことを目的にするなら、
皮膚科で処方される保湿剤ではなくても
市販の保湿剤で十分です。

 

保湿剤には、クリーム、軟膏、ローションなどの
数種類のタイプがあります。

 

軟膏は、保湿の持続時間は長いですが、
ワセリンが主な成分のため、ベタつきが強く
何度も塗るには使用しにくい面があり、

ローションやクリームは、保湿時間は短いですが、
使用感がよく、こまめに塗るのに適しています。

 

乾燥状態がひどく、ひび割れしているのであれば
軟膏の使用がオススメ。

特に足裏のガサガサ、ひび割れなどは、
ワセリンを塗ると、大抵4~5日ほどで、効果を得られます。

保湿剤の使用はお風呂上がり、5分以内に塗るといいですね。
肌に水分が多く含まれた状態なので、保湿効果がアップします。

 

ちなみにお風呂の温度は、あまり高すぎると
皮脂がお湯に溶け出していまい、

また、熱いお湯が皮膚に過剰な刺激を与えて、
かゆみがひどくなる場合があります。

 

それと、長湯してしまうのも同様に
皮脂が溶け出してしまうので、注意しましょう。

 

 

その他として、冬場は特に肌着の素材によっては
かゆみを増長させてしまうことがあるので、刺激があまりない
木綿製のものにして、ナイロンやウールなどは避けましょう。

あとは、キツめの下着もよくありません。

 

食べ物では、唐辛子をはじめとする香辛料、
ピリピリするような刺激の強いもは口にしないことです。

精神的なストレスにも十分注意しましょう。

 

 

また、かゆみは、乾燥以外でも、アトピーや蕁麻疹、
何らかの内臓のトラブルによっても起こりますので、

生活上、できる対策をいろいろとやってみても
なかなか治まらない場合は、専門医での診断を仰ぐこと
一度受診するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 10.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y05m06d_150141205
  2. 2015y12m31d_083219506
  3. 2016y05m22d_154629798
  4. 2015y08m21d_141446147
  5. 2016y04m17d_144721543
  6. 2016y05m30d_142156551

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp